ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

恋太郎ファミリー

れんたろうふぁみりー

漫画・アニメ『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』に登場する彼女となったヒロインたちの総称。
目次 [非表示]

概要

愛城恋太郎の彼女である女性たち。

恋太郎の運命の人は総勢で100人いるとされているが、その中の作中で登場し、恋太郎に応えて彼女になった女性たちの集団の総称。


一言で言えば、主人公のハーレム。しかし、ハーレムである以上に彼女たちの仲自体が非常に良好なため、どちらかと言えば、主人公を中心にした女子による仲良しグループに近い。

放課後は学園の屋上に(予定が合えば)集まり、何人かごとに分かれて遊んでいたり、全員で新規加入者を歓迎したり、1名~数名が恋太郎とデートに出かけたりしている。距離感も割と近く、個人ごとの性格による多少の差はあるが、ツッコミポジは相手が先輩や教師といった年上の相手であってもタメ口で呼びツッコミを入れ、時にクロスボンバーをボケた者に放つなど遠慮も無い。


加入した順の前後のキャラクターとは特に仲や相性が良いようで(羽香里と唐音、静と凪乃、芽衣と育、妹と百八など多数)、コンビでのエピソードや場面、絡みも多い。


なお名称は原作第14話にてその時点のメンバーでフラワーパークを訪れた際、月一のブーケトスイベントに参加した時に静用に応援の旗代わりに作ったものに書かれたのが初出。(命名者は恋太郎)

他、第62~63話で行われた学園祭でアイドルとして当時のメンバー13人が出た際のグループ名にもなっている。羽々里が盗撮した動画を見たため、エイラのように学外でもファミリーのことを知っていた者も作中にはいる。


ちなみにファミリーのメンバーは強烈な個性の持ち主ばかりということで、はたから見れば「とてつもなく恐ろしい」「奇人だらけ」な集団と見られることもある。さらにこの漫画世界においても「1人の少年に対し彼女が数十人、かつある意味で平等に健全に付き合っている」というのは奇異に映る様子(しかし第130話にて「常識」が漫画世界から失われてしまったため、今後どうなるかは不明)。


なお他作品では一級フラグ建築士の主人公の周囲にいるヒロインが他のヒロインを出し抜くためにこっそりとデートに出かけようとしたり、あるいは逆にそれを阻止しようと他のヒロインが妨害したりするが、恋太郎ファミリーの場合はデートは複数人は当たり前、場合によってはメンバー全員で出かけるなどもしている。さらには私的な理由やスケジュールの都合などで、誰か一人が恋太郎とデートに出かけるとなっても嫉妬を起こしたりはしない。145~146話でメンバーの一人がプロポーズされたと聞いても、他のメンバーは驚いて説明を求めこそしたが険悪な雰囲気にはならなかった。

基本的に『恋人を奪い合う』ということが無く、彼女同士で恋の相談に乗ったり助け合うことも当たり前。

この辺りは彼女たちの仲の良さに加えて『全員が本命』だという作品のカラーも影響しているのだろう。


中心人物

CV:加藤渉

本編の主人公にして、ハーレムの主。

基本的に彼の元に集うのは美女・美少女だけなので、「ハーレムの主」と言う一面だけを見ると、まるで「大量の女に尽くされるだけの1人のヒモ」の様に思え、最初期の男性読者から羨ましがられたり、嫉妬されたりして非常にヘイトが集まりそうだが、実際には100人の主人に尽くす1人の(愛の)奴隷と言っても良いレベルの苦労人である。

彼女たちからの扱いが悪いわけではないし、それどころか彼女達からも強い愛情を受けているが、それでもその彼女たちへの献身ぶりによってファミリー内のキャラの濃い彼女達を全員抱えこめる唯一無二の存在であり、口だけではなく文字通り体を張って彼女達を愛するその姿は、真の漢と言っていい。その為、彼を応援する読者の方が圧倒的に多い(というか彼が100人の彼女と結ばれなければならなくなったのは神様のせいである)。


