ピクシブ百科事典

キングフロスト

きんぐふろすと

『キングフロスト』とは、アトラスによるRPG作品『真・女神転生Ⅱ』および派生作品に出演する架空の魔王。
目次[非表示]

概要

女神転生』シリーズを代表する悪魔妖精 ジャックフロスト』に基づいて生まれた初の派生種。

特徴

外見こそジャックフロストをそのまま巨大化したものだが、笏を、カールウィッグ王冠を装着して王と称するに相応の風格を漂わせ、ブフ(氷結)系統の魔法と強烈な凍気を伴う特技を持つ。

形態

第一期

魔王 キングフロスト



真・女神転生Ⅱ』から登場し、『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、『真・女神転生STRANGE JOURNEY』、『真・女神転生Ⅳ』などに出演。頭に色のカールウィッグとの王冠、手に王笏、に真紅のマント結晶を模したペンダントを着用している。

なお、これらの装飾品の一部は『真・女神転生if...』で関連装備品「Kフロストシリーズ」と銘打たれ、人間サイズで作られたレプリカが飽食界カジノ目玉景品として取引されている。

  • Kフロストシリーズ
    名称部位性能付加効果コイン
    Kフロストロッド武器攻177、ALL力+3、知+1、体+2凍結10000
    Kフロストブーツ防15速+3対氷結20000
    Kフロストミトン防17魔+3ノーマル30000
    Kフロストヅーラ防25知+3対衝撃40000
    Kフロストマント防75体+3対火炎50000

カジノ限定品、高額取引、男性専用という厳しい条件に見合った性能を誇り、飽食界進行時点で全て揃えられればバランスブレイカーに等しい力を得られるが、氷結効果耐性、特に氷結無効や氷結反射を備える敵が相手となると、なまじ強力であるが故に途端に窮地に立たされる諸刃の剣と化す。

第二期

ヒーホー!



『真・女神転生 デビルチルドレン』から登場し、先述の作品以外に出演。基礎となった『女神転生外伝 ラストバイブル』のファンタジックな世界観を継承する『デビルチルドレン』で「魔界を統治する名君」の設定が与えられ、カールウィッグが白金の三段重ねに、王冠が金に、マントが南京錠付きの堅牢なデザインに一新された。

そしてデジタルデビルサーガシリーズで第二期の姿が3Dデザイン化されたことで、モデルが流用された各種3D作品(ペルソナ3IMAGINE等)におけるキングフロストは第二期で、逆に2D作品(デビルサバイバー真・女神転生Ⅳ等)では依然として第一期の姿が適用される形になっている。

変遷

真・女神転生Ⅱ

  • ステータス
    種族魔王
    レベル22
    HP220
    MP176
    MAGICブフ、ブフーラ、マハブフーラ、デカジャ
    EXTRAアイスブレス、アイスバウンド


メシア教の重要拠点『ホーリータウン・エリア』で無差別に猛毒ガスを撒き散らす邪バジリスクと同時期に顕現し、大教会礼拝堂を中心に広範、且つ絶大な凍気を発して多くの人命と都市機能を奪う壊滅的被害をもたらす。この被害報告を重く見たTOKYOミレニアムの中枢『センター』の執政官である司教の要請に従い、新たなパートナーベス)と共に派遣された主人公アレフ)によって倒される。

しかし、このバジリスクとキングフロストによるホーリータウン壊滅事件こそ、TOKYOミレニアム最高意思決定機関『元老院』による選民救済計画メシア・プロジェクト」の一端であり、メシアとなるべく創り出されたアレフをメシアたらしめる輝かしい英雄譚を紡ぎ出すためのスケープゴートであった。即ち、この一連の事件は「メシア教上層部による信徒大虐殺」という衝撃的な内容であり、キングフロストはメシア教上層部の何者かの手によって過ぎたを与えられたジャックフロストが既存の悪魔合体法則を無視して数百体、もしくは数千体単位の同種合体を果たした末に魔王級の魔力を得た人造変異種だったのである。なお、キングフロストの発生について宝島社刊「真・女神転生Ⅱ悪魔大辞典」では、“ジャックフロストが無数に合体し、その体を作っている雪の量を増やしていけば、キングフロストになるのではないかと思われる”と記載されている。

後にリメイクされたGBA版では、周回プレイを条件に入手フラグが発生する隠しビジョナリーアイテムの1つ『氷の王冠』の再現映像を通じて事件とセンターの関連性がより明確に描かれ、事件に暗躍した司教の一部始終が明らかとなった。

本来の姿であるジャックフロストが持つブフとブフーラに、この時点では極めて厄介なマハブフーラ(全体氷結ダメージ+FREEZE)、さらには特技のアイスブレス(1~3回氷結ダメージ+FREEZE)とアイスバウンド(全体氷結ダメージ+FREEZE)が加わり、攻撃の大半が「凍結による一時的行動不能」を前提とした強敵。ごく普通の進行を経て対峙した段階ではレベル、装備品性能のいずれもが乏しく、弱点となるアギ(火炎)系統の魔法を持つ仲魔も頼りない上、魔法と特技の連発でFREEZEの連鎖から抜け出せないまま押し切られてしまう場合が多く、半ば運任せの勝利を願う序盤随一にして作中屈指の難関としてプレイヤーの前に立ちはだかる。

デビルサマナー ソウルハッカーズ

  • ステータス
    種族魔王
    レベル79
    HP19409
    MP3231
    MAGICマハ・ブフーラ
    EXTRAアイスブレス、メガトンプレス、高揚の、ハテナ・ボックス、自爆


本編クリア後のセーブデータに出現するエクストラマップ『次元の回廊』第一エリアを司る強敵。この作品から、人造変異種ではなく純然たる一個の魔王として登場するようになる。

