ピクシブ百科事典

ライトニング(遊戯王VRAINS)

らいとにんぐ

遊戯王VRAINSに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「私は、本格的なサイバース世界の再建を始めようと思っている。」
「分かりやすく言おう...我々は君たちに、宣戦布告する」
CV:前田一世

概要

イグニスの1体。ロスト事件の被害者の一人「草薙仁」のデータを基に作られたイグニスであり、属性は光。
サイバース世界への襲撃の際に行方をくらましていたが、ウィンディと共にAiにサイバース世界の再建を持ちかけるべく姿を表す。

人物

司る属性は光であり、全身は光源であるかのような黄色がベースとなっている。眼の色は黄緑。頭の形のモチーフは不明だが、属性や「処理が早い」事から電光と思われる。一人称は「私」。

イグニスのリーダー格であり6体の中で処理の速度が群を抜く程であったが、
あまりに高度な考えで物事を見ていたらしく、同じイグニスのAiでも理解できなかったとの事。
合理性だけに準じる機械的な性格に見えるが、Playmakerやハノイの騎士を前にパートナーの正体を明かすときに意地の悪い黒い笑みを浮かべたり、後述のある指摘において激昂する姿を見せるなど無感情と言う訳ではない。

その内心では、「人類の後継種」という鴻上博士の思想こそがイグニスの全てであるとして、人類を管理・支配しようと考えている。
遊作達と対峙した存在「ボーマン」「ハル」「ビット&ブート」を作成、新たな魔法カード「リンクマジック」を独自に開発し、そして意見が割れた事で「停滞した」と判断したサイバース世界を破壊した張本人でもある。
人間を使わずとも肉体を得る方法をウィンディと共に研究しており、ボーマンを使った実体化などから着実に完成させつつある模様。

パートナーは草薙仁だが、「オリジン」である彼を「不確定な要素(イグニスとパートナーの間の干渉)が邪魔だ」として意識を封じて配下に置いている。その一方で話せない彼に意見を求めて話しかけることも。
自分が認めないものは理解不能として切り捨てる主義であり、Ai・不霊夢・アクアをエラーコードあるいは突然変異種と判断、イグニスを統一し再構築する事とそれを納める器となるAIの作成という目的のために暗躍していた。また、肉体を作成できるなら人類の支配も辞めて排除する姿勢である。
Aiはかつてライトニングを理解できなかったと言っていたが、それは逆も同じであり、ライトニングもAiを理解できていなかったとの事。
また、唯一行動を共にしているイグニスであるウィンディの事も、本心では仲間と思っているかどうかは微妙なところがあり、事実ウィンディがハノイの騎士によって明らかにデリートされようとした際も我関せずな様子を見せ、ウィンディ自身が必死に助けを求めても同様。Aiが呼びかけた結果、ようやくはずみで助ける行動に出た程であった。
その後も、データをボロボロにされたウィンディに対し、握り潰して無理やりデータストームを起こさせる等と、ぞんざいな扱いをしている。
そのほか、まどろっこしいあるいは回りくどい話を嫌っており、単刀直入かつ核心を付いてくる相手には「話が楽しい」とも語る。

なお、イグニスを越えるデュエルのタクティクスを見せたリボルバーを惜しんでいる他、まどろっこしい事を抜いて核心をついてくる遊作に興味を持っている。

リンクマジックの製作を、以前から怪しんでいたアクアに嗅ぎつかれてしまい、彼女に誤魔化しは効かないと判断して軟禁していた。アクアの行方を知らないことも真っ赤な嘘であった。

リンクマジック

ライトニングが独自に編み出したリンクマーカーを持つ魔法カード。
作中では「裁きの矢(ジャッジメント・アローズ)」のみが使われている。
ライトニング自身や彼に作成されたボーマン達がデュエルで使う他、サイバース世界を直接破壊する際にも使用されている。
襲撃を受けていた不霊夢やアースがその存在を知らなかった事から、アクアに嗅ぎ付けられるまで他のイグニスに悟られないように内密に準備していた模様。

使用デッキ

光属性・サイバース族のモンスターで構成される【天装騎兵(アルマートス・レギオー)】を使用する。このカテゴリはメインデッキのモンスターにはリンクモンスターとリンク状態である場合に適用できる効果があり、リンクモンスターにはカテゴリ全体をサポートするような効果を持ち、お互いに相互サポートしている関係となっている。
また、「天装騎兵マジカ・アルクム」にはリンクマジック「裁きの矢」を指定したモンスター効果が持たされており、リンクマジックも構成に含めているデッキとして組まれている。

エースカード

  • 天装騎兵レガトゥス・レギオニス

リンク3の馬に乗った天装騎兵。
自分の場と墓地にいる下級の天装騎兵を入れ替える効果と、天装騎兵が特殊召喚されたターンのみ相手のカードの効果を受け付けない限定的な耐性を得る効果を持つ。自身の1つ目の効果が適用されれば2つ目の効果も自動的に適用されるのが特徴である。
レガトゥス・レギオニス(ラテン語:Legatus Legionis)は古代ローマの軍隊における司令官に当たる。

  • 天装騎兵マグヌス・ドゥクス
リンク4の象に乗った天装騎兵。
このモンスターは2019年1月から禁止モンスターになったファイアウォール・ドラゴンと同じ効果を持つ。あちらと違いこちらの召喚条件は「天装騎兵」モンスター3体以上と重くなっている。
名前の由来はマグヌス(Magnus)は「偉大な」、ドゥクス(Dux)はローマ軍の「指導者」というラテン語の意味を持ち、「偉大な指導者」という名前になる。

余談

彼の体の模様はどことなくボーマンハル、ビット/ブート達にも見受けられるが、彼らを創造したのがライトニングであるため。

関連タグ

遊戯王VRAINS AI 人工知能





































※この先ネタバレ注意!





































「人間の腹の探り合いに付き合うつもりはない...」

ミラーワールドのLINK VRAINSにてスペクターを「雑魚」と判断、彼を「処刑」するために姿を現す。デュエルの直前の会話でスペクターに自分の構想を語るのだが「意思を持つならばAIでさえ競争を始める」と突きつけられてしまうのだが、この言葉を否定せずに受け入れた。
デュエルではスペクターのデッキを解析していたライトニングがエクストラリンクを完成させて万全の布陣を整えるが、スペクターの発動した「聖蔓の略奪」によってあっさりリンクマジックを奪われてしまい、調子を崩されてしまう。さらに、スペクターが事前に済ませていたライトニングに対する性格診断を語り出し、そこから傲慢さが仲間のイグニス達にも明かせなかったコンプレックスによるものと突きつけられる。

余談だが、以前からコンプレックスを抱えている事はAiとウィンディとの密談でのAiの評価の内容、覚醒したボーマンがPlaymakerやAiに告げた内容から少しだけ見え隠れしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライトニング(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18318

コメント