ピクシブ百科事典

E・HEROフレイム・ウィングマン

えれめんたるひーろーふれいむうぃんぐまん

アニメ『遊戯王GX』及びカードゲーム『遊戯王 オフィシャルカードゲーム』に登場するモンスターカードである。遊城十代のGX第1期での切り札。
目次[非表示]

テキスト

融合・効果モンスター
星6/風属性/戦士族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

概要

風属性・戦士族・レベル6の上級融合効果モンスター遊城十代が使用するカードE・HEROの1体である。
E・HEROフェザーマンE・HEROバーストレディを融合素材として融合召喚される。融合召喚でしか召喚出来ないが、アニメでは蘇生されたりして普通に融合召喚以外で召喚されている。
の二色が綺麗に半分づつ分かれて色づけされており、背中には立派なを生やしている。右手にドラゴンを模した砲身を備えており、そこから炎弾や火炎放射攻撃をする。
攻撃名は「フレイム・シュート」。

相手モンスターを戦闘で破壊した時、さらにそのモンスターの攻撃力分のダメージを与える事が出来る効果を持つ。ダイレクトアタック以上のダメージを期待できるほか、たとえ破壊したモンスターが守備表示であってもダメージを与えられる。融合素材はどっちもE・HEROで戦士族なので、「増援」など豊富で優秀なサポートカードの恩恵を受けられるので揃えやすい。
ただし、このカード自体の攻撃力は低く上級モンスターに簡単に破壊されてしまうので、原作のように「摩天楼 -スカイスクレイパー-」などでサポートする必要がある。

原作での活躍

アニメ遊戯王GX』において主人公遊城十代の切り札として第1話から登場し、この回のデュエルでフィニッシャーとなった。「摩天楼 -スカイスクレイパー-」の効果でパワーアップして元禁止カードであるカオス・ソルジャー-開闢の使者-を破壊したり、デュエルの突破口を開くなど、存分に活躍した。

しかし、第2期で新顔であるE・HEROネオスに切り札の役割を奪われてしまい、第3期ではユベルまでも…。以降は相手モンスターを破壊したりダメージは与えるものの、召喚した次のターンで破壊されてしまったりと、以前のような活躍の場は巡ってこなくなってしまう。

その後、第4期の十代クロノス・デ・メディチのデュエルで久しぶりとなる大きな活躍を与えられた。第1話のデュエルと同じくクロノスの切り札である古代の機械巨人を破壊し、フィニッシャーとなった。この時のフレイム・ウィングマンはいつもより輝いて見えた視聴者は多いはず。

武藤遊戯との最終デュエルでも登場おり、E・HEROネオスユベル共々どこまでも十代の主力カードでフェイバリットカードとして活躍しつづけた。

関連イラスト

スカイスクレイパー
十代


21
十代2


関連タグ

E・HEROフェザーマン E・HEROバーストレディ
カード カードゲーム モンスター ヒーロー 遊戯王 遊戯王GX 遊戯王OCG
E・HERO D-HERO E-HERO 融合モンスター 効果モンスター 遊戯王OCGの種族一覧 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「E・HEROフレイム・ウィングマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100131

コメント