ピクシブ百科事典

新生帝国解放戦線

しんせいていこくかいほうせんせん

「新生帝国解放戦線」とは、ゲーム『創の軌跡』に登場する集団である。
目次[非表示]

概要

かつてギリアス・オズボーンへの復讐を目論んでいた《帝国解放戦線》の名を騙る集団。
その目的はクロスベル統一国の新総統ルーファス・アルバレアの打倒。

またの名を【新生帝国ピクニック隊】(ナーディア命名)

元々はクロスベルを乗っ取ったルーファス新総統の打倒と事態の解明を図るために脱獄したある人物が既に壊滅した《帝国解放戦線》のリーダーであるCを騙ってでっち上げたハッタリ。

だが、それに関連する依頼を受けたスウィン・アーベルナーディア・レインCラピス・ローゼンベルクとの出会いを通じて所謂ビジネスの関係から仲間としての信頼関係を築いていく。

そして、新総統の背後にある存在を打倒するためにリベールクロスベル帝国の英雄達と共に事態の解決に乗り出していく。全てが解決した後は大陸を回る旅に出る。

黎の軌跡では共和国北部のクレイユ村を訪れていたことが示唆されている。

元々報酬や利害の一致で結びついたパーティーだからかは不明だが過去の主人公パーティと比べると人間関係はややドライなところがある。

これまでのゼムリア大陸で活躍した英雄が、歴史の表舞台で大きく活躍して一般社会に知られる英雄であるのとは対照的に、いわば「影」で密やかに動く英雄達である。同時に、彼らはこれまで表の英雄達が巻き込まれていた七の至宝との接点が皆無に等しいというのもある種の特徴。

メンバー


関連タグ

創の軌跡 ゼムリア大陸 エレボニア帝国 クロスベル自治州

リベール組――――最も接点はないが、メンバーの一人が合流までの間に彼らと共闘している。

特務支援課――――リベール組と同じく接点は殆どない。だが、RFの工場とローゼンベルク工房で遠隔操作という形で協力する。

トールズⅦ組――――直接的に接触したという意味では最も接点はある。元々、帝国解放戦線を潰したのがⅦ組なので当然と言えば当然である。特にリーダーのCある人物の因縁は深い。

関連記事

親記事

ゼムリア大陸 ぜむりあたいりく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新生帝国解放戦線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6973

コメント