ピクシブ百科事典

サトラレ

さとられ

佐藤マコトによる漫画、及びその派生作品。 周囲に自分の思考を無意識に拡散する超能力的な疾患「サトラレ」を軸とした人間ドラマ。 映画化、ドラマ化、舞台化と、多方面で題材とされている。 また転じて、「サトラレ」のような能力をもった人物そのものを指す言葉ともなっている。
目次[非表示]

サトラレとは、佐藤マコトによる漫画である。

概説

講談社の「モーニング新マグナム(現:イブニング)」にて、1999年から2005年まで連載されていた。
2005年に新シリーズ『サトラレneo』が発表されたものの、未完のまま終了。
現在、2018年より「コミックDAYS」にて『サトラレ~嘘つきたちの憂鬱~』が伊鳴優子によって連載されている。

自分の思考が無意識に思念波となって周囲の人間に伝播する特殊な病気「先天性R型脳梁変成症」、通称「サトラレ」と呼ばれる脳疾患を罹患した人々と、彼らを囲む人間模様、そしてサトラレを管理する政府機関との、複雑な人間ドラマが織り成す群像劇。

ジム・キャリー主演のアメリカのコメディー映画『トゥルーマン・ショー』からの影響を受けており、それを「サトラレ」という超能力疾患と政府機関の監視というアレンジを用いて、よりドラマチックに仕上げている。

2001年に『サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS』として『踊る大捜査線』スタッフであるROBOTと本広克行監督の手で映画化され、注目を集める。
その後、映画のヒットを受けてテレビ朝日のドラマ『サトラレ』として、鶴田真由オダギリジョー主演による恋愛ドラマとして再構成された。


疾患「サトラレ」について

あらゆる思考が思念波となって漏洩する脳疾患
分かりやすくいえば「制御不能、かつ自覚困難な全方位テレパシー」。
作中の世界では、中心人物のみならず各国で罹患者が存在する。
一種の超能力的な側面を持つも、脳疾患であるがゆえに制御不能であり、また当人は誰かしらに指摘されるか、周囲の反応から自覚するしか自身の病理を知るすべがない。

原作において、サトラレの罹患者は例外なく天才となり、国益に多大な恩恵をもたらす存在と認知されている。
それゆえに政府機関による「サトラレ対策委員会」が設立され、サトラレの発見と保護、社会的な弊害への対策に奔走している。

ネタタグとして「サトラレ」

上記原作を基とし、「思考が周囲に駄々洩れ」な状態の俗語として認知されている。

関連タグ

漫画 映画 ドラマ
覚り テレパシー
病気
群像劇 恋愛

泰山解説祭

関連記事

親記事

イブニング いぶにんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サトラレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177183

コメント