ピクシブ百科事典

和泉穂多琉

いずみほたる

和泉穂多琉とは、ゲーム「ときめきメモリアル3」に登場するヒロインの1人。 隠し攻略キャラであり、隠しキャラでありながら本作のいわばラスボスである。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日:1986年10月12日
血液型:O型
身長:160cm (1年目)、161cm (2年目)、161cm (3年目)
スリーサイズ:B83 W57 H84cm (1年目)、B84 W57 H85cm (2年目)、B85 W58 H86cm (3年目)
(数字は全て攻略本準拠。ゲーム内で他のキャラに聞いた場合、これに小数点以下が付く。)
声:片岡千珠

キャラクター

新たに追加された「趣味コマンド」中の「WEBサーフィン」で管理人が趣味で自作曲を発表している「月の雫」というサイトを見付け、何度か適切なメール交換を続けていると登場する。『3』の場合隠しキャラと言っても一旦登場すると2人とも普通のキャラと攻略法は変わらなくなる。特に『1』・『2』の芸風(?)に慣れたプレーヤーなら、WEBサーフィンという新要素に飛び付かない訳はなく、メールを送信出来る個人サイトなど見付けたら食い付かない訳が無いwので、早々に穂多琉攻略に熱中したプレーヤーは多かった。しかし穂多琉をクリアするためのハードルは半端無く高く、詩織華澄先生を攻略してきた歴戦の勇者達が悉く討ち死にしていった。

所属はテニス部か生徒会。学力・運動能力とも極めて高く、暗い過去を背負っていて他人を避けている…というどこかで聞いた事のあるような憂いを帯びたキャラで、実際前作で八重花桜梨にハマった人はかなりの確率で転んだと思われる。『3』の中では人気も非常に高い。

事故

『4』発売時点で唯一過去に彼氏が存在したキャラである。ただしその恋人は事故死しており、同じ事故に巻き込まれた穂多琉も重篤な後遺症のため入退院を余儀無くされ、心にも深い傷を負う事になった。進め方によっては何度目かの手術が失敗し帰らぬ人となってしまう。その際裏で「臓器提供フラグ」が立つらしく、渡井かずみの父親に臓器提供がなされたらしいと推測されている。全体に死や病気・怪我の絡むシナリオの多い『3』の中でも最も死の影の濃いキャラと言える。無論、適切に進めていけば彼女は後遺症から解放される。

エンディング

通常のプレイでは月の雫を介してメール交換をしていたのが自分だと主人公が穂多琉に明かす事はないが、改造コードを使う事で主人公が最後にそれを明かす所謂「真エンディング」を見る事が出来る。穂多琉は気付いていたと言うが、何時頃気付いたのか聞いても「内緒」とはぐらかされる。

ニコニコ動画「ときめきメモリアル3 ED 和泉パターン違い」

関連タグ

ときめきメモリアル3 渡井かずみ ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「和泉穂多琉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9393

コメント