マハ・ブフーラとアイスブレスにのみ前回の名残を留める一方、アップテンポのファンシーBGMとは裏腹にメガトンプレス(全体物理攻撃)、高揚の歌(全体HIGHによる強制行動)、ハテナ・ボックス(性格が「冷静」以外の仲魔をCOMPに強制送還)など凶悪な癖を持つ特技を揃え、そもそもステータスが劇的に上昇しているために前回のような単純な氷結対策や火炎攻撃ではが立たなくなっている。

さらに、HP残量が7割を切ると急に「今年の冬は寒くなるよ・・・」のメッセージと共に防御態勢を取り、次のターンには「何も知らずに一気呵成の攻勢に出るプレイヤー一行に自爆(全体物理超ダメージ)を仕掛けて道連れを目論む」という捨て身の一手すら備える初見殺しの鑑。

しかし、前回とは違ってプレイヤーレベルや熟練度には幾らも余裕があり、同行する仲魔の選択肢が多岐に渡るというメリットが大きく働く分、魔法では高位のアギ系統やメギド(無属性)系統と自爆対策のテトラカーン(全体物理反射)、特技では炎の(氷結軽減)を持つ有能な仲魔を吟味すれば二度目の敗北を味わう確率は低くなる。

デジタルデビルサーガ

  • ステータス
    種族魔族
    レベル?
    HP4200
    MP10000
    SKILL空からの贈りモノ、大冷界、突撃フロスト衆、パワーウェイブ、ブフーラ、ブフダイン、マハブフーラ、マハブフダイン、メギド

本編“ポイント136”クリア後、同ダンジョンで発生するサブイベントの隠しボスとして登場。
ポイント136の新たなキングを名乗ってHip&Hopブラザーズの片割れであるジャックランタンを配下に収めて、一階ホールにある宝箱の解錠を命令している。サーフはその鍵探しのためにポイント136内の悪魔を撃破して回ることになるのが当イベントの概要だが、宝箱の内側の模様がジャックフロストの顔だったり、扉の前の選択肢で“邪悪な気配を感じる”と書かれたりなど、小ネタが多い。

初3D作品ということもあり、物理半減・火炎無効相性、背中の筒から弾き出されたジャックフロスト二体を合体させてより強化された個体を増援に呼ぶ“空からの贈りモノ”、胴体の扉から無数のジャックフロストが飛び出して攻撃する“突撃フロスト衆”、強力な冷気で全てを凍てつかせる“大冷界”を初めとした豊富な氷結攻撃スキル、凍結した戦闘フィールドなどシリーズ作品の中でも際立った優遇をされている。

真・女神転生 STRANGE JOURNEY

  • ステータス
    種族魔王
    レベル40
    HP572
    MP257
    SKILLマハブフダイン、メディアラハン、爆砕拳

※エネミーサーチで登場する個体データ
種族は“魔王”で、デザインは真Ⅱと同じ。ジャックフロスト、フロストエース、じゃあくフロストによる特殊合体限定の悪魔。
本編には直接関わらないが、セクター・エリダヌスにおいてエネミーサーチ・タイプAで登場する。
話しかけると『頭が高いホー!』、『人間なんて、みんなオイラの家来にしてやるんだホー!』等、高飛車かつ尊大な台詞を言う。
DDSATシリーズに引き継いで専用スキル“大冷界”を使用するが、追加効果に『即死』が付加されたことから氷結耐性の無い悪魔に対してはスキル依存のダメージに加えて、討ち漏らした相手にも即死効果が発動する二段構えという無類の強さを発揮する

真・女神転生Ⅳ

  • ステータス
    種族魔王
    レベル37
    HP445
    MP88
    SKILL大冷界、コンセントレイト(38)、氷結ギガプレロマ(40)

種族は“魔王”で、デザインは真Ⅱと同じ、また特殊合体限定悪魔で、本編には関わらないのは真SJと同様。
今作ではHP特化型のため初期ステータスでは自慢の“大冷界”を一発撃つだけでMP切れに陥り、防御相性もじゃあくフロストに劣ることから、残念な性能に甘んじている。
しかしながら、真Ⅳ独自のシステム『ウィスパーイベント』によって仲魔のスキルを主人公に継承でき、また悪魔合体によるスキル継承が簡易な今作では合体を繰り返せばレベル40代で最高峰の氷結属性スキルをパーティ全員に実装させることも夢ではない。
特にスキルレベル8まで成長させた大冷界の威力と取り回しの良さは目を見張るものがある。

真・女神転生ⅣFINAL」にも続投。レベルが30、初期HPが319に下がったが、その分MPが233と急上昇し、大冷界の代わりに新規スキル“キングブフーラ”を所有する。
特殊合体の素材が低レベル帯の一般出現悪魔になったことで仲魔にするのが簡易で、“キングブフーラ”が燃費の割に敵全体対象かつ追加効果持ち(命中・回避低下)なので、軍勢系悪魔の仕様が強化され、その反面スキル枠のやり繰りに苦労する当作では攻略面において頼れる存在であり、単純な能力値以上のポテンシャルを秘めている。
本編にも久々に絡み、多神連合に唆されて「妖精の森」に隠された宝物を得るために水源を占拠し、ナパイアの依頼を受けて現れた主人公と交戦する。氷結攻撃一辺倒なのはご愛嬌だが、戦闘途中から“スマイルチャージ”でニヤリ状態になってキングブフーラを繰り出すというなかなか凶悪な戦法で猛攻をかけてくる。

関連タグ

悪魔 妖精
アトラス 女神転生
仲魔 ジャックフロスト

pixivに投稿された作品 pixivで「キングフロスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10714

コメント