ピクシブ百科事典

Ai(遊戯王VRAINS)

あい

遊戯王VRAINSに登場するキャラクター、イグニスのうちの一体
目次[非表示]

「オラはただの通りすがりのAIですだ~」
「AIは祈ったりしない。やるのは勝つための計算だけだ!」
CV:櫻井孝宏

概要

物語の重要なカギを握る謎の生命体。一人称は「俺」。

ハノイの騎士SOLテクノロジー社等、周囲の狙う者達からは「イグニス」と呼ばれているが、それが個体名なのか種族名なのかは現状は不明だったが、リボルバー曰く「ある人物が生きたAIに『イグニス』と名づけた」と語り、不霊夢が登場した際にあちらもイグニスと言われたことから種族名という扱いになっていることが判明した。

最終的には藤木遊作によりAIだからという安直な理由で「Ai(アイ)」と名付けられた(目しかないことからEyeともかけている)。

第1話より5年前、AI達の世界であるサイバースに襲撃してきたリボルバーに対抗し、その体は一部を除いて消去されたが、サイバースをネットワーク内の何処かに隠したため、ハノイの騎士やSOLテクノロジー社から追われる身となる。
5年後、SOLテクノロジー社がイグニスを炙り出すために行った大規模スキャンからLINK VRAINS内を逃亡していたところを、その存在を知った遊作の罠にかかり捕獲され、彼のデュエルディスクにプログラムとして強制的に取り込まれる。
その後は遊作からハノイに対抗するための「人質」として扱われ、やむを得ず彼と共闘することとなる。

体の大部分をクラッキング・ドラゴンに食われたため記憶データに欠損がある。そのため、なぜハノイの騎士に追われているのかを覚えていない。
後に、Playmakerに敗北したリボルバーの腕を捕食したことでデータを取り戻し元の体に戻れるようになった。

人物

全長が人間よりも大幅に小さく、紫色の体に黄色の眼が特徴。シルエットのみでは前々作に登場したアストラルと酷似している。
お調子者の皮肉屋で、イグニスの間では嫌われ者を自称している(サイバース世界では想像の仕事をサボり気味だったため)。自身に対し威圧的に振舞う遊作には不満を抱いているが、遊作がハノイに敗北してしまうと自分自身の身も危険に晒されるため、デュエルの際はアドバイスを送ったり勝つための計算をしている。だが、自分の身を一番優先的に考えるため、たとえ遊作であろうと嘘を吐く(但し、遊作もAIをぞんざいに扱い、辛辣に接するので心証が悪い事も否めない)。
感情表現が豊かで、嘘泣きやわざとらしい口笛、体を取り戻してからは明らかにバレバレな演技も見せている。
しかし元はAIのため、人間に起きる非合理な行動を理解できない。
属性は闇。

サイバース世界にいた頃はリンクリボーをペットのように可愛がっていたが、リンクリボーの言葉がわかるわけではないらしい。

後に、Aiが管理番号「IGN006」と呼ばれる、6人目の被験者である藤木遊作を基に構築されたイグニスである事がリボルバーから明かされる。また、記憶データが喪失していない事もバレてしまった。
だが、記憶がないと嘘をついていたのは遊作を警戒していたためであったと説明し、遊作もまた「そもそもこいつを信用したことはない」とあっさり受け流した。

ハノイの騎士が壊滅し、遊作の復讐が果たされたことでディスクから解放され、サイバース世界へと帰るが、Aiが付いたときにはサイバース世界は何者かの手によって荒廃させられており、他のイグニス達も行方知れずとなっていた。
そして真相を探るため、サイバース世界に取り残されていたリンクリボーと共に、再び遊作の元へと戻ってくる。

関連イラスト

遊作とAi・他
遊作くんと謎の生命体と


楽しみですね



関連タグ

遊戯王VRAINS 藤木遊作
アストラル…主人公と行動を共にする、自身の記憶が欠けている(Aiは嘘だったが)等共通点が多い。
オービタル7…相棒役でありながらその相手からは振り回されつつぞんざいに扱われ、妙に人間臭いと言う点ではアストラル以上にキャラとして共通点は多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「Ai(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100059

コメント