ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

押収

おうしゅう

押収(おうしゅう)とは、刑事手続における物の占有を取得する処分の総称である。またそれを元ネタとした魔法カードでもある。
目次 [非表示]

概要編集

遊戯王 第2期パック 第1弾 Magic Rulerマジック・ルーラー -魔法の支配者-に登場した通常魔法のカードの一枚にしてハンデス三種の神器と呼ばれる特に強力な手札破壊のカードでもある。


カードテキスト編集

通常魔法(禁止カード)

1000ライフポイントを払って発動する。

相手の手札を確認し、その中からカードを1枚捨てる。


解説編集

発動コストとして1000のライフを支払う代わりに、相手の手札を確認してはその内1枚を捨てさせる効果を持つ。登場当初は墓地利用するカードがあまり普及していなかったため、評価が高く見られていた。

相手の手札を減らせるのはもちろんだが、相手の手札を確認するため、戦法を予測しやすくなるのも大きい。


ラッシュデュエルでも登場を果たし、OCGでの禁止実績にもかかわらずまさかのレジェンドカードになっていないカードである。

プレイヤーのターンが終わった時点でそのプレイヤーの手札は全て使い切っている、という場面が多いため、手札破壊効果の有用性が低いことを踏まえたのだろう。

ただし、手札から揃えないとマキシマム召喚を行えないマキシマムモンスター狙いであれば話は別となる。


原作・アニメにおいて編集

ハンデス三種の神器で唯一アニメにも出たことがあるカードでもある。

アニメGXの第1話で「十代vsクロノス」(1戦目)においてクロノスが使用した。汎用の手札破壊カードを使う事はほとんどないため、このカードの登場に十代はおろか当時の視聴者も驚いた。十代のデッキに難癖を言いつつ、死者蘇生を墓地に送った。(が、E・HEROフレイム・ウィングマン摩天楼-スカイスクレイパー-のコンボで古代の機械巨人の攻撃力分の効果ダメージを受けてしまってはほぼジャストキルされてしまい、この時のライフコストが仇となってしまった。)


関連項目編集

遊戯王 遊戯王OCG 禁止カード


外部リンク編集

遊戯王カードWiki - 《押収》

関連記事

親記事

通常魔法 つうじょうまほう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29915

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました