ピクシブ百科事典

ハイドライブ

はいどらいぶ

「高駆動」の逐語訳。 ここでは遊戯王VRAINSのハイドライブについて記述する。
目次[非表示]

概要

ボーマンハルが使用したカード群。
サイバース族で統一されており、地属性を主軸として、水、風、炎の属性のモンスターが点在する。
盾みたいなシンボルマークがある。

リンク1のハイドライブモンスターを複数出しそれを素材に新たなハイドライブリンクモンスターを展開していくというEXデッキの圧迫を避けれない動きが特徴。
また属性メタやサイコロのギミックも個性付けに役立っている。

シナリオの進行と共にStorm Accessによってパワフルなリンクモンスターがどんどん追加されていった。
一度しか使われないカードも多くデッキの全容を把握、想像しづらい。

エースモンスターの解説はボーマンを参照。

一覧

効果モンスター


リンクモンスター

リンク1

リンク2

リンク3

リンク4

リンク5

キメラ・ハイドライブ・ドラグヘッド

地属性

キーカード紹介

ハイドライブ・ブースター

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守 0
①:お互いのメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

ボーマンをずっと支えてきたカード。
単体で見れば面白いカードで済むが、テーマ内の主力展開要員が相手依存は少し苦しいかもしれない。
マスタールール2020のせいでさらに性能が悪化している。

グランド・ハイドライブ

リンク・効果モンスター
地属性/サイバース族/攻 1000/LINK 1
「ハイドライブ」モンスター1体
このカードはリンク1のリンクモンスターのリンク素材にできない。
①:相手フィールドに地属性モンスターが存在する場合、このカードは直接攻撃できる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分フィールドに「ハイドライブトークン」(サイバース族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。

属性の部分だけ異なるカードが4枚存在する(フロー、クーラント、バーン)。
ハイドライブ のコンセプト上必須であり、これでは初出が19枚(@イグニスターAiの初出時の合計)でも1/4が中継点要員のリンク1 に溶けてしまう。
リンクマーカーの向きは真下(四属性共通)。

ツイン・ハイドライブ・ナイト

リンク・効果モンスター
地属性/サイバース族/攻 1800/LINK 2
「ハイドライブ」リンクモンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
このカードのリンク素材とした自分の墓地の「ハイドライブ」リンクモンスターを2体まで対象として発動できる。
フィールドのこのカードの属性は、そのモンスターと同じ属性として扱う。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードと同じ属性の相手フィールドのモンスターの効果は無効化される。

概要にも書いたが、ハイドライブ リンクモンスターはリンクマーカーの数ぶんリンクモンスターを要求するのでEXデッキの消費がすごい。
リンク2を出すだけでEXデッキが3枚とける計算である。
手札によってはこのカードしか出せないこともあるだろう。
理論上はこのカードと闇黒世界-シャドウ・ディストピア-等を組み合わせれば相手だけスキルドレイン状態にできる。
リンクマーカーの向きは左右。

関連タグ

遊戯王VRAINS
キメラ・ハイドライブ・ドラグヘッド
裁きの矢(ジャッジメント・アローズ)
遊戯王未OCG化カード一覧

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイドライブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1366

コメント