ピクシブ百科事典

だるま二郎

だるまじろう

「秘密戦隊ゴレンジャー」の2代目キレンジャー/熊野大五郎や、アニメ「あしたのジョー」のマンモス西の声で知られる元俳優。
目次[非表示]

概要

1951年生まれ。広島県出身。

東映スーパー戦隊シリーズ第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」において、当初キレンジャー大岩大太役で出演していた畠山麦が、舞台出演とのスケジュール調整が難しくなった為に急遽降板する事になり、同シリーズ初の2代目キャラとなる2代目キレンジャー熊野大五郎役で出演する事になった。なお熊野大五郎初登場回のオープニングにはだるまの姿は無く、畠山のカットにだるまの名がテロップ表示されると言う状況だった。畠山が演じたひょうきんで愛くるしいところがあるが戦士としてもプロな大岩大太と異なり、新人戦士だった熊野を好演し、戦隊の黄色=次郎さん体型と言うイメージ定着に貢献するが、畠山の復帰と共に第67話でシリーズ初の殉職と言うかたちで降板した。

時代劇・現代劇・刑事ドラマ等にゲスト出演する中で、1980年から放送されたアニメ「あしたのジョー」の2作目にて、前作で声を務めた西尾徳に代わって、主人公矢吹丈の友人で同門のボクサーのマンモス西西寛一の声を務めた。

芸能界引退後の不運


1983年のTVドラマ出演を最後に芸能界を引退。

1989年にフィリピンに渡り、柔道教室を開設。1991年にフィリピン人の女性と結婚して一児の父となり、安定した収入を得るため日本に帰国。
しかし、定職に就けず様々なアルバイトを転々とし、2005年に自動車部品会社の契約社員となり配送ドライバーをしていたが、変形性膝関節症を発症したために契約を打ち切られてしまった。
この病気の為に膝に人工関節を埋め込み杖なしでは歩けない身体となってしまった。
更に突発性拡張型心筋症による呼吸困難に見舞われ、のど仏の下の気管軟骨を切開して気道を確保する緊急手術を受けた。
彼の不幸は病気だけにとどまらず、妻子が病身の彼を見捨てて家を出てしまった。その後愛知県で一人暮らしをしながら障害者支援施設に勤務し、袋詰め作業などをしていた。

『ゴレンジャー』のメンバーたちとの再会

『爆報! THE フライデー』の追跡調査で上記の事実が判明。この時氏は明らかに暗い表情をし、人生のどん底の状態になっていた。
番組は、氏を激励するためにゴレンジャーの面々と38年ぶりに再会を企画。
何も知らないだるま氏は公園に呼び出され、待機していると・・・・

『よぉ、だるま!』(宮内)

氏が後ろを振り向くとそこにはゴレンジャーで共演した宮内洋伊藤幸雄小牧リサの三人が彼のために駆けつけていた。思いがけない再会に氏は思わず泣きながら喜ぶ(リサ氏は再会を喜んだ後、自作のナポリタンを彼にプレゼント。だるま氏は喜びながらその場で実食していた)。リーダーのアカレンジャーを演じた誠直也氏は仕事の都合で残念ながら不参加であったがメンバーに手紙を託しており、内容もだるま氏を激励するメッセージが込められていた。

その後、だるま氏は生きることに前向きになり、ゴレンジャーの関連のイベントで全てとはいかないが積極的に参加すようになった。



関連タグ

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「だるま二郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189

コメント