ピクシブ百科事典

魔法の筒

まじっくしりんだー

遊戯王OCGに登場する通常罠カード。「魔法の筒」と書いて「マジック・シリンダー」と読む。原作マンガでは「マジカル・シリンダー」と呼ばれることがあったが、少なくともOCGにおいては「マジック・シリンダー」である。

カードテキスト

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、
攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃モンスターの攻撃を無効にし、
そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

概要

敵モンスターの攻撃を妨害しつつ相手プレイヤーに痛打を与える、攻防一体の攻撃反応型通常罠カード。この手のカードの中では比較的「攻撃(反撃)」に重きを置いているのが特徴。
相手モンスター一体の攻撃をそのまま相手へのダメージに変換できるため、相手の最も強力なモンスターの攻撃に対して発動させるのが基本。他にも白い泥棒などのような「攻撃を通される」ことが問題となり得るモンスターに対して使う場合もある。相手の渾身の一撃や起死回生の一手を跳ね返せれば、場合によってはそのままゲームエンドに持ち込める。逆にこれでとどめを刺されると非常に悔しい。

現在においても的確に使えれば非常に強力だが、昨今では伏せられた罠カードの除去手段が非常に豊富であり、このカード以外にも他にも警戒しなければならない罠カードが無数に存在するため、特定の行動に反応する(=相手が特定の行動を起こさなければ発動できない)罠カードは全体的に使いどころが難しく、そして封殺されやすくなっている。さらには戦闘ダメージに頼らずに勝利をもぎ取りに来るデッキも増えてきた。そういった環境の推移もあってか、かつてはどんなデッキにも必須と言われ、制限カードに指定されていたこのカードも、今や完全に無制限、そして必ずしも採用されるほどの優先度は持ち合わせていないという状況になっている。時代の流れとその恐ろしさを感じされるカードの一つと言える。

しかし「採用されないことも増えてきた」反動で、このカードに対する警戒心を緩めたデュエリストも増えてきた。同様の理由とアニメでの活躍によって半ば時代遅れと思われていた聖なるバリア -ミラーフォース-が突然脚光を浴び始めたという前例もあり、いつか再びこのカードが大いに輝く時が来るかもしれない。実際、無警戒でいれば痛い目に遭わされる危険性の高いカードであることは間違いなく、相手の力を利用して勝利を狙うようなスタイルのデッキでは未だバリバリの現役である。

ちなみに原作マンガ出身のカードの一つだが、原作とはだいぶ効果が変更されている。原作ではモンスターの攻撃を別のモンスターに対して跳ね返す、OCGで言えばシフトチェンジマジックアーム・シールドに近い効果であり、発動条件としてフィールド上にマジシャンモンスターが存在しなければならなかった。また、原作では「攻撃以外のもの」を転送することもできたらしいが、残念ながらその効果が日の目を見ることはなく、OCG化されてもそれらしい効果は付いてこなかった。

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法の筒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 291

コメント