ピクシブ百科事典

サルーイン

さるーいん

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『ロマンシング サガ』『ロマンシングサガ ミンストレルソング』に登場する神の一柱。
目次[非表示]

概要

ロマサガの世界マルディアスにおける神々の一柱。
本作のラスボス。
破壊の女神サイヴァの心臓から生まれた存在で、同じく骨から生まれた兄デス、髪から生まれた末妹シェラハと合わせて三邪神と呼ばれる。
その中でもサルーインは三邪神で最強の神と目され、もっとも危険な神と恐れられる。
破壊と憎悪の性質を持つ。

かつてモンスターを率いてマルディアスの神々と人間達に戦いを挑み、デスとシェラハは最終的にマルディアスの神々の力の前に屈したが、サルーインだけは戦いをやめようとしなかった。
その為、神々の王エロールが作り出した10個の宝石(ディステニィストーン)を与えられた人間の戦士ミルザによって封印された。
これは、ディステニィストーンの力があったとはいえ、神にとっては道具でしかない人間に敗北した形であった。

その後、1000年間にわたり人間への憎悪を深め、恥辱を濯ぐ日をひたすら待ち続けていた。
この姿は神としては精神的に非常に幼いものであり、ミルザに敗れた事実には正面から向き合おうとせず、人間を作った神エロールの仕組んだ罠と決め付けている。
人間に敗けたという失敗から何も学ぶことをせず、成長する様子がまるでなく、兄デス・妹シェラハと比べても歴然とした差がある。
こうした未熟な性格でありながら非常に強い力を有する事は、周囲から恐れられるに十分な理由であろう。

ただ、自身を封印したディステニィストーン自体の力には着目しており、自らディステニィストーンを製作・凶獣ジュエルビーストに埋め込むなどを行っている。
また、復活の準備をするにあたり3体のミニオンを作り出し、自身の意思を反映させた分身として、マルディアスの各地で悪行を行わせながら復活の助力とさせている。

戦闘スタイル

ロマンシングサガ

原作では、サルーインソードと呼ばれる巨大な特殊剣を携え、非常に強力な一撃を見舞ってくる。
これをどうしのぐかが攻略の最大の要点である。
生半可な防御力では一撃死するうえ、アニメートの術法で死体を操って同士討ちさせるため、死者が出ると戦線が一気に崩壊する可能性が高い。
また、並外れた知力を持っているため、ランクの低い術であってもかなり高いダメージを受ける。
さらに、6ターン目まではダメージを与えても全回復してしまう為、この間は耐える必要がある。
幻体戦士や竜幻・四天王の召喚など、あらゆる手を尽くして乗り切ろう。

ミンストレルソング

リメイクでもサルーインソードを携えた姿は変わらないが、攻撃だけでなくディフレクトにも使用してくる。
通常攻撃は原作に比べれば弱いが、技のレパートリーが増えており、しかも術を使えば独自の追加効果がプラスされている。
ある程度ダメージを与えると今回は変形するようになっており、変形後はサルーインソードこそ使わなくなるが、フィールド中に大量に発生させた柱の力でダメージを大幅に軽減させてくる(サルーインを殴るたびに壊れそれに応じてダメージ軽減率も低下する)他、ほぼオーバーキル確定+即死つき(=リヴァイヴァ無効)のゴッドハンドによって圧倒的な戦闘能力を見せる。規定ターン数以内に柱を壊し切らないと全体攻撃「剣の雨」を使ってくる為ある程度は積極的な攻めを強いられる。

更なる強化

本作では、サルーインをかつて封じる為に使用したディステニィストーンがもしサルーインの手に渡ったとき、サルーインの強化に使われるようになっている。
ラストダンジョンに入る時に装備してなかったり、イベントで敵に奪われたり、手に入れるイベントが未遂に終わったりした場合、それらのディステニィストーンが自動的にサルーインに捧げられる。
当然、サルーインはそれを直に装備するため、対応する術が効かなくなるばかりか、サルーインのパラメータそのものまで強化される。また、オブシダンソードを捧げた場合はサルーインソードの代わりに武器として使用してくる。
1周目は5個分までで、ここまでなら強化度合いはさほどでもないが、2周目以降はプレイヤー本人がこれを捧げられるようになり、6個目以降から加速度的にステータスが上昇していく。10個全てを捧げた状態は通称「真サルーイン」「真猿」と呼ばれ、強いラスボスとして挙げられる筆頭格である七英雄をしのぐだけでなく、サガシリーズひいてはRPG全体で見ても屈指の強敵となる。大半の能力値が90以上になり、知力・精神・魅力はカンスト。行動回数は最大4回となり、全体攻撃「心の闇」が悪夢、呪いなどの致命的な状態異常を引き起こす。HPは未強化時の3倍となる9万(北米版では12万)もあり、長期戦が必至な為LP管理も厳しくなる。酷い時にはゴッドハンド4連発でパーティが壊滅→回復が間に合わずアニメートなんてことも…。アニメートの先手を打って蘇生する為にも素早い回復役を用意しておこう。

外部作品への参戦

同社のアーケードカードゲーム「ロードオブヴァーミリオン3」のVer3.0でゲスト使い魔として参戦。
種属は神族、ジョブはアタッカー、タイプは「邪神」、コスト60、ATK80、DEF100という中型使い魔として扱われている。
ややATKが物足りないが比較的バランスのとれたステータスで、超覚醒時にアビリティ「サルーインソード」が発動する。
効果は「自身のATKを上昇&攻撃した敵ユニットに防御力無視の追加固定ダメージ」という比較的シンプルな効果だがATK上昇値は高く、超覚醒時のステータスはHP650、ATK250、DEF200となり追加固定ダメージも15と高い。
このATKと固定ダメージの前では不用意にサルーインの接近を許した低コストは瞬殺され、高コスト使い魔も有効打となり得るダメージを受けかねない。特にアタッカーが弱点のマジシャンは接近させる事自体が死亡フラグ
しかしATKしか強化されずDEFもそこまで高いものではないので慎重な運用が求められる。
とはいえ、ディフェンダーが多い神族にはこの高ATKを持つアタッカーは魅力的でありディフェンダーが苦手とするマジシャンに対抗する為に採用されやすい。サルーインとしても相性補完の為に近いコストのディフェンダーとの同時運用は理にかなっている。

関連イラスト

ロマンシングサガ

サルーイン
サルーイン


ミンストレルソング

左が第1形態、右が第2形態のもの。

サルーイン
必殺!ゴッドハンド


関連動画

ロマンシングサガ


関連タグ

ロマンシングサガ/ミンストレルソング
邪神 三柱神
デス(ロマサガ) シェラハ ミニオン(ロマサガ)

pixivに投稿された作品 pixivで「サルーイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49370

コメント