ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

 『あしたのジョー』におけるボクシングバンタム級世界チャンピオン。軽量級では最強と呼ばれて久しいボクシング大国メキシコの覇者。元々WBC王者で、同級WBA王者カロルド・ゴメスを下し統一王者となる。これによりキングオブキングスの異名を冠するに至った。

 髭を蓄えたナイスミドルで、妻子持ち。家族サービスも欠かさない優しいパパでもある。

 コンピューター付きファイティングマシーンと称されるほど明晰な頭脳、卓越した技術を持つ天才ボクサーで、ある意味野生児代表の矢吹丈とは最も相反する存在。必殺技はコークスクリューパンチで、カーロス・リベラのボクシング生命を一撃で断つほどの破壊力と命中精度を有する。

 

 最終決戦においては理詰めのボクシングでジョーを圧倒するものの、カーロスの出現、ジョーのミスパンチによる負傷、自らの打たれ弱さ疑惑等により次第に追い詰められていく。そして、何度打たれても立ち上がって来るジョーの恐ろしさに精神をすり減らしていき反則を犯す愚挙に出てしまい、遂にジョーのフェイバリット技クロスカウンターを受けてしまう。そして壮絶な打ち合いの果てに試合は終わった。

 辛くも判定勝ちを収めたホセの髪は、真っ白に染まっていた


よく語られる打たれ弱さについては、実際のところジョーからあれだけ打たれようが最後まで戦い続け、ジョー自身がホセの隙がない強さに感嘆しながら、そうでも思わなければやってられなかったと吐露する発言をしていて、否定的な描写があるのだがスルーされがち。

判定内容についても、改めて査定した読者から、ホセが一定差以上つけての勝利であるのはほとんど一致し、大差だという声も多い。

しかし、ジョーの死をまるで恐れない死物狂い姿勢への激しい動揺ぶりの印象が強いため、主人公を額面通り上回る実力を発揮し、そのまま勝利したラスボスであるにもかかわらず、過小評価傾向とも言えるキャラクターになっている。


声優

宮村義人

岡田眞澄(劇場版)

楠大典(あしたのジョー 闘打 ~タイピング泪橋~)

岸野幸正(ボクシングマニア版)

田中総一郎(あしたのジョー 〜まっ白に燃え尽きろ!〜)

堀内賢雄 (パチスロあしたのジョー2版)


関連項目

あしたのジョー2

ラスボス ライバル

関連記事

親記事

あしたのジョー あしたのじょー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23742

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました