ピクシブ百科事典

ウィンディ(遊戯王VRAINS)

うぃんでぃ

遊戯王VRAINSに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「相変わらず話の進まない奴だな...」
CV:鈴木千尋

概要

イグニスの1体。ロスト事件の被害者の1人のデータを基に作られたイグニスであり、属性は風。
サイバース世界への襲撃の際に行方をくらまし、自分の住処であるデータストームの吹き荒れる「風のワールド」を構築、新生LINK VRAINSの進入禁止エリアにゲートを繋げた上、自身のデータの一部を同エリアに流す事で、他のイグニスがコンタクトするのを待ち続けるように潜んでいた。

人物

属性が風ということもあり、全身は黄緑がベースとなっている。眼の色は唯一の赤色。頭の形が巻いた風を意識したものとなっている。一人称は「僕」。

飄々としており、掴みどころのない性格。サイバース世界崩壊が原因で人間を信用しておらず、ロスト事件のパートナーを探さずに「エコー」という人工知能をパートナーにしている。

ちなみにウィンディという名前はAiが名付けており、「人間にはイグニスの言語での本名を発音するのは無理だから」と仮に付けた名前であるとの事。

使用デッキ

風属性・サイバース族のテーマである「嵐闘機(ストームライダー)」を使用する。
フィールドのモンスターや魔法&罠ゾーンカードの有無に応じて効果を発揮する。

エースモンスター

  • 嵐闘機艦ロックバスター

特定条件下で効果を発揮するリンク2の嵐闘機(ストームライダー)。
条件と制限も多いが対象を取らずに自分と相手の魔法&罠ゾーンのカードを2枚まで破壊する効果、
相手がリンク3以上のリンクモンスターを呼ぶと相手の墓地の罠カードをそのターンでも発動可能な状態で自分の場にセットするという効果を持つ。

関連タグ

遊戯王VRAINS AI 人工知能





































※この先ネタバレ注意!





































「ん~、まあ簡単に言うと... いらない?」

「人類の後継種」としての意識が強く、同じ目的のために行動するライトニングと手を結んでいる。
実はウィンディは、「計算外の行動をするから」という理由で元から人間を嫌悪しており、人間のパートナーの存在も邪魔になると感じていた為、AIの暴走事故を引き起こす事でパートナーを巻き込んで殺害している(ブラッドシェパードと彼の母親が遭遇した事故はこれだと思われる)。
リボルバーによると、パートナーを平然と殺害したウィンディの行動を知った鴻上は、イグニスそのものを生み出してしまった事を強く後悔していたと語っている。

現在もイグニスへの敵意も殺意も捨てて自分達の管理下で過ごすというなら世界の片隅くらいには生かしてやっても良いと豪語するほどの極端な人間嫌いで、どう考えても「人類を導く存在」から逸脱した問題児になっている。
また、Aiや不霊夢のような人間のパートナーに入れこむイグニスを見て不快感を露わにする他、Playmakerの事もあくまでも協力するなら使ってやろう程度の認識でしか見ていない。

新たなパートナーとして作成した人工知能「エコー」も相棒という表現よりも下僕であり、ライトニングと共に潜伏していたハリボテのサイバース世界では大量に作成して警護させている。
本人曰く「イグニスの中で一番の特技」と豪語している通り、Aiをも凌ぐデータストームを操る力を持ち、後述のスキルも披露している。

串刺しウィンディ


しかし、後継種としての驕りとヴァレルロード・S・ドラゴンを初披露したリボルバーの前に敗れ去る。
直後、三騎士が放った対イグニス用のウイルスにより体を貫かれ溶かされてしまった。ウィンディを回収したライトニングの見立てや開発したドクター・ゲノムの発言では非常に強力なものとされる。
その後は、逃亡するライトニングに「ちょっと協力してくれ」と握りつぶされたりなど散々な扱いを受けている。

第79話にて、ライトニングによって修復されたものの、ハノイの騎士のウイルスにより構成データが完全修復不可能なレベルで損壊していたために継ぎはぎだらけの姿となっており、ライトニングに「修復不可能なバグを見るような目」で見られる(自身の状態はウィンディも自覚しており、この比喩もウィンディ自身が述べたもの)。
同話にて、アースアクアの状況を聞いた際の反応から鑑みるに、ウィンディはライトニングの最終目的を知らないようである。

使用スキル

ライフポイントが1000以下の時のみ使用可能。データストーム内のリンクモンスターをランダムに1枚エクストラデッキに加える(入手カードはデータストームの強度で変化)。
加えたカードはそのデュエル中から使用可能となる。
ボーマンに続き4人目の使用者となるが、こちらもスキルが使用できないはずのマスターデュエルで使用し、初見のリボルバーを驚愕させた。また、リボルバーやAi同様、自分の意志でデータストームを発生させることが可能。
ちなみに、ボーマンの使ったストームアクセスも自分が裏で作業していたと暴露している。

エースモンスター
  • 嵐闘機艦バハムートボマー
データストームの中からスキル「Storm Access」で入手したモンスター。
高い攻撃力と相手の場のカードをフリーチェーンで破壊して500ポイントのダメージを与える効果を持つ。

余談
パートナーの意識を封じたライトニングとは異なり、パートナーの殺害を行っている現時点で唯一のイグニスである。
パートナーの殺害の時系列は不明であるが、リボルバーの手で構築された鴻上博士が把握しつつ後悔している事から少なくともハノイの塔編で博士が消滅するよりも前の出来事であるのは確定している。
根っからの選民思想やリボルバーの反応、ブラッドシェパードと彼の母親を巻き込んだ可能性からAiが回線切断をした5年前から誕生した10年前の区間のどこかだと思われる。

関連イラスト

Howdy!
イグニスジョーク

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィンディ(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8587

コメント