ピクシブ百科事典

ロスト事件

ろすとじけん

遊戯王VRAINSの全ての始まりの悲劇である。
目次[非表示]

概要

物語の本編開始の十年前、人類の滅亡の危機に備え、人類の後継種となるAIを生み出そうと計画した鴻上聖博士が、起した事件。博士は新たなるAI、イグニスを生み出すべく、藤木遊作6人の子供を誘拐する。誘拐された子供たちはそれぞれ閉鎖空間に隔離された。その空間は白一色の無機質な空間で、ゴーグル型のVR装置があるのみ。子供たちは、そこでその装置を使用したデュエルを強制させられることになる。

子どもたちは、対戦相手はそもそも人間なのか一切不明、さらに敗北すれば電撃によるリアルダメージが発生するデュエルを強制される以外許されたのは定期的に機会によって与えられる食事と薄い布一枚被っての睡眠のみ。さらに、食事の内容も謎の錠剤や正体不明の固形物などの得体の知れないもので、時が経つにつれて、敗北すれば紙パックの飲み物しか与えられないように、その食事の内容すらもデュエルの内容で左右されるようになった

この拷問と言っても過言でない食う・寝る・デュエルの繰り返しにより、子供たちの心が蝕まれていく中(一人だけ例外有)、事件の罪悪感に押しつぶされた一人の少年が匿名で警察に通報、子どもたちは解放され、事件が発覚したのだった。その時には誘拐から半年もの歳月が経過しており、救出された子供たちには深い心の傷を負わすことになった。

博士は子どもたちのデュエルで得たデータからイグニスを作成したが、3年後、何億回にも及ぶシュミレーションを繰り返した結果、「イグニスはやがて人類の管理を目論み、人類を破滅させる」という結論に辿りつき、これほどの事件を起こしてまで作り上げたイグニスを廃棄しようとした。しかし、それを良しとしないSOLテクノロジー社の重役たちに博士は電脳ウイルスを仕込まれこん睡状態に陥り、表向きには死亡されたと報じられた。その後、リボルバーの助力により、LINK VRAINSに意識のみを移し、イグニスを抹殺するべくハノイの騎士を結成した。ここから本編に繋がっていくことになる。

最終的に鴻上博士の死亡、Playmakerの尽力によるハノイの騎士の壊滅により、事件は終結となった。しかし、事件の爪痕は今も酷く残っており、新たな戦いを起こす火種にもなっている。

なお、人類の後継種にAIが選ばれた理由は、人類はどれだけ進化しても、自然現象の前では常に絶滅の危機に陥るほか、博士が人類が近いうちに絶滅すると考えていたため、肉体に縛られないAIに希望を託したため。なぜ誘拐された子供が6人だったのかは、遊戯王の6つの属性に合わせるためであり、なぜデュエルによるデータ収集だったのかは、デュエルの思考がAIが人類を理解するのに最適だと考えられたためである。

生み出されたイグニスと事件後の子供達


被害者生み出されたイグニス属性備考
藤木遊作AiPTSDを発症、現在も克服できていない
草薙仁ライトニング精神を病み、施設で療養中
スペクターアース彼のみ例外で、事件によって「救われた」存在。
穂村尊不霊夢両親が行方不明になった尊を探す中事故死、無気力になり引きこもりに
???ウィンディウィンディに不要とみなされ、AIの暴走事故という名目で殺害される。ウィンディの回想シーンを見る限りでは、(特殊なスペクターを除けば)一番社会復帰できていた様子
杉咲美優アクア人類を敵視したライトニングにより電脳ウイルスを仕込まれ、昏睡状態に

関連タグ

遊戯王VRAINS イグニス(遊戯王VRAINS) ハノイの騎士 SOLテクノロジー社

コメント