恋太郎本人の素養はもとより、後述の理由から100人全員幸せにしないと腹切って死ぬと宣言しており、彼女達へのフォローもすかさず行う行動力の高さも彼の持つ魅力の1つ。しかし、彼女達の好きな所を2ページに渡って語り続けたシーンは多くの読者に衝撃……というか恐怖を与えた。

誰が言ったか愛しか知らない怪物(モンスター)

※正確には「愛しか知らない化け物か」で、60話で育とのデートの際、バッティングセンターで隣り合ったややイヤミなカップルの男性の方が言った台詞。似た用語と混ざって広まってきている様子。


ファミリーのメンバー

恋太郎の運命の人によって構成されたハーレム。設定から100人存在するとされている。

現時点で20人を超える彼女が登場しているが、メンバー全員が中々にエキセントリックな性格と言動をしているためか対人関係に何かしら問題を抱えている者も多く、後述の「結ばれなかった場合の未来」を考えると、最悪それぞれが悲惨な末路を迎える可能性もあった

(劇中ではとあるキャラが恋太郎と力ずくで別れさせられようとした際に思い詰めて投身を試みようとしており、結果的に恋太郎の尽力により助かったものの「結ばれない場合」の一端が垣間見えたと言える)


本来であれば、運命の人と言うのは1人につき1人、つまりは男女一組しか生まれない(必ずしもそうとは言えないかもしれない)のだが、恋太郎の場合は恋愛の神様のミスによって恋太郎1人に対して100人の恋人というとんでもないカップリングになってしまった。


恋太郎と運命の人であるかどうかは、恋太郎とその女性が目を見合わせたときに「ビビーン!!」と来ることで分かる。

逆に言えば目を合わせない限りは、普段同じ場所で過ごしていてもそうとは知らずに過ごしてしまうことがままある(例えば凪乃や愛々は恋太郎のクラスメイトであるが、目を合わせるまで恋太郎を恋愛対象と意識していなかった)。

また、どちらかの目が見えない状態では意味がない。実際、羽々里は恋太郎の視力が回復して目を合わせた瞬間にビビーンとなり、よほどの事がない限り目を開けなかった芽衣は、開眼して恋太郎と目を合わせた瞬間にビビーンするという事態が劇中で起きている。


運命の人は出会うだけでも人生の全ての運を使い果たす程、奇跡的な人間である為、運命の人と出会っても結ばれなかった場合、全ての運を使い果たして死んでしまう

その為、恋太郎は運命の人を助ける為にも、100人の彼女たち全員を幸せにすると誓っている。


※以下、恋太郎に告白した(或いはされた)順。CVは特記のない限りテレビアニメ版。

CV:本渡楓 / 上田麗奈(VD)

1人目の運命の人(とはいっても唐音とほぼ同時で告白したのは先)。恋太郎の最初の彼女。

お嬢様ヒロイン。かなり策略高く、髪の毛も脳内も桃色なドスケベ淑女。規制スレスレのエロボケを連発する少年誌的な意味で危険人物だが、母親が相手となると途端に常識に目覚める。作中最初に複数股交際を了承した為、ある意味ではこのファミリーの創設者。


CV:富田美憂 / 白石晴香(VD)

2人目の運命の人(とはいっても羽香里とほぼ同時で告白したのは後)。恋太郎の最初の彼女。

ツンデレヒロイン。また一番のツッコミ兼ファミリーのまとめ役であり、彼女が居なければ話が進行しないが、ツンデレが過ぎるとボケになってしまう。


CV:長縄まりあ / 石見舞菜香(VD)

3人目の運命の人。

大人しく、上手く喋れない気弱な少女。最初のロリキャラにして、文学少女系ヒロイン。

人畜無害で可愛すぎるマスコットキャラクター枠であるが、そこそこ毒を吐きながらツッコミ陣営に回ることも。


CV:瀬戸麻沙美 / 陶山恵実里(VD)

4人目の運命の人。

AIのように効率重視なクーデレ美少女で、ファミリーの中でも一層美しさが際立った美人。


CV:朝井彩加 / 金元寿子(VD)

5人目の運命の人。なのだ口調のマッドサイエンティスト。本作における博士キャラ

未知の技術で生成された薬品により様々な超常現象を引き起こすトラブルメーカーにして、最初の先輩系ヒロイン。


CV:上坂すみれ

6人目の運命の人。

名前と苗字からもわかる通り花園羽香里の実の母親であり、花園家の当主。

最初のママキャラであり、ラブコメ作品史上前代未聞の彼女の母親兼ヒロイン。後にお花の蜜大学附属高校の理事長に就任した人。かつては恋太郎のことを五股(当時)の蛆虫と呼び見下していたが、彼女入りした後は多方面に自分の性癖を自重しない、史上一番ぶっ飛んだヒロインに。


CV:進藤あまね

7人目の運命の人。

最初の後輩ヒロインである腹ペコ少女。唐音に次ぐ貴重なツッコミ役だが、食が絡むとボケに回る。


CV:三森すずこ

8人目の運命の人。花園家に仕えるメイド。

最初のメイドキャラであると同時に、羽々里と並んで社会経験のあるヒロイン。良識枠だが羽々里が絡むと忠誠心が溢れて暴走しがち。


CV:高橋李依

9人目の運命の人。最初の運動系ヒロイン。

そしてボクっ娘でありドMという他のヒロイン達にも劣らぬ強い個性を持つ。


CV:Lynn

10人目の運命の人。2番目の先輩ヒロイン。

名前の通り美意識が高く、何よりも自分自身の美をこよなく愛するナルシスト。凪乃とは作中以前から関わりを持っている。


CV:高尾奏音

11人目の運命の人。

黒髪ロング及び巨乳という要素を備えているが、突風が吹いてもパンツよりも顔を隠すことを優先するメカクレでもあり、恥ずかしさを感じるとすぐに身代わりの人形を残して消えてしまう。


12人目の運命の人。

恋太郎とはいとこ同士の、ファミリー内最年少の1人。彼女の父親も恋太郎と付き合う事を認めている。

極度に真面目な性格をしており、中学校では学級委員長を務めている。


13人目の運命の人。理事長の羽々里を考えなければ最初の先生枠ヒロイン。

国語の教師で恋太郎のクラスも教えているが、ウェスタンな服を着てエセ英語を喋るなど、どこからどう見ても国語担当の先生ではない


14人目の運命の人。

園芸部に所属しており、動植物に対しては感謝の念を抱いているため火が大の苦手。

頭には花と蝶々が住み着いていて、身長は主人公より大きい2メートル!


