ピクシブ百科事典

ヴァンアニ

ゔぁんあに

軌跡シリーズ『黎の軌跡』のヴァン・アークライドとアニエス・クローデルのカップリング。
目次[非表示]

概要

裏解決屋のヴァンとアラミスの学生であるアニエスのカップリング。

二人の出会いはアニエスが祖父の形見である【ゲネシス】を取り戻すためにヴァンに依頼をしたのが始まり。

最初のゲネシスを手に入れてからは押しかけ女房のごとく半ば強引にアークライド解決事務所のアルバイトとしてゲネシス捜索は勿論その他の裏解決屋の仕事も手伝うようになる。

何気に歳の差が8歳差とシリーズ歴代のカップリングとしてはアガットとティータに次ぐ歳の差カップルでありアニエス自身もその事を少し気にしている。

ヴァン自身は元来鈍感な上歳の差もあるためかアニエスを保護者目線で見ている節がありまだそういう目線では見ていないが、日々成長し喰えない一面を見せる彼女の姿に驚きながらも暖かく見守っている。

アニエスは序盤の頃から既に意識をしていたようであり『知れば知る程謎が多くなるのにもっと知りたくなる』『気にして欲しい人』と徐々に想うようになり中盤頃にはある程度自覚しているようであり先輩であるレンからも見透かされてからかわれている。

自分の感情よりもヴァンの利を優先するタイプでありリゼットが同行する際にはヴァンの安全を最優先に考え仄暗い息吹を押さえながらも同行をお願いしたりしている。

そのためにヴァンの幼馴染みであり元恋人でもあるエレインに関してはそのやり取りから何となく察してはいたが、二人の関係には基本干渉しないもののやはり気にはなっているようである。

裏解決屋と言うお世辞にも真っ当とは言えない職業上ヴァンを悪く言う者は多いが、言われなき言葉や偏見や狹量な物言いで言う者には誰であろうと正当な言葉で言い返す気概を持つ。(ただし自分でもグレーと思う部分は多少ぼかした物言いをする場合もある)

両者共に無自覚ではあるものの端から見たら既に「いちゃついてる」や「尻に敷かれている」と言った仲に見えており、趣味人で金銭面や食生活が不安視されているヴァンに他のメンバー達も「アニエスが引き締めてあげないと駄目かも」と周りからも言われている。








終盤、ヴァンが自らの魔の因子のため皆に別れを告げて異界へと消え去って行った際には。周りが悲しみや憤り諦めの気持ちでいる中、ただ一人アニエスだけは最後まで諦める事無くヴァンを救うために最後まであがき続けていた。

その甲斐あってヴァンのいる異世界まで辿り付くことに成功し彼が自らの運命に『選択』したのと同様にアニエス達もヴァンを助けに来たのを『選択』して来た事を告げる。

「黒でもない、白でもない!ましてや灰色ですらない——
 夜明け前の優しい暗がりみたいに寄り添ってくれる貴方だけの色が——
 どうしようもなく愛おしくて何があっても失いたくはないから!!」

そう大胆な告白をした後、仲間達の協力もあってヴァンを魔の因子から引きはがす事に成功し無事に帰って来る事に成功する。

皆の力で救出を果たしたものの、前述の通りアニエスが最後まで諦めなかったからこそヴァン自身も今作もハッピーエンドで終わったのは過言ではないだろう。

それからしばらくして他の仲間達の一時帰省を見送った後、アニエスは依頼の報酬と限定ケーキを口実にヴァンを父親への紹介も兼ねて自宅へと招待する事に成功したのであった。(なお劇中ではそれが存在するのかは明らかにされていないがこの日は12月24日でもある)


余談

実はヴァンはアラミス高等学園のOBでありアニエスの先輩にあたる、偶然にも二人共『学園で二人の幼馴染みと再会』『幼馴染みと共に3人で生徒会に入る』と共通した学園生活を送っている。

関連項目

軌跡シリーズ男女カプ ヴァン・アークライド アニエス・クローデル
青年少女 押しかけ女房

関連記事

親記事

軌跡シリーズ男女カプ きせきしりーずだんじょかぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴァンアニ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヴァンアニ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38251

コメント