ピクシブ百科事典

ライトニング(遊戯王VRAINS)

らいとにんぐ

遊戯王VRAINSに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「私は、本格的なサイバース世界の再建を始めようと思っている。」
CV:前田一世

概要

イグニスの1体。ロスト事件の被害者の1人のデータを基に作られたイグニスであり、属性は光。
サイバース世界への襲撃の際に行方をくらましていた。

人物

司る属性は光であり、全身は光源であるかのような黄色がベースとなっている。眼の色は黄緑。頭の形のモチーフは不明だが、属性や「処理が早い」事から電光と思われる。一人称は「私」。

イグニスのリーダー格であり6体の中で処理の速度が群を抜く程であったが、
あまりに高度な考えで物事を見ていたらしく、同じイグニスのAiでも理解できなかったとの事。

余談

彼の体の模様はどことなくとある人物にも見受けられるが関係は不明。

関連タグ

遊戯王VRAINS AI 人工知能





































※この先ネタバレ注意!





































「分かりやすく言おう...我々は君たちに、宣戦布告する」

「人類の後継種」という鴻上博士の思想こそがイグニスの全てであるとして、人類を管理・支配しようと考えている。
遊作達と対峙した存在「ボーマン」「ハル」「ビット&ブート」を作成、新たな魔法カード「リンクマジック」を独自に開発し、そして意見が割れた事で「停滞した」と判断したサイバース世界を破壊した張本人でもある。
人間を使わずとも肉体を得る方法をウィンディと共に研究しており、ボーマンを使った実体化などから着実に完成させつつある模様。

パートナーは草薙仁だが、「オリジン」である彼を「不確定な要素(イグニスとパートナーの間の干渉)が邪魔だ」として意識を封じて配下に置いている。
自分が認めないものは理解不能として切り捨てる主義であり、Ai・不霊夢・アクアをエラーコードあるいは突然変異種と判断、イグニスを統一し再構築する事とそれを納める器となるAIの作成という目的のために暗躍していた。また、肉体を作成できるなら人類の支配も辞めて排除する姿勢である。
Aiはかつてライトニングを理解できなかったと言っていたが、それは逆も同じであり、ライトニングもAiを理解できていなかったとの事。
また、唯一行動を共にしているイグニスであるウィンディの事も、本心では仲間と思っているかどうかは微妙なところがあり、事実ウィンディがハノイの騎士によって明らかにデリートされようとした際も我関せずな様子を見せ、ウィンディ自身が必死に助けを求めても同様。Aiが呼びかけた結果、ようやくはずみで助ける行動に出た程であった。
その後も、データをボロボロにされたウィンディに対し、握り潰して無理やりデータストームを起こさせる等と、ぞんざいな扱いをしている。
そのほか、まどろっこしいあるいは回りくどい話を嫌っており、単刀直入かつ核心を付いてくる相手には「話が楽しい」とも語る。

なお、イグニスを越えるデュエルのタクティクスを見せたリボルバーを惜しんでいる他、まどろっこしい事を抜いて核心をついてくる遊作に興味を持っている。

リンクマジックの存在を他のイグニス達ですら知る者がいなかった事からも、仲間に悟られないように内密に準備していた模様。だが、以前から怪しんでいたアクアには嗅ぎつかれてしまい、彼女に誤魔化しは効かなかったために軟禁している。アクアの行方を知らないことも嘘であった。

●リンクマジック
ライトニングが独自に編み出した魔法カード。
作中では「裁きの矢(ジャッジメント・アローズ)」を、ボーマン達がデュエルで使う他、サイバース世界を破壊する際にも使用している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライトニング(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7387

コメント