ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「さあ行こうか。地獄のデュエルの始まりだ!」
CV:武内駿輔

概要

謎のハッカー集団ハノイの騎士のリーダー。

サイバース世界とイグニスと呼ばれるAIの抹殺を目的としており、本編の5年前からイグニスが潜伏している「LINK VRAINS」にハッキングを仕掛けて行方を追っていた。
そして5年後、同じくイグニスを探しているSOLテクノロジー社がイグニスを炙り出すためにLINK VRAINSの一斉スキャンを行った隙を突き、ハノイの騎士の刺客を送り込んだ。

人物

逆立った赤毛にフルフェイスのバイザーを着用している。白を基調とした服に弾丸の形のピアスが特徴。一人称は「私」。
ハッカーでありながらもネット世界を虚構という理由で否定しており、デュエル時もサポートAIを使用しない。またデータストームを自在に操る力を持ち、「私がLINK VRAINSを破壊するのは容易いこと」とも断言している。

ちなみに「リボルバー」はアカウント名であり現実世界での容姿及び本名は不明(それと思しき人物が登場しているシーンはあるが、明言はされていない)。
父親はハノイプロジェクトの首謀者にしてイグニスの生みの親鴻上聖であり、彼の願いを叶えるために動いていると思われる。
藤木遊作と同じく、「3」という数字に何かこだわりがある様子。また、10年前の「ある事件」についても知っているらしく、Playmakerが10年前の事件を追っている事と、「3」へのこだわりを持つ事を知った際、「まさかお前は10年前の事件の…」と心当たりがあるかのような素振りを見せていた。

使用デッキ

闇属性・ドラゴン族で統一されており、弾丸をイメージして破壊されるとエンドフェイズにデッキから同名以外のヴァレットモンスターを特殊召喚する「ヴァレット」デッキを使用。他にヴァレット以外に展開を補助するドラゴン族も混合。エースモンスターはリンク4モンスター「ヴァレルロード・ドラゴン」。
他にハノイの騎士に一時的に貸した機械族の「クラッキング・ドラゴン」や、後述のスキル「Storm Access」で手に入れたサイバース族の「トポロジック・ボマー・ドラゴン」など強力なモンスターを巧みに扱う。
遊戯王(特に派手なモンスターを多用するライバルキャラ)では比較的珍しく、手札補充や盤面の維持に努める事を重視した堅実なプレイングが特徴。
また、スピードデュエルではヴァレットモンスターやヴァレルロード・ドラゴンを使用しない傾向にある。

使用スキル

  • Storm Access

ライフポイントが1000以下の時に1度、データストームからランダムにリンクモンスターを手札に加えるスキル。
Playmakerのスキルと全く同じものだが、リボルバーはデータストームを自在に発生させることができるため、ライフの条件さえ整えば確実に発動が可能。
この効果でリンクモンスターを入手した際は「良き力だ」とほくそ笑むのがお決まりとなっている。

余談

演じる武内駿輔氏は遊戯王シリーズには初出演。さらにはライバルキャラクターを最年少で担当している(遊作を演じる石毛翔弥氏は最年長で主人公を担当)。

関連タグ

遊戯王VRAINS ハノイの騎士 藤木遊作 鴻上博士
ヴァレルロード・ドラゴン クラッキング・ドラゴン トポロジック・ボマー・ドラゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「リボルバー(遊戯王VRAINS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141240

コメント