ピクシブ百科事典

道長四天王

みちながしてんのう

道長四天王とは、藤原道長に従事した4人の優秀な人物たちのこと。
目次[非表示]

概要

平安時代中期の公卿で、藤原摂関家の全盛期を築いた藤原道長に従事した4人。
中世の説話集『十訓抄』には優れた武士として頼信・保昌・致頼・維衡の名前がみえ、「この4人がもし互いに相争うのならば必ず命を失うはず」と書かれている。

四天王の面々

源頼信

河内源氏の祖。異母兄源頼光。子孫に源頼朝足利尊氏などがいる。

藤原保昌

平井保昌としても知られる。盗賊袴垂との話や、和泉式部に請われて紫宸殿の左近のを一枝手折った話が有名。
「酒呑童子説話」では、大将として源頼光と対等な立場で酒呑童子を討伐している。 

平致頼

平五大夫。維衡と伊勢国の所領をめぐって合戦を繰り広げ、隠岐に流されたが、のちに許されて京に戻った。

平維衡

伊勢平氏の祖。4世孫が平家平清盛

関連タグ

平安時代 武将 四天王

関連記事

親記事

複数名で語られる武将 ふくすうめいでかたられるぶしょう

兄弟記事

コメント