ピクシブ百科事典

九条兼孝

くじょうかねたか

九条兼孝とは安土桃山時代から江戸時代初期の公卿
目次[非表示]

重要

父は関白左大臣二条晴良、母は伏見宮貞敦親王の娘、位子女王、大叔父、九条稙通養子になる。官位は従一位、関白左大臣

生年

天文22年11月20日(1553年12月25日

没年

寛永13年1月17日(1636年2月23日

経歴

大伯父である九条稙通の養子となり、永禄3年(1560年)に8歳で従三位に叙せられる。その後、左大臣を経て天正6年(1578年)に関白藤氏長者となったが、同9年(1581年)、これを辞任。天正10年(1582年)、従一位に昇叙され、同16年(1588年)に准三宮宣下を受けた。慶長5年(1600年)、再度関白に就任。慶長9年(1604年)これを辞任して出家し、法名を円性とした。寛永13年(1636年)1月17日、84歳で薨去した。

系譜

父:二条晴良
母:位子女王(伏見宮貞敦親王の娘)
養父:九条稙通
妻:高倉熙子(高倉永家の娘)
長男:九条幸家
次男:増孝
女子:八条宮智仁親王

関連項目

朝廷 公卿 九条家 二条家 藤氏長者

コメント