ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

kid

きっど

Kid(キッド)とは、日本のゲームブランドである。もしくはかつて存在したゲームメーカー。(曖昧さ回避付き)
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. 「子供(子ヤギ)」「新入り・新参者」「年下の~」等の意味を持つ英単語。
  2. 人物・キャラクター名。→「キッド」の記事を参照。
  3. 日本ゲームブランド。本項で解説。

株式会社キッド編集

KIDとは「Kindle Imagine Develop」の略。1986年創業。

創業当初は大手ゲームソフトメーカーの下請けで開発を行っており、シューティングゲームアクションゲームを制作していた。ボードゲーム、ゴルフやミニ四駆を題材としたゲームなど幅広いジャンルに定評のあるメーカーであったが、1990年代にカクテル・ソフトのゲームをセガサターンに移植して以降は、主にギャルゲー乙女ゲームアダルトゲームの家庭用ゲーム機(コンシューマ機)への移植を手がけることが多くなり、『メモリーズオフ』、『Infinity』など自社オリジナルタイトルがヒットしてからはギャルゲー路線にシフトする。

しかし、2006年11月末に同社の自己破産によって倒産。版権はサイバーフロントへと継承されることとなった。


KID(ゲームブランド)編集

企業自体は消滅したが、サイバーフロントに引き継がれた後はブランド名として存続。

メモリーズオフ、Infinityの続編などを手掛けるようになる。2012年にKIDブランドを使用しなくなり、サイバーフロントも2013年に解散。メモリーズオフなどの人気シリーズは5pb.に引き継がれた。


代表作編集

クインティ』(発売元:ナムコ)※ゲームフリークとの共同開発

サマーカーニバル'92烈火』(発売元:ナグザット)

SFC、PS版『人生ゲーム』シリーズ(発売元:タカラ)

UFO仮面ヤキソバン ケトラーの黒い陰謀』(発売元:デンズ)※限定版は日清食品

ミニ四駆シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!』(発売元:アスキー)

ペプシマン

テナントウォーズ

ポケット・ラブ』シリーズ

ゲームで青春

メモリーズオフ』シリーズ

『Infinity』シリーズ

輝く季節へ』(『ONE~輝く季節へ~』の家庭用ゲーム機への移植)

夢のつばさ

てんたま

マビノ×スタイル

MyMerryMay

Iris〜イリス〜

夏夢夜話

水の旋律

WeAre*

龍刻


関連項目編集

ゲームメーカー

キッド

間島淳司仲西環…広報ラジオを担当していた

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11575424

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました