ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

花園羽々里

はなぞのははり

漫画『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』に登場する6人目のヒロイン。
目次 [非表示]

「恋太郎ちゃん 私と付き合ってちょうだいッッ!!!!♥♥♥♥♥」


プロフィール編集

氏名花園羽々里
性別女性
年齢29歳→30歳?(※1)
所属お花の蜜大学附属高等学校(理事長)
誕生日5月12日 ※2
星座牡牛座
一人称(わたし)
CV上坂すみれ

※1:劇中で母の日(5月8〜14日)を迎えているため、可能性あり。

※2:133話にて判明。由来は連載開始年(2019年)の『母の日』からだと思われる。

   原作1話の「平成三十一年入学式」の記載から、作中が2019年(平成31年/令和元年)であり、そのため2019年の母の日に由来するという説も。


概要編集

君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の主人公、愛城恋太郎に告白をした6人目の運命の人。

資産家である花園家の当主であり、世の未亡人たちと同様に最愛の人を亡くしており、現在は恋太郎たちが通うお花の蜜大学附属高等学校の理事長を務める。

恋太郎ファミリーの中では薬膳ヤクに次ぐ年長者だが、ファミリーの中でもトップクラスにぶっ飛んだ性格。

その他にもラブコメ漫画としては異例の様々な要素を詰め込まれている。


容姿編集

プロフィールにもある通り年齢は29歳だが、女子高生の娘がいるとは思えない程に若々しい見た目をした長身の女性。

娘である羽香里同様の桃色の髪足まで届くほどに伸ばし、花型の髪飾りを散りばめている。

娘以上にグラマラスな体型をしている大人の色気に満ちた豊満美女であり、バストサイズはファミリー最大のIカップ。唐音約60個分の「ビタミンπ」配合!唐音「○すぞ」

プライベートでは、胸元と腰回りの開いた白いロングドレスを着用していることが多い。勤務時は髪を後ろで纏め、リクルートスーツを着ている。

少女時代はやや髪が短く、髪型変更回で再現された。


人物編集

上記の情報と名前と苗字からも判る通り、恋太郎の彼女の一人である花園羽香里実の母親である。

登場してすぐは娘の羽香里を過保護に愛でる冷徹な母という出で立ちで、話に聞いた恋太郎の事を「5股の蛆虫」と蔑み(5股自体は本当だが)、娘にたかる害虫として排除しようとしていた。


が………。


恋太郎と直接対面するなり例のビビーンが走り、自分の方から交際を申し出た。あんたやっぱり羽香里の母親だわ。


それ以降は恋太郎と恋太郎ファミリーを娘同様に愛でまくるバブみの化身となり、今に至る。


彼女が恋太郎の6人目の彼女になった時には、流石に先に彼女になっていた5人(特に唐音と羽香里)は衝撃を受けていた。


唐音「か…彼女の母親…」

羽香里「実の母…」

楠莉「未亡人…」(楠莉は羽香里の父が亡くなっていることを知らない為、アニメでは「大人の女…」に変更された)

「〝混沌〟…」

凪乃親子丼…」


娘とは外見だけでなく性格も似ており、恋に落ちると周りが見えなくなってしまう所がある。


超大金持ちの資産家であり、金に物を言わせた超展開を繰り広げる愉快な人。その行動力は凄まじく、恋太郎と恋人になった翌日、彼が通うお花の蜜大学附属高等学校を丸ごと買収して理事長の座に就いてしまった。

彼女曰く「(恋太郎に)会いたすぎて学校買収しちゃった♥」とのこと。

欲望に特に忠実で可愛いものが大好きで、現在はファミリーのみんなを愛でたくて愛でたくて壊れ気味。お付きのメイドである芽衣には幼女は国宝とさえ断言し、静と楠莉のコンビが特にお気に入り。 そして、そういった尊いシチュなどが展開されると大体劣情を催しており、涎を垂らしたり、鼻血を噴き出しており、終いには魂まで飛び出したりしている。ちなみに愛読書はひよこクラブ


色々とぶっ飛んでいるため、楠莉からは祖母のヤクにヒロインの特徴を教える際に「おっぱいのでけー変態」と称された(彼女と同じような紹介をされた羽香里と羽々里は猛抗議していたが、唐音と胡桃に冷静に「お前(のことだよ)」とツッコまれていた)。尚、その際に他の彼女の特徴も楠莉がまとめて紹介した為、ヤクは整理がつかず様々な彼女の特徴が全く別の彼女と特徴が結びついた結果、その彼女達のイメージ図がとんでもない事になった(緊縛好きな芽衣さん、弱々しすぎる、フードジャンキーな美々美先輩など…)

そして、羽々里に当てられた属性が芽衣の「すげーめいど」。まさかの主従逆転のような状態に。では、羽々里のイメージは誰に結びついたのかというと、よりにもよって真逆のスタイルの唐音であり、あまりに違いすぎる容姿が結びついた事で、唐音も年上のヤクに向かって「老眼鏡買ってこい!」と突っ込んでしまった。


勝気な性格ながらも本心では親に甘えたい願望を秘めた土呂瀞騎士華とは需要と供給がかみ合いすぎており、騎士華加入回ではファミリー全員の前で堂々と自分の乳を吸わせた


反抗的な胡桃には母性がくすぐられるのか一方的な親愛の情を持っており、髪の毛で彼女に襲いかかったりキスをしたり(キスに関しては胡桃の意図を汲んだ恋太郎に頼まれた)等と、結構犯罪スレスレの行為をしている為か本人には割と辛辣な対応をされている。(騎士華加入までは専ら胡桃が母性行為のターゲットにされていた)

1回だけ、とある事情で胡桃を胸に埋めた際に胡桃が胸を食べ物と勘違いし、甘噛みされた際はとんでもない勢いで飛び上がり、嬉しさのあまりしばらく動けなくなっていた(その様子を見ていた羽香里はあまりの親の痴態に顔をしかめ、唐音達に同情されていた)。


身体能力は基本的に普通の女性だが、娘の危機には親の愛の力を発揮し、腕力最強クラスの唐音にしがみ付かれても抑え切れないパワーを見せている。

また、学校の理事長ではあるが、根は善良な性格の為に公私混同は余り好まず、例え恋太郎ファミリーのメンバーでも校内で特別扱いすることはない。その為、育の野球部の廃部問題やナディー先生の言葉遣いが他の教師に注意された際も理事長の権力を行使することはしなかった。

ただファミリー入りする前のナディーを可愛いからという理由で即教員に採用したり、ヤクタマに同じ理由で来校許可を出したり、ほぼ私欲で頻繁に学内行事を催したりと結構職権濫用気味。

一応、愛々が新聞部の標的になった時は生徒を守るという理由から理事長として注意を促している。もっとも、逆に弱みを握られて役に立たなかったが……(恋太郎ファミリー全体を守るという意味合いではこうするしかなかった)。


また理事長の立場が関係ないところでも、同じく「可愛いから」という理由で、路頭に迷っていた頃の芽衣を助けていたり、タマが自分の所有する工場で働ける手筈を整えたりと、かわいいは正義を地で行く人物である。(一応それぞれ、生きる意味や目的を与える・社会復帰のお膳立てをするという、当人たちのためになる真っ当な側面もあったりある)


彼女の過去と現在編集

彼女が羽香里を妊娠・出産したのは中学時代だが、いわゆるできちゃった婚ではなく、そもそも結婚自体していない。愛した人を余命幾ばくもない病で喪うことから、彼の “生きた証” を残すため中学2年生の頃に人工授精を通して羽香里を出産した経緯がある。

そのため、厳密には未亡人ではなく未婚の母。


羽香里の事は心から大切に想っており、常に強い愛情をもって育ててきたし、羽香里の存在は彼女にとっては幸せではあったが、決して彼女にとって“羽香里”は愛した男性の代わりではなく、「本当にあの時に信じていた幸せな人生だったのか?」と己に問い続けて生きてきた。

その為、一時の恋心に惑わされて人生そのものを台無しにしない為、娘を不幸にしかねない現在進行形で絶賛5股をしていた恋太郎と無理やり別れさせようとした。

ここまでならば、単に非常に強い芯を持った美人なシングルマザーである。


しかし、羽香里を恋太郎と別れさせようとしたその同日の夜。防犯装置をかいくぐって屋敷に忍び込むために恋太郎が点眼していた「赤外線が見える(副作用として赤外線以外が見えなくなる)目薬」の効果が、上述の経緯を知った恋太郎が感動の涙を流すとともに薄れていき……




ビビーン!


掲載当時のアオリやりやがった!!マジかよ恋太郎マジかよ運命ッやりやがった!!


羽々里にとっても恋太郎が運命の人であると分かり、一目惚れ。その場で恋太郎に告白した

本記事の冒頭に記述されているのは、その際の発言である。

羽香里との母娘関係自体はそこそこ良好だが、流石に同日にあれだけ脅しをかけていたのに、自分はさらっと娘の彼氏に告白していたという行為はそれなりに羽香里に恨まれてはいたりする。


羽々里の母親としての芯の部分自体は極めて強いものであるが、『「恋に落ちると周りが見えなくなってしまう」花園家の血筋』も強いものであり、その後は恋太郎の彼女に加わった。


それまでは色々なしがらみを抱えて生きてきたこともあって冷静沈着なスーパーウーマン然としていたが、恋太郎と恋人になってからは肩の荷が下りてしまった為か、己の欲望に正直すぎる残念な人になってしまった。息をするように痴態と醜態をさらけ出しているため、娘にとっては頭痛の種であり、事実母親の醜態を目にする度、顔をしかめたり、唐音と共に制裁を行うなど、普段母親に負けず劣らずスケベな羽香里でさえ頭を悩ませている。

しかし、恋太郎の事になると息の合ったコンビネーションを見せる。


羽香里の父親編集

【100カノ】永遠も約束もないけれど【パパ羽々】

(↑のイラストの右の男性。CV:石田彰)

実は花園家の人間は知らないが、羽香里の父親は羽々里と羽香里が心残りでずっと成仏できなかった。(アニメでは、恋太郎と対面する前から窓に写るなどよりその一面が強調されていた)

また、羽々里もそんな羽香里の父親のことも一途に愛し続けており、恋太郎に対する恋心を覚えながらも、羽香里の父親への愛も捨てきれずにおり、板挟みの感情に陥った。

しかし恋太郎は、そんな羽々里に対して「心からの愛が二つあっちゃいけないなんてだれがきめたんですか!!」と、羽香里の父親を愛しながらも自分を愛する羽々里を肯定する。

そうして、羽々里を自分と言う呪縛から解き放ってくれた男が現れて、漸く彼も現世に対する未練が無くなり、まるでバトル漫画の様なテンションで成仏した

後に羽々里髪暴走回や9巻のおまけ一コマに登場。羽々里の暴走を止める恋太郎を手助けしたり、本気グループの極楽湯に浸かってしまい昇天しかけた恋太郎ファミリーらの魂がまだ天国に来ないよう必死に阻止していた。


作中での立ち位置編集

メタ的に言えば、羽々里のファミリー加入は本作における大きなターニングポイントの1つである。


5人目まではメンバー全員が高校生だったため、まだギリギリ普通のラブコメのレベルであったが彼女の母親にして母性の権化という色んな意味でエキセントリックな彼女が彼女数が2桁にも行ってない段階で加入したことにより、ただでさえ100股を目指すという常軌を逸した設定のこの作品を冗談抜きでなんでもありにしてしまい、より混沌を極めることになった

この事は作中でも少なからず影響しており、恋太郎も自分の身内や彼女の家族に会う際には「もしかしたら運命の人かもしれない」と身構えるようになっており、特に彼女の御宅を訪問する際は細心の注意をはらっている。現に年下の従妹彼女の祖母ともビビーンしてしまっている。


また、上述の通り理事長かつ資産家なことから、学内行事や集団遠出にコスプレといった、下準備や理由付けが必要・学生では金銭に負担の掛かりそうなイベントを円滑に行いやすくなっており、物語の展開の幅を広げることにも貢献している。


余談編集

名前の由来は「母」から。

色んな意味で強すぎる母性を持て余している彼女には最適な名前である。

作中の色んな奇行ぶりから原作読者からは「ヤツ」呼ばわりされている。


実は当初、羽香里の母の他に姉も登場し、母が敵に、姉が彼女になるという構想だったが、新キャラクター2人に大きくページ数を割くことになり、既存の彼女たちの出番が減ってしまうため、両方とも母に集約することになったことが中村力斗×赤坂アカ対談で明らかとなった。


アニメでは編集

本作のアニメ化が決定し、公式サイト等で主人公の恋太郎や娘の羽香里薬膳楠莉までの恋太郎の運命の人のメインビジュアルと声優が公開された。当時の単行本の範囲に登場していた運命の人(原賀胡桃盆能寺百八)は後ろ姿のみ写っていたが、何故か羽々里のみ後ろ姿が映っていないという不自然なビジュアルだった。

放送開始後も100カノのグッズでは明らかに羽々里を意識したシークレット枠が存在し、普通のアニメなら円盤やCDの情報が出回っていてもおかしくない時期を過ぎても全く情報が公開されないなど、羽々里に関する情報だけ一向に解禁されない形で情報統制が敷かれていた。


そのため一部のファンの間ではアニメは羽々里がラスボスになるのではないかという説が挙がっていた。

そして、アニメの放送が始まり2話でOPが公開され、その映像の中に(顔は隠されているものの)暗い部屋にいて、怖い雰囲気を纏ったいかにもラスボスらしき風貌で登場。

これにより、アニメは羽々里編をやる事が確定した(一応、先行キャラクターPVに羽々里編への導入になるフラワーパークのシーンがあった為、その時点で一応確定していた)。


↓OP(1:10辺り)

尚、毎回このシーンがニコニコで映る度、彼女の奇行が赤字の文章で埋め尽くされる


迎えた9話の先行カットにて、ついにアニメ版のビジュアルが登場。無事にCVも解禁されたが、(彼女の奇行を踏まえて)担当声優のこれからの声優生命を心配する声が原作勢から上がった。なお当の本人はノリノリどころかクレイジーなレベルで熱演していた。杞憂にも程があったようで。


そして迎えた彼女の恋太郎ファミリー加入回は特殊EDが流れた。が……

上記の動画を観てもらえばわかるが、今日のエンディングは私が買い取ったから好きにしていいわよね♡という第四の壁を金の暴力でぶち壊す彼女らしい曲名。内容もカオスとしか言いようがなく、初見勢の裏で笑いを堪えていた原作勢たちすらも困惑させた。


なお、原賀胡桃須藤育美杉美々美華暮愛々の4人は最終回のスタッフロールで台詞を発してこそいないが、恋太郎が花園邸から学校の屋上に向かうまでの間に登場している(ただし、胡桃は恋太郎がコンビニを通り過ぎた後にコンビニから出てきた、育は素振りに夢中で気づかない、美々美は窓ガラスに映る自分の姿に夢中で廊下の方を見向きもしなかった、愛々は恋太郎が階段を登った後に下の階の廊下を通過したなど共通して恋太郎に気付いていない)。

銘戸芽衣に関してもメイドという扱いではあるものの羽々里編にて登場しており、胡桃に先駆けて声優も決まっている。


関連イラスト編集

ははりさんだいすき今日のエンディングは私が買い取ったから好きにしていいわよね♡

羽々里羽々里さん


ラスボス時代のもの

花園 羽々里


関連タグ編集

君のことが大大大大大好きな100人の彼女  シングルマザー 理事長 母性


ラスボス:アニメ版(第一期)の山場を務めた羽々里に当てはまる。…のか?


恋太郎の運命の人編集

薬膳楠莉→ 花園羽々里 →原賀胡桃


関連する他作品のキャラクター編集

  • 柚原春夏:『メインヒロインの実母』という共通点がある。しかし、主人公とは初対面の時から印象は良く、娘と主人公を引き裂くような事はしていおらず、羽々里とは違って夫は存命であり仕事(自衛官)の関係で別居している。
  • クレア・マジョラムみつめてナイトに登場するヒロインの1人。こちらも健全なギャルゲーでは珍しい未亡人キャラだが、初登場時の年齢は27歳である、劇中で未亡人になる、実子がいない等の相違点もある。
  • 星野アイ:十代で子供を産んだという共通点があるキャラ。こちらも産んだ経緯に『愛』が関わっている点が共通しているが、両者の理由が「確かな愛が存在していた証拠を残したかった」羽々里と、「確かな愛を知りたかったから産んだ」アイであり、動機は共通していてもののその中身は真逆となっている。なお中の人は須藤育を演じている。
  • スーパークリーク(ウマ娘)源頼光(Fate)雲母麻美:他のキャラクターに対して母親として振舞おうとしている人物。ただし実際に母子関係があるというわけではない。
  • ティアマト(Fate):キャラクターに対して母親として振舞おうとしている人物。血縁関係こそないが、こちらは神話的に見ても全人類の母親だと説得力がある人物。

関連記事

親記事

恋太郎ファミリー れんたろうふぁみりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2262108

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました