ピクシブ百科事典

ヨシュエス

よしゅえす

「英雄伝説VI 空の軌跡」シリーズに登場するキャラクター、ヨシュアとエステルのカップリング。
目次[非表示]

概要

ヨシュアとエステルのカップリング。

二人の出会いは11歳の時、ヨシュアが結社の執行者として後に養父となるカシウス暗殺に失敗した事から色々あってブライト家に引き取られた事から始まった。

「出会い」


その後お互いに義姉弟として育ったこともあり、養子になったヨシュアはエステルに惹かれつつあったが、当初のエステルはヨシュアを家族としか認識していなかった。


が、準遊撃士になってリベール各地を回る内にエステルもヨシュアを異性として意識するようになっていく。しかし、情報部のクーデターの後に全てを思い出したヨシュアはエステルに一方的に別れを告げる。この際初めてのキス(即効性の睡眠誘導剤入り)をされるというエステルにとって色々と苦い思い出のあるキスをされた事からファンの間ではこの事をワーストキスと呼ばれるようになる。


ヨシュアと別れた事にしばらくショックを受けていたが、エステルはヨシュアの過去と闇に向き合うべく、ヨシュアと再会するために再び動き出す。そして身喰らう蛇に拘束された際にヨシュアの兄代わりとも言える男であるレーヴェによって遂にその凄惨な過去を知る。

その後脱走の際に同じく潜入していたヨシュアと再会、何とか脱走に成功した後ヨシュアは再びエステルから別れようとする、自分の過去を知った今もう追う事はないと思っていた・・・

しかしエステルはヨシュアの過去を知ってもなお・・・いや、ヨシュアの過去を知ったからこそもう離れないと決心していた。

エステル「怖がりで勇敢なヨシュア。

      嘘つきで正直なヨシュア。

      あたしの・・・・大好きなヨシュア。

      やっとあたしは・・・・ヨシュアに届くことが出来た。」

そう言ってエステルはヨシュアの背に優しく寄り添いひとつの約束をした、それは「お互いががお互いを守りながら一緒に歩いていこう」と。

空を見上げて


こうしてヨシュアは姉の死以降流すことのなかった涙を流し、再びエステルと共にいる事を決心した。

その後二人は再び身喰らう蛇との戦いに身を投じる。結社が至宝を手に入れるために出現させたリベール発祥の空中都市リベル=アークで、かつてヨシュアとレーヴェが救って執行者となったレンの心を動かし、最終決戦でヨシュアやレーヴェの人生を壊した元凶であるワイスマンを倒すことが出来るも、その際にレーヴェは致命傷を負い命を落とす。その死の間際、エステルは彼にヨシュアを支える事を託され約束したのであった。

その後、至宝を失い崩壊するリベル=アークから脱出するも崩落によって脱出が出来なくなる。
最後と覚悟して二人はキスをして崩落するリベル=アークと運命を共にする………

空の軌跡




………かと思われたが、すんでの所で父のカシウスと古竜レグナートに危機を救われ、生還。
その後はヨシュアの結社時代の償いと行方をくらましたレンを捜すために二人でゼムリア大陸各地の旅に出る。




空の軌跡終了後からは主役の座を降りたものの、クロスベル自治州エレボニア帝国の騒動も協力、二人の仲は変わらず順調でカシウス曰く「所帯を持った」も同然の仲であり、二人の義妹としてブライト家に来たレンやクロスベルの仲間からはバカップルと半ば呆れられている。

カシウスとしては入り婿になるならエステルとの結婚を認めているようである。(現状既に入り婿のようなものではあるが)

既にサブキャラでありながら閃の軌跡Ⅳで行われた『好きなコンビランキング』では本作の主要キャラを差し置いて6位と未だ根強い人気とラブラブぶりを現している。


関連イラスト

FC

星の在り処
マノリア村の風車


SC

ヨシュアとエステル
ヨシュエス(空の軌跡)


恥ずかしい絵2
SCのアレ


the3rd

空軌_C80新刊用表紙
いっしょに


閃・創

ヨシュエス落書き12
Joshua & Estelle





関連タグ

ヨシュア・ブライト エステル・ブライト
英雄伝説 空の軌跡 軌跡シリーズ男女カプ NL

関連記事

親記事

軌跡シリーズ男女カプ きせきしりーずだんじょかぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヨシュエス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヨシュエス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1252321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました