ピクシブ百科事典

鴻上聖

こうがみきよし

鴻上聖とは、『遊戯王VRAINS』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:菅生隆之

概要

元・SOLテクノロジーの研究者。
イグニスサイバースを世界から抹殺する事を目的としており、ハノイの騎士に抹殺命令を出している。
リボルバーから「父さん」と呼ばれていたことから、彼の父親だと思われる。

その正体はイグニスの生みの親であり、ハノイプロジェクトの立案者にして首謀者。
本編開始の10年前、人類という種の後継者となるAIを生み出すため、藤木遊作ら6人の子供から得たデータを用いてイグニスを作り出した。
しかしその3年後、何億回ものシミュレーションを繰り返した結果、「イグニスはやがて人類の管理を目論み、人類を破滅させる」という結論にたどり着き、イグニスの廃棄を決定。だが、それを良しとしないSOLテクノロジー社の重役たちに電脳ウイルスを仕込まれて昏睡状態となり、表向きには死亡したと報じられた。
そのため、リボルバーの助力によってLINKVRAINSに意識のみを移し、ハノイの騎士を結成してイグニス抹殺を目論んだ。

Playmakerとリボルバーの決戦で、命懸けでストームアクセスを試みたリボルバーの前に現れ、自らの命を犠牲にしてリボルバーを助け、そのまま息を引き取った。同時に、この時イメージとして現れた「スターダスト・ロード」が、Playmakerがリボルバーの正体に気付くきっかけとなった。

前述の通り、イグニスを作り出したのは人類の未来を想っての事であり、その後イグニスを消去しようとしたのもやはり人類のための選択である(「息子を手にかけるようなもの」と苦々しく語っていることから、イグニスの消去には躊躇いもあった様子)。

だが、イグニスを生み出すために引き起こした「ロスト事件」は年端もいかない子供達を拉致監禁し、デュエルを強要するという明らかに非人道的なものであり、遊作ら被害者本人はもちろん、家族や周囲の人間の心にも大きな傷を残した(中には救われたと言う者もいるが)。

また、「イグニスが人類を滅ぼす」というシミュレーション結果に憑りつかれていたが、実際はイグニス達はサイバース世界で静かに暮らすことを望んでおり、むしろハノイの騎士の襲撃によって人間たちへの不信感が芽生えている(これを聞いた遊作も「皮肉だな」とこぼしている)。

人類を救うという使命感に駆られていたにしてもその思想・行動はあまりにも極端なものであるが、そういった考えに到るまでの彼の人生については明かされていない。

余談

上述したように彼は

・新しいAI開発のために子供を拉致して人体実験(うち一人は息子が連れてきた友達)
・実験中の子供たちは監禁され、事実上の拷問状態
・事件後保護された子供たちはPTSD発症、廃人、引き籠りなどその後の人生に影響が出ている(現状、スペクターのみ例外)
・それはほどのことを行い作成したイグニスを個人的な都合で抹消しようとする

などなどの常識的に考えてヤバイことをしでかしており、その結果として彼が直接関与していないであろう大きな事故や凶悪な事件が判明する度に一部の視聴者から「博士、またやらかした?」と言われてしまう羽目に。

その起きた事故も「AIが突然制御を失って暴走」とか「誘拐した子供を探してた両親が事故死」とかその他諸々の内容が博士が関与してても不思議じゃないような出来事に起因しているが故だろう。

一応、それらに関しては現時点で彼が関与した証拠も情報も無い。

中の人について

演じる菅生隆之は、かつて遊戯王5D'sホセと老年期のアポリアを演じていた。

関連タグ

遊戯王VRAINS リボルバー(遊戯王VRAINS)
鷹山仁自らが生み出した生物が人類に害をなすと知り、自ら始末しようとする研究者繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「鴻上聖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2111

コメント