2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

真名安倍晴明
性別男性
出典史実
地域日本


概要

Fateシリーズ』で度々言及される人物。

その名の初出は彼にかつて退治された玉藻の前の言及から。
玉藻の前からは「暗黒イケモン」だの「魂まで根の国色」だのさんざんにこき降ろされて(忌々しく思われて?)いる。
しかし容貌は日本人の骨格していないイケモン(“イケ”メンぽく見せかけている“モン”スター】)との事。

一方で下総国では彼の名を騙ったライバルである陰陽師からは一般的に言われるような善の陰陽師のような人物と言われている。カルデアのマスター新免武蔵のようにただ生きるために戦いそれが正道であるということは、彼に似ている模様。

直接の面識がない千子村正からは日本の各方面において有力な人材として「無敵の剣豪十兵衛」「隠密大名と誉れの高い半蔵」に並んで挙げられるほどのキャスターと言われている。
長らく本人は未登場で、様々な関係者による言及はあるもののことごとくバラバラの印象で明確な人物像ははっきりしないままだった(そもそも玉藻等は京を逐われた立場である為敵対的になるのも自然だが)。

能力を明確に評したのは彼とは違う時代に生きた村正のみだが、彼と同じ時代の人物のうち言及しているのは敵対・退治される側であるために、正確なものとは言い難いのである。

第2部5.5章『地獄界曼荼羅 平安京』にて、本人の姿は表さなくとも文を飛ばすという通信の真似事の形で登場。
容姿などは未だ不明ながら人物像の一端がようやく明らかになった。

人類史から離れている亜種並行世界であった下総国の出来事を観測していたらしく、"視る"力においてもかなりのものを有している。
平安時代出身にもかかわらず、現代の用語ゼウスにカエサルのことを知識として知っていた。

金時の発言では、見た目は若く見えるが爺、そしてホームズと似た気配がするらしい。
性格としては紫式部に言われていた通りのことを窺わせるロクでなし(所謂何処ぞのお花のお兄さんの日本版)気質が垣間見える。

能力

その全容は未だ不明。
ただ先述通り、次元の壁を超える目と、遠方から文字で通信する奇想天外な術式、さらに金時曰く「平安京のすべてを把握し、それに対処する」という人間離れした験力を有する。
これで能力の僅か一端でしかないのだから、驚異的という外ない。次元の壁を超える目と日本での知名度を考えれば冠位の資格を持つキャスターであっても納得出来るだろう。

関連人物

生前

蘆屋道満
生前対抗心を燃やし続けていた陰陽師で、自分には敵わないと自負し幾度もからかっていた模様。一方、唯一自身に並び立とうとし続けてくれたライバルとしては、かなり高く評価していた。

玉藻の前
生前正体を見破り、退治した相手。彼女からは暗黒イケモンと呼ばれている。

酒呑童子
マテリアルでは無視とも嘲笑とも取れる反応。
これについては明言は無いが伝承においての彼は狐の葛の葉を母に持つとされ、それを考慮すると鬼ではないが混血と言えるためその意味での反応かも知れない。

源頼光
玉藻の前・蘆屋道満と同列にノーコメント、という謎の反応が取られている。

茨木童子
頼光や金時を超えて3度殺しても飽き足らないくらい嫌いという異様な扱いを受けている。

紫式部
彼女の幼少期に師として陰陽術を教授した。教えた術として「泰山解説祭」が挙げられるが、それがある意味危険な術式であるが故にその性格が若干窺える。
彼女にとってのトラウマだとか。

清少納言
あの道満をも含めて誰にでもあだ名や遠慮無しに接する彼女だが、晴明にだけは苦手意識を持っている。

鬼一法眼
生前から交流があり、晴明に代わってリンボの抑え役を務めている。

Fate/Grand Order

キャスター・リンボ
道満の悪性のみを基に形作られたハイ・サーヴァント
晴明は彼を道満の美点が失われた似て非なるものとみなしており「大莫迦者」、「道満がリンボごときに遅れを取るとは思わなかった」と酷評している。
また、リンボがカルデアに召喚される事を見越していたのか対リンボ用のお仕置き術式を弟子や知人を介し複数遺しており間接的ながら幾度も彼の暴走を諌めている。

藤丸立香
リンボを倒すため平安京に訪れた人類最後のマスター。
要所要所の発言を見る限り、彼/彼女には好意的。

『Fateシリーズ』からはやや外れているが、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』のアニメBD2巻のブックレットではメディアからは「安倍のなんたらなんてド新人」とこき降ろされている。ギャグ的なものであるために、判断材料としては弱い。

余談

なお、伝承では怪奇対策のプロフェッショナルとしての顔が有名だか、史実的には現代でいう天文学者が本業とされる。そのレベルは近代西洋の天体観測に匹敵するレベルだったことが明らかになっており、木星までの惑星の公転周期さえ寸分の誤差で記録していたことが判明した。
その驚異の精度で占星術を為し、その功績は明治維新に至るまで晴明の星読は脈々と土御門氏に継承された。
この偉業から、京都大学理科学研究所天文台の3.8m望遠鏡には「せいめい」の名が贈られた。

また安倍氏は北斗七星の力に肖った呪術に通じ、出世の切っ掛けとなった七星剣再鋳造の際には剣に刻まれて紋様が北辰(=北斗七星)であることを見抜き、また60歳で内裏再建の地鎮を請け負った際には北斗七星の力を借り受ける「禹歩(うふ)」を用いるなど、様々な業績も為している。

そして―――
『FGO』の舞台であるカルデアは、本質は天文台。
安倍晴明が遠からず、星読みの縁からカルデアに来訪する可能性は決して低くない……かもしれない。

関連タグ

Fate/GrandOrder キャスター(Fate) 陰陽師
キャスター(Fate/EXTRA) キャスター・リンボ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 800303

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました