ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

関白・九条兼実の次男で、「後京極殿」と呼ばれる九条家2代当主。

官位が従一位・摂政という現役半ばの1206年、38才で急死している。

本姓は「藤原良経」だが、系譜に同姓同名の人物がいる。


 若くから和歌書道漢詩に堪能な博学多才さを発揮していた貴公子

特に書道は天才的で、後に「後京極流」と呼ばれる和様書道の一流派となった。


 和歌では、藤原俊成を師とし、従者の藤原定家からも大きな影響を受ける。

建久初年頃には叔父慈円と共に歌壇(歌人たちの社会)活動が顕著になり、その活動は後の『 新古今和歌集 』の土壌となっている。

和歌所設置に際して寄人筆頭となり、『新古今和歌集』の撰修に関係してその仮名序を書いた。

自撰の家集『秋篠月清集』は、六家集(『新古今和歌集』の主要歌人とされた6人の家集の総称)のひとつとなっている。


 その他の作品に、『後京極殿御自歌合』、『大間成文抄』、日記に『殿記』がある。


 小倉百人一首では、「後京極摂政前太政大臣」として知られる。

91番 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む


※ きりぎりすは、コオロギのことをさす。


関連人物編集

父: 九条兼実

母: 藤原兼子藤原季行の娘)

妻: 一条能保の娘 藤原寿子松殿基房の娘) 左馬助政綱の娘 大膳大夫信成の娘

子: 九条立子 慶政 九条道家(頼経の父) 九条教家 九条基家 良尊 道慶

養子:九条良平(実弟)

孫: 九条頼経(鎌倉幕府・第4代征夷大将軍)

曾孫: 九条頼嗣(鎌倉幕府・第5代征夷大将軍)


叔父: 慈円


関連タグ編集

平安時代 鎌倉時代 鎌倉幕府 公卿 書家 藤原氏 摂関家 九条家(摂関家)

和歌 百人一首 太政大臣


初代九条家第2代九条家第3代九条家
九条兼実九条良経九条道家

関連記事

親記事

九条家 くじょうけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました