ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私は…私は…誰なんだぁぁぁぁぁ!!」
CV:松田賢二

概要

新生LINK VRAINSに現れた謎の決闘者。

初登場時は全身金色の人影のような姿(要は全身金色のコイツ)をしており、現実世界にいる草薙翔一の弟・草薙仁の前に突如現れ、彼の記憶を奪い取ってLINK VRAINS内に逃走。

その後、翔一から連絡を受けたPlaymakerにデュエルを挑まれ、デュエルのダメージによって外装が剥がれてメイン画像のような姿となった。
しかし、この時の彼は自分が何者なのか、なぜ自分が今デュエルをしているのかすら把握しておらず、Playmaker達を困惑させる。
だが直後、ボーマンの弟を名乗る少年・ハルからの通信を聞いて、自分の名前と、自分が記憶を取り戻すためにある人物から命令を受けたことを思い出し、Playmakerとのデュエルを続行。
デュエルには敗北するが、ハルのサポートでPlaymakerを振り切ってLINK VRAINSの進入禁止エリアへと逃げ遂せる。

そして、逃げた先で謎の人物に仁の記憶データを捧げ、自分の記憶を元に戻すよう要求するが、その人物は再度ボーマンの記憶を奪い取ってしまう。(この際のハルとその人物の会話から、ボーマンはこれまでに何度も記憶をリセットされ、利用されていることが伺える)。

その後、再び記憶の調整を受けた彼は、進入禁止エリアに存在する「風のワールド」へと追ってきたPlaymakerと対峙。
以前と違って自信に満ちた態度でデュエルに臨み、戦術も前回のデュエルとは比べ物にならないほど高度なものになっていた。
そしてボーマンはPlaymakerとAiに対し、ロスト事件の裏に隠れた真実と称した、自身の身の上を語る。
その内容は、「今の藤木遊作の人格は、ロスト事件中に作られた遊作の記憶データのバックアップから作られたレプリカであり、実験中の不慮の事故で本物と入れ替わった」「自分こそが遊作の本当の人格である」という衝撃的なものであった。
遊作もロスト事件時の記憶が曖昧なため、事件中に何者かに記憶を操作された可能性もゼロではないとボーマンの主張を完全に否定することはしなかったが、ボーマンの語る過去の記憶には、ロスト事件直前に出会っていたある人物の存在が抜け落ちていたことから、自分の記憶が正しいと確信。
「Playmakerの手の内をすべて読んでいる」と豪語するボーマンの戦術をさらに上回り、撃破する。
しかし、デュエル直後風のワールド自体が崩壊を始め、その崩壊のどさくさで姿を消したため、仁の記憶データは取り返せずじまいとなった。
そしてデュエル後、謎の人物は「これでボーマンはPlaymakerの不屈の闘志を学んだ」と、ボーマンの敗北を予期していたかのような発言をしている。

使用デッキ

「ハイドライブ」と名のつくモンスターを多用するデッキを使用。
基本的な構成は地属性・サイバース族であるが、リンク1のリンクモンスターは地属性以外の属性を有している。そのリンク1のハイドライブには自身と同じ属性のモンスターが相手の場にいるときダイレクトアタックが可能になる能力を持ち、相手モンスターの属性を変更する永続罠「プロパティ・スプレイ」とのコンボで直接攻撃を狙う。
また、「リンクマジック」と呼ばれる、リンクマーカーを持つマジックカード「裁きの矢」を所有しており、これによってリンクマーカーの範囲を大幅に広げている。
再戦時にはリンク2のリンクモンスター「ツイン・ハイドライブ・ナイト」と、永続罠「ハイドライブ・サイクル」が追加され、より強固な布陣を敷くことが可能になった。
更に後述するスキルで更なるリンクモンスターを入手している。

エースモンスター

  • ツイン・ハイドライブ・ナイト

リンク素材の属性に変化するリンク2のハイドライブ。効果によって2種類の属性を得る事が出来る。
さらに、得た属性と同じ属性を持つ相手モンスターの効果を無効化する効果を持つ。

  • トライデント・ハイドライブ・ロード
データストームの中からスキル「Storm Access」で入手したモンスター。
ツイン・ハイドライブ・ナイトの3属性バージョンであり、無効化できる属性が1つ分増えた事になる。
リンク数と攻撃力がデコード・トーカーや転生炎獣ヒートライオと同じである。ただし、マーカーの方向は異なる。

使用スキル

  • マーカーズ・ポータル

自分のライフが4000を下回っている時に発動可能。デッキからリンクマジックをサーチして発動し、さらにそのリンクマジックに破壊耐性を与える。
Soulburnerとデュエルしたビットブートも同じスキルを持っている。

ライフポイントが1000以下の時のみ使用可能。データストーム内のリンクモンスターをランダムに1枚エクストラデッキに加える(入手カードはデータストームの強度で変化)。
加えたカードはそのデュエル中から使用可能となる。
Playmaker、リボルバーに続き3人目の使用者となるが、ボーマンはスキルが使用できないはずのマスターデュエルで使用し、PlaymakerとAiを驚愕させた。また、リボルバーやAi同様、自分の意志でデータストームを発生させることが可能。

余談

  • 中の人

演じる松田賢二氏は俳優業をメインに活動している役者であり、財前晃役の山本匠馬氏とは、仮面ライダーキバで俳優として共演経験がある。

  • 名前の由来
同時に登場したハルの存在から、映画「2001年宇宙の旅」のボーマン船長が候補として挙げられる。

関連タグ

遊戯王VRAINS ハル(遊戯王VRAINS)





































※この先ネタバレ注意!





































黒幕と思われた謎の人物、その正体は光のイグニス「ライトニング」であり、対話していた影のような存在はウィンディの作った「エコー」と同じく人工知能の存在である。
ぶっちゃけるとライトニングの目的のために酷使されているのである。

ボーマンのストームアクセスはウィンディが自分の細工だとネタばらしをしている。

なお、ライトニングのデザインが公開された時期に多くの視聴者が気付いてしまったが、ライトニングとの関係を匂わせるかのようにハルとボーマンとピット&ブートの体にはライトニングと同じ十字の模様が多数付いている。

三度目の邂逅の時点でライトニングの構想通りのAIとして成長しており、2度に渡るデュエルの記憶も復元されている。



ボーマンの正体はライトニングの考えるイグニスを統一し再構築した膨大なデータを収めるための器となるべく開発された新世代のAIであり、ライトニングにとって自身が仕えるべき真のパートナーと自負する程の存在である。
現在までの成長に至るまではライトニングから酷使されているように見られたが、成長し記憶も完全になってからは立場が逆転したかのような会話をしている。
なお、任務の補佐をしていたハルとビット&ブートはボーマンという完成体を作り出す過程で組み上げられた試験型とされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボーマン(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3102

コメント