15人目の運命の人。

感触フェチで女子運動部をさすらう謎のマッサージ師として過ごしていた。

そのマッサージの腕は素晴らしく、施術前後の記憶が定かじゃなくなるほど心地よい。


16人目の運命の人。

楠莉の祖母で驚異の89歳。機械や横文字には弱く、スマホを板と呼んだりしている。


17人目の運命の人。楠莉と同じ3年生で、剣道部部長。

まさかの女騎士枠である。頭を他人に触られるのを嫌がるが、その実……


18人目の運命の人。低血圧系女子。

ナディー先生が羨ましがりそうな名前(本名)だがハーフではなく、「あー子」と呼ばれることを好む。「人と同じ気持ちになれること」が好き。


19人目の運命の人。スナ○キン気取りの中二病詩人。

むやみやたらと口達者で、人を屁理屈で煙に巻くのが得意だが、他人の突発的な行動や予想外の出来事に弱く、一度動揺するとレリゴーしてしまう。


20人目の運命の人。

花園家に仕えるメイドの1人で、芽衣を姉の様に慕っている妹系ポンコツメイド。

最初は芽衣の彼氏となった恋太郎を邪険に扱っていたが、目を合わせて運命の人だと分かってしまったが故に情緒が滅茶苦茶になってしまう。


21人目の運命の人。

高校の倫理の教師だが、ものすごいダメ人間。人間の三大欲求全てに忠実であり、恋太郎への告白も非常にエキセントリックであった。色んな意味で生々しい。


22人目の運命の人。

バイオリニストを目指す音楽少女にして、血湧き肉躍るような刺激を求めて止まないバイオレンス少女。中学2年生とは思えないほどの顔芸の持ち主。


23人目の運命の人。

数字に恋をしていると豪語するほどの数字好き。普段は不愛想だが、数字の事が絡むと恋する乙女に豹変する。


24人目の運命の人。

ブラジルと日本のハーフで、褐色肌の大学2年生。初のハーフ&大学生彼女。

父親からカポエイラを小さいころから叩き込まれ、その力は蹴りで車を破壊するほど。

しかし物理攻撃で倒せないものは非常に怖く、悲鳴をあげて後ろに転がり回るほどに耐性が無い。


25人目の運命の人…というか

21歳の無職(後にフリーター)。働くのが嫌で仕事を辞め、更に人間を辞めて猫になった、自称元人間の猫。


26人目の運命の人。最初の芸能人彼女で、「奇姫(キキ)」という芸名で活動している高校生歌手

"若き天才歌姫"と言われるほどの歌唱力の持ち主だが、天才よりも奇才に憧れており、わざと奇行にはしり奇人を目指している。


27人目の運命の人でファミリー内最年少の1人。

父親が日本人で母親がイギリス人のハーフだが性格は江戸っ娘のてやんでい口調。

両親からプレゼントされたゴスロリを着て焼きそばを作っているが、彼女は自分の格好を「イギリスのはっぴらしい」と思っている。

人を笑顔にさせる祭りが大好き。


28人目の運命の人。自己申告の愛称は「うさちゃん」。

集合体恐怖症ならぬ逆集合体恐怖症の持ち主で、1人が苦手な極度の寂しがりや。

人口密度を求めるあまり大所帯の恋太郎ファミリーに自ら乗り込み紛れ込んできた。


29人目の運命の人。

夢と希望で人々を救いたいと考えた末、世界に絶望しメルヘンに救済を見出した絵本作家。


一覧表

学年

左から加入順。

社会人
大学生2年エイラ
高校生3年3組:楠莉 騎士華
2年
1年
中学生3年2組:胡桃 紅葉
2年?組:詩人 
1年1組:知与 祭李

なお一学年の人数が240人であることと、教室の机の配置数より、高等部一年のクラス数は6クラス程度だと思われる。


誕生日

エイラが加入した第133話でその時のメンバー全員の日付が明らかにされたため、タマ以降は現状不明。

1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月

バストサイズ

18話、45話、54話(初出は単行本3巻19話後のおまけページ)での本人の弁および、171話におけるメンバー28人時点での、紅葉による測定からの推測。また173話にてロリの定義がつるぺた低身長となったことにより、知与以下はロリ枠という判定。

つるぺた楠莉(8歳時)< ヤク < < < 紅葉 < 祭李 < 知与
~B詩人 < 胡桃 < < < < あー子 < 唐音(A寄りのB)
B~D芽衣 < 姫歌 < 椎奈 < 美々美
E~G凪乃 < ナディー < 楠莉(18歳時)< 百八 < 騎士華 < エイラ < 山女 < 羽香里(G)
G~I愛々 < タマ < 羽々里(I)

関連作品

祝100話恋太郎ファミリー100カノ ドット絵



関連項目

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 ハーレム

関連記事

親記事

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 きみのことがだいだいだいだいだいすきなひゃくにんのかのじょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87997

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました