ピクシブ百科事典

ミュラー・ヴァンダール

みゅらーゔぁんだーる

ミュラー・ヴァンダールとは、『英雄伝説VI 空の軌跡』シリーズのキャラクター。

CV:磯部弘

概要

エレボニア帝国軍第7機甲師団の軍人階級少佐
オリヴァルト皇子の警護を務める無双の武人
腕はたつが少々が固く、融通の効かない軍人と思われてしまうことがある。

エレボニア帝国の皇族を古くから守護する武の一門の出であり、オリヴァルト皇子とは幼馴染である。彼が皇族としてでなく故郷で母と暮らしていた頃からの付き合い。
ミュラーの方が3つ年上で、何かと自由奔放なオリビエに頭を悩ませることも多いが、圧倒的な親鸞を寄せられている。
オリビエの奔放さに対しては結構容赦なく彼を止めるためなら普通に暴力という手段を行使する。
家に代々使われるヴァンダール流という剣技の使い手で剛剣使い。

初登場作品の空の軌跡FCではリベール王国大使館の駐在武官として登場。
空の軌跡SCにも引き続き登場し自ら権限を使いサポートしてくれる。

碧の軌跡では「音楽家オリビエ・レンハイムのマネージャー」として登場しフリーダムな行動をとる彼を制裁した。

閃の軌跡Ⅲには異母弟のクルト・ヴァンダールが登場。オズボーン宰相が力を増したためオリビエとは引き離されている。

閃の軌跡Ⅳではオリビエと合流しカレイジャスⅡの乗組員となる。

関連タグ

軌跡シリーズ エレボニア帝国 オリビエ・レンハイム クルト・ヴァンダール 武人

関連記事

親記事

エレボニア帝国 えれぼにあていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュラー・ヴァンダール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19401

コメント