ピクシブ百科事典

古代の機械巨人

あんてぃーくぎあごーれむ

古代の機械巨人とは、遊戯王OCGに存在するモンスター。
目次[非表示]

カードテキスト

OCG版

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守3000
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

アニメ版

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守3000
このカードは特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

概要

遊戯王OCGに存在する地属性機械族のモンスター。
古代の機械を代表する上級モンスターで同カテゴリのエースモンスターと言えるカードである。

攻撃する時に相手の魔法罠カードの発動を封じ、守備表示モンスターに攻撃した時、守備力を攻撃力が超えていればその分だけ相手にダメージを与える、いわゆる貫通効果を持っている。
高い攻撃力と貫通効果、相手の魔法・罠カードを封じる効果が合わさって、攻撃する時は無類の強さを発揮するカードである。
ただし、発動タイミングが限定されていないフリーチェーンのカード・相手ターンの魔法・罠・効果モンスターには無力であり、除去されてしまう。

また「召喚条件を無視して」と書かれているカード効果以外では一切特殊召喚できないため、場に出すのにも工夫を要する。特殊召喚以外では「歯車街」や「死皇帝の陵墓」によるリリース軽減、「帝王の烈旋」などのアドバンス召喚のサポートカードを使って場に出すことになる。

ビジュアル面に優れ攻撃性能が高く人気のあるクロノス教諭のエースカード…と一見すると優遇されているように見えるが、実は意外な事に長い間OCGではあまり日の当たらないカードであった。
貫通効果こそ優秀だが「このカードは特殊召喚できない。」の召喚制限により、「歯車街」実装後は特殊召喚できる「古代の機械巨竜」が幅を効かせていたからだ。しかもマスタールール2以前はフィールド魔法の張替えが破壊扱い。フィールド魔法を使うデッキには高い確率で「歯車街」が「古代の機械巨竜」とセットで出張していたこともあり、あちらを見かける頻度は多かった。
その後はルール変更により上記のコンボは使えなくなってしまったが、それでもサイクロン等で能動的に特殊召喚できる「古代の機械巨竜」と比べて素早く召喚するには一度に必要なカードが多く、事故を起こしやすかった。一応、「古代の機械究極巨人」の素材ではあったので融合に使われることは多かったのだが…。

しかし遊戯王ARC-Vの作中で古代の機械カテゴリが使われた縁で新規カードが大量に実装されると状況は一変、召喚条件を無視して古代の機械モンスターを特殊召喚されるサポートカードがいくつも追加され、このカードも他の古代の機械と遜色ない易しさでフィールドに出せるようになった。
…のだが、同じくアドバンス召喚で貫通効果を付与でき、攻撃後に除去効果を持つ「古代の機械熱核竜」と、古代の機械融合モンスターの新たな切り札「古代の機械混沌巨人」が実装されたことでむしろ以前と比べて事故要素になるとして今度はデッキから抜くプレイヤーが現れるなど結局あまり立場は変わらなかった。

「古代の機械巨人」が古代の機械の主力として返り咲くのはそのしばらく後、「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-」におけるサポートカードの実装である。
中でも特に「古代の機械融合」は古代の機械の汎用融合魔法でありながら、フィールド上のこのカード及び「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を融合素材に用いる場合はデッキ融合が可能になるというとんでもない効果を内蔵。「歯車街」と「古代の機械射出機」の基本コンボで「古代の機械巨人」と「古代の機械飛竜」を呼び出し、飛竜の効果で「古代の機械融合」をサーチすれば古代の機械融合モンスターをデッキ融合できるようになった。
手札消費が荒くハンドアドバンテージを失いやすい古代の機械デッキにとってはまさしく救世主であり、「古代の機械融合」実装後は「古代の機械巨人」を投入する古代の機械デッキが大半になった。

ちなみにこの時同じく実装された「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」は連続攻撃効果と「融合」サーチ、墓地の古代の機械カードサルベージの効果持ちだが、貫通効果と「古代の機械究極巨人」の素材ということから差別化は容易である。また上記の専用融合含め、融合魔法に恵まれているカテゴリなので「融合」を投入しない古代の機械デッキが多いというのもある。

原作・アニメにおける活躍

遊戯王GX』では、クロノス・デ・メディチ教諭が使用する。彼のデッキを代表するエースモンスターとして活躍している。
クロノス教論はほとんどのデュエルで全く違う方法でこのカードを出しており、実技最高責任者としての実力を遺憾なく発揮している。
ちなみに、初期には魔法・罠カードの発動を封じる効果はなかったらしく、魔法の筒ヒーロー・シグナル等、戦闘を行う場合に発動する罠カードの発動を許している。
中盤以降はOCG版に合されたのか、発動を封じる効果も使用している。

遊戯王5D's』ではルドルフ・ハイトマン教頭が使用。
3体並べることに成功したが、遊星に3体とも撃破された。

『遊戯王ARC-V』ではユーリが使用。
二度のデュエルで使用しており、いずれも「古代の機械究極巨人」の融合素材となった。

攻撃名は「アルティメット・パウンド」。


関連イラスト

てすと~古代の機械巨人 in 歯車街
古代の機械巨人(アンティーク・ギア・ゴーレム)


関連タグ

古代の機械 遊戯王GX クロノス・デ・メディチ

関連記事

親記事

古代の機械 あんてぃーくぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「古代の機械巨人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91074

コメント