ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 碧の軌跡シリーズに登場する架空の劇団。本稿で解説。
  2. 宝塚歌劇団の花組が公演する題目。
  3. ライトノベル「転生王女と天才令嬢の魔法革命」に登場するアイテム。→アルカンシェル(転天)
  4. 魔法少女リリカルなのはに登場する戦艦アースラに搭載されている最強の兵器名。

概要

クロスベル自治州で活動している超有名な劇団。

舞踊劇形式を採られており、劇中随所に踊りが盛り込まれているのが特徴。

舞台では観客に素晴らしい演技と舞踊を魅せ付ける。


碧の軌跡の事件でナンバー1女優のイリア・プラティエが重傷を負った上にエレボニア帝国によるクロスベル占領の混乱でナンバー2のリーシャ・マオが行方をくらましてからは小規模公演を行うに留まっていた。


劇団員


《幾千万の夜を越えて》

七耀暦1206年、《巨イナル黄昏》による呪いで帝国全土が戦争へ駆り立てられる中、七の相克に臨むリィン・シュバルツァーがその妨害を行っているオルキスタワーに潜入する際、衛士隊の注意を引きつけるため、「開戦前の士気高揚」を名目に一日だけの練習公演を披露する。


この公演には特務支援課リベール組、トールズ第二分校、更にはこの戦いの間だけ彼らに着いた結社幹部の助力までも得て、何でもありという様相になった。が、エリオット・クレイグオリビエ・レンハイムヴィータ・クロチルダという一流のアーティスト達が揃っていたことで練習公演は大盛況となり、オルキスタワーに潜入したリィン達の作戦も成功するという最高の舞台は最高の形で幕を閉じた。


この公演は支援課やⅦ組と敵対するまでも鑑賞していた。


完全復活

七耀暦1207年、イリア・プラティエの回復とリーシャ・マオの復帰を持ってアルカンシェルは完全復活を果たした。クロスベルの再独立に当たっての特別講演も大盛況となり、名実共に看板女優三人が三年の時を経て舞い戻る形となった。


七耀暦1208年でも活動は順調で、サルバッドの映画祭で活躍した踊り子姉妹を招待している。


関連タグ

軌跡シリーズ 零の軌跡 碧の軌跡 クロスベル自治州

関連記事

親記事

クロスベル自治州 くろすべるじちしゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2475

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました