ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

筋骨隆々の全身メタリックなヒーロー。

その正体は、ペプシ大好きなNASAの科学者が研究していた謎の金属と、科学者が飲んでいたペプシが融合して誕生した姿である。

一度聞いたら耳から離れない特徴的なテーマをひっさげて、困っている人の下にペプシコーラを届けに…というか、振る舞いに来る。初期のCMではコルベットC4を運転して当たることを宣言するだけのバージョンも存在した。


ヒーロー然とした容姿とは裏腹に、超人的な能力を持っているわけではなく、なおかつかなりのドジ。ガラス戸に気づかず激突、窓を通ろうとして窓枠に頭をぶつける、スノボでジャンプしたら谷底に転落…等々の失態が毎回のCMのオチであり、そうした姿を模したボトルキャップフィギュアも作られた。


外見もテーマ曲のノリもいかにもアメリカンなキャラだが、日本独自のイメージキャラクターとして制作されたという経緯を持つれっきとした純国産キャラである(そのため、アメリカでの知名度は低い)。

「赤をイメージしたコカ・コーラに対し、青を基調としたカラーのペプシでは到底太刀打ちできない」という考えの下、ペプシそのものをユーモラスな擬人化によりキャラクターとして仕立て上げることで消費者への訴求力を促し、売り上げを伸ばすことに成功したという。

(ただし、現在知られているペプシマンの青基調のデザインはリニューアル後のものであり、初期の頃は缶のデザイン・配色も含めて赤基調だった)

ペプシマン

←初期 リニューアル後→


近年、メディアへの露出が減ってきており、同業者であるタイタンインダストリー所属の某アイドルヒーローによってその地位が危ぶまれている。


また、転じて、彼のように顔がツルッツルのデッサンキャラクターをペプシマンと呼称することもある。FF9のラスボスがあまりにも似ていたためこう揶揄されていたりする。

水泳帽を顔に被り、前歯で水泳帽を噛むというモノマネも流行ったが、後に公開されたスパイダーマンに取って代わられた。


TVゲーム

ペプシマン(PS)

リリースはKID。1999年発売。

クラッシュバンディクーのようなゲーム画面で、ゲーム内容はメトロクロスに近いアクションゲーム。

ゲームの目的は単純明快で「制限時間内に障害物が設置されている道を走って進み、ゴールにいる困っている人々にペプシコーラを与える」というもの。

世界観やストーリーは極めて荒唐無稽であり、「人類にはペプシコーラが必要だ」と言うキャッチフレーズに象徴されるように「ペプシコーラが売り切れで人々が暴動を起こす」「ペプシコーラが手に入らず、リフレッシュが出来ない為に倒れる人が出る」等かなり馬鹿げている。どう見ても意図的に狙ったバカゲーであるが、シンプルゆえの取っ付きやすさや程良い難易度、CMと同様にいちいち笑わせにくるゲーム展開やペプシマンのリアクションなど、ゲラゲラ笑いながらプレイできる良作である。



ファイティングバイパーズ(SS)

セガ制作の3D対戦格闘ゲーム「ファイティングバイパーズ」初代のセガサターン版に、ペプシマンが隠しキャラとしてゲスト出演している。これはセガ主催のファイティングバイパーズ大会の協賛社が、当時の日本国内におけるペプシコーラの販売元であったペプシコ・インク社の日本法人であり、セガのCMに度々ペプシマンが出演していたことからきたものであるらしい。

発売は1996年で、1998年のペプシのリニューアルの前なので、ペプシマンも初期デザインで登場している。



関連イラスト

必要とあらば、彼は次元の壁を超えてどこにでも駆けつける……!

真・女神転生2 特殊悪魔 壱(嘘)のまないか?

センシティブな作品ペプシとコーラどちらが好きですか


関連動画

CMには…

  • 赤色の炭酸飲料の社員にペプシをプレゼントする
  • その「赤い炭酸飲料のトラックに追い詰められるも、その運転手から「ペプシくれ!!」とせがまれる

…というバージョンがある。


関連タグ

ペプシ

ブルーローズ - ペプシがスポンサーであるアイドルヒーロー。

永遠の闇

ペペペマン-ペプシマンを聞き違えたことがきっかけで誕生した桃太郎電鉄のパロディキャラ。

関連記事

親記事

ペプシ ぺぷし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1685452

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました