ピクシブ百科事典

HERO(遊戯王)

ひーろー

この記事では遊戯王OCGのカテゴリーについて記述する。
目次[非表示]

概要

遊戯王OCGのカテゴリーの一つ。HEROと名前が付いたモンスター郡。
さらに細かい分類としてE・HEROD-HEROE-HEROM・HEROV・HERO等がある。
それぞれに独自の特徴があり、共通するのはHEROの名を持つ事だけである。
比較的に融合召喚あるいは融合召喚を発展した召喚法を用いるのが多い。

該当するモンスター

個別記事があるものは各々の記事を参照。

  1. E・HERO:融合召喚を中心としたモンスター、HERO系の基礎。
  2. D-HERO:融合召喚を主軸としない独自に発展したHERO。
  3. E-HERO:ダーク・フュージョンの効果で呼び出されるHERO。
  4. M・HERO:マスク・チェンジの効果で呼び出されるHERO。
  5. V・HERO:融合モンスターを擁するHERO系の亜種。

C・HERO(コントラストヒーロー)

M・HEROを融合素材とするHERO。該当するのはC・HEROカオスのみ。
原作の漫画版GXではメインデッキに投入するM・HEROが存在していたが、
OCGではM・HEROがエクストラデッキのモンスターのみの登場である為、
召喚の難易度が高くなっている。
代わりにE・HEROとしても扱う効果を付加されている。

E☆HERO(エンターテインメント・ヒーロー)

E☆HERO盤面の執行者のみが該当する。
公式のデュエルで使用不可なマッチキル効果を持つエクシーズモンスター
魔法使い族であり、マッチキル効果も魔法使い族を必要とするため、
HEROの名だけを冠した全く異なる系統。

X・HERO(エクストラヒーロー)

X・HEROワンダー・ドライバーのみが該当する。
新世代と共に登場したリンクモンスターであり、新ルールにおけるHERO達を補佐する。

余談

他にHEROが名前に付くカードに魔法カードの「HERO'sボンド」と「HEROの遺産」がある。
マジカルシルクハットを使えば一部サポートを受けることが出来る。

海外版ではこのカテゴリーの扱いに苦労しており、
当時は「"Elemental Hero" or "Destiny Hero"(E・HERO or D-HERO)」となっていた。
(ヒーロー・キッズ(英語名:Hero Kid)などのようにHEROカテゴリーではないが名前にHeroを含むカードを対象にしないため)
E-HEROの登場の際にはそのまま追加で対処されていたのだが、M・HEROやV・HEROの追加に伴い
"Elemental HERO", "Destiny HERO", "Evil HERO"と大文字の"HERO"に変更するエラッタが出され、
このカテゴリーは大文字の「HERO」に統一される事になった。

関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG 遊戯王GX

pixivに投稿された作品 pixivで「HERO(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16503

コメント