ピクシブ百科事典

妖霊星

ようれいせい

”妖霊星”とは、天下が乱れんとするときに現れる伝説上の彗星である。

概要

彗星の別称。

古来より、彗星は大乱や国の滅亡、災害、疫病といった出来事を予告する凶兆と信じられ、人々に恐れられた。

不吉なものと認識されており、彗星が目撃されると陰陽師や寺社が加持祈祷を行ったり、1145年に出現したときには、天養から久安に改元がなされている。

古典『太平記』(相模入道田楽並闘犬事)でも、天下が乱れる予兆として登場する。
鎌倉幕府最後の執権北条高時が妖霊星を見て喜び踊り、それを聞いた藤原仲範という儒者が妖霊星は亡国の予兆であるため鎌倉幕府が滅亡することを予測したエピソードが挿入されている。

関連記事

親記事

彗星 すいせい

兄弟記事

コメント