ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

好本静

よしもとしずか

『好本静』とは『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の登場人物及び3人目のヒロインのことである。
目次 [非表示]

「我はこの地を管理する者なり」


プロフィール

氏名好本静
性別女性
年齢15歳
所属お花の蜜大学附属高等学校(高等部1−4)
誕生日11月1日
星座蠍座
一人称(わたし)
CV石見舞菜香(ボイスドラマ版)、長縄まりあ(TVアニメ版)

※ 133話にて判明。由来は『本の日』からだと思われる。


概要

本編の主人公である愛城恋太郎と3番目に付き合い始めた運命の人

小動物のような愛くるしさをもった少女。

本が好きで物静かな文学少女であり図書委員。人との会話が苦手で、ある特殊な方法で話す(後述)。


容姿

癖っ毛のある藍色の長髪と青い瞳が特徴。この癖っ毛は彼女の感情に合わせて動く。また、まっすぐにしようと梳かしてもすぐにぴょこぴょこ跳ねてしまう。お団子にするなどしてまとめることはできる様子。

身長は薬膳楠莉(通常時)や伊院知与とほぼ同じで、この3人は恋太郎ファミリーの中で最も背が低いトリオ。ロリ体形。

制服を正しく着用しており、スカート丈も長い。左二の腕に図書委員の腕章を着けている。私服も露出は少なめで、プール回ではスクール水着を着ていた。


恋太郎に出会って以降はほぼ常にスマホを持っている(こちらも詳細は後述)。プール回では防水ポーチに入れて持ち歩いていた。


好本静の「話し方」

好本静は自分の声で話すことを大の苦手としているため、愛読書の『王冠恋物語』(サークレットラブストーリー)の中の文を指差して相手に読んでもらうことで会話を成立させていた。

『王冠恋物語』は静が幼少の頃から何度も読み返し、内容を覚えているため、目的の台詞や文章を瞬時に見つけ出すことができ、このような会話方法が可能となっている。

(静自身はこれを『ただただ ごく自然に身についた技能』としている)

過去の回想では、この話し方をクラスメイトに「気持ち悪い」と言われたことがあり、また憚らないが親からも平手打ちをされながら、「どうしてあなたはそんなに変な子なのッッ!」と責められていたことが語られる。そのため自らを「変な子」と卑下し、すっかり自分に自信を持てなくなってしまっていた。また、回想の前にある恋太郎との会話では、『本当にありがとうございます』『こんな私のことを忌み嫌わずにいてくださって』とも話している。


しかし、第3話で恋太郎は、「…もちろん口で喋れるようになるのが一番なんだろうけどさ、好本さんにとってそれがどれほど困難なことなのかなんて、俺には分かるはずもないし」「頑張って喋れるようになろう! なんて言えないから」と彼女に寄り添い、「こんな風にほんのちょっとだけでも、君が人とのコミュニケーションを取りやすくなる手助けができたらなって」と、『王冠恋物語』1巻分の文章を一晩で全て打ち込み、テキスト読み上げアプリを使うことで、本を使った会話ではできなかった、互いの目を見ての会話ができるようにした。

以降彼女はこのテキスト読み上げアプリを使って会話するようになり、恋太郎ファミリーという大切な友達も作ることができた。


口に出して話すこともあるが非常に稀。流れるプールで遭難して(何を言っているか分からない人は本編を読もう)恋太郎に助けを求めたときや、恋太郎と羽香里にピンチが訪れたとき、自身が精神的に追い詰められたときなどに発話している。


カラオケ回では、事前にカラオケが平気かどうか聞いた恋太郎に対して「『心配ご無用』"歌唱"『機能搭載仕様』"であった"」と返しているため、歌うこと自体はできるらしい。

人前で歌った経験がないため、ちゃんと歌えずに雰囲気を悪くしてしまうのが怖くカラオケでは歌っていなかったが、恋太郎との会話を経て、"誰か"の前じゃなくて"恋太郎ファミリー"の前でなら、と皆の前で歌うことができた。その後アイドルになったときはステージ上でも歌って踊っている。


ところでテキスト読み上げアプリの語彙は非常に豊富だが、本の一節を使うため、だである調とですます調が混在した不思議な喋り方になる。恋太郎ファミリーの名前は全員登録しており、文章の間に挟んで使う。

笑う際は基本的に自分の声でくすくす笑うが、恋太郎にくすぐられるなどした場合は読み上げアプリで「高らかに笑った」と笑う(?)。


登録されている『王冠恋物語』はイオ姫と騎士カマクルの冒険活劇かつ恋愛小説らしいのだが、それにしては腑に落ちない台詞が幾つかある。


……逆に本の内容が気になる

結果かなり語彙がカオスなことになっており、ファミリーもそういう意味に取れかねない。一応、他の本の文章を恋太郎あるいは本人が追加している可能性もあるが、いずれにせよこういう内容の本を読んでいることには変わりがない。

ちなみにそれぞれの台詞がどのようなシーンでの台詞なのかは公式ノベライズに収録された話にて判明している。


3話以降の活躍

ファミリー加入当初は羽香里や唐音と比べられるのが怖く遠慮がちになっていたが、2人からもっと遠慮しなくていいと励まされて以降はかなり打ち解けた。

アグレッシブなメンバーが多いファミリー内ではかなりの良識派。しかし話が進みファミリーのメンバーが増えるにつれ「うちのお嬢様どもは」など毒のあるツッコミを入れるようにもなってきた。


一方、普段の態度とは裏腹に恋愛ごとに関しては、恋太郎に突然キスするなど大胆な行動もとる。

性的なことに関してはウブで、恋太郎の入浴を覗こうとした他の彼女たちを見て顔を真っ赤にして止めたりしている(にもかかわらず、偶然が重なったことで、ファミリー内で唯一恋太郎の恋太郎を見てしまった)。その他、色々危ない場面では他の人に目を押さえられたり、胡桃が「(特に静にとって)教育上よくない」という理由で恋太郎とのディープキスを遠慮するにまで至っている。

ただし周囲からの印象に反して「恋人といちゃつきたい」という欲求・興味は年相応にあり、読書家なだけあって無知ではない。

夢の中の描写を見るに、少なくとも恋人とベッドに入るところまで知っているのは確定済み。女性の上司と部下の「大人なシーン」が含まれている小説を読んだ際は、感想を誰に共有すべきか迷ってしまったこともある(が同じ本を読んでいたことがわかって意気投合した)。

また、羽香里と百八が交わしていた官能交換日記の内容を偶然見てしまった時には体ごと赤面してしまった。


羽々里の髪の毛が暴走した(何を言っているか分からない人は本編を読もう)とき、楠莉開発の「耳がうさぎになる薬」を活用して逃げ切り、ファミリー内で静及び一緒に行動していた芽衣だけが触手プレイを免れた。これも教育上の理由か。

恋太郎ファミリー内では、楠莉や知与とロリトリオでいることが多く、その様子は非常に平和なものになる。また、同じく物静かな愛々との絡みも多い。

中でも凪乃との絡みが非常に多く、一緒にいる率もかなり高い。凪乃が王子様風の男装をした際には『我が騎士…!』と呟きながら写真に収めていた他、プライベートでは2人で買い物に出かける場面も見られる。


作中で最も愛される小動物

テキスト読み上げアプリを使った無口(でありながらよく話す)キャラと言うのもそうだが、静の最大の特徴はその愛くるしさ。彼女自身はボケキャラではないものの、可愛さのあまり結果的にギャグシーンのトリガーとなる機会も非常に多い。

その愛くるしさは異性だけでなく同性でさえも魅了し、金持ちの家のペットの犬が庇護対象と認めてしまうほど。凪乃が美々美と恋太郎ファミリーの美しいところを指摘する対決をしたとき、AI少女と形容されるほど正確無比に行動する彼女ですら静の「美しさ」を言わなければならない場面で「可愛さ」を言ってしまった。

小動物的な雰囲気からファミリー内ではマスコットポジションであり、楠莉の薬でウサ耳を生やしたり、羽々里から着ぐるみパジャマを着させられたりなどしている。

カラオケで歌った際にはその余りの可愛さから精神世界を生み出し、恋太郎とのデュエットで他の全ての彼女たちをカラオケルームから吹っ飛ばした(そして全員恋太郎がキャッチした)。

自他共にその身体能力の弱さは自覚しており、運動は全般的に苦手。カナヅチだったり野球でバットを振ろうとして逆に振られたり(?)した。

前述のペットとの絡みではファミリーにも

凪乃「類いまれなるあまりの弱さ」

恋太郎「自然の摂理すらも覆す究極のか弱さ」

唐音「これが被食者の戦い方」

楠莉「自然界最弱のミジンコウサギ」

などと言われている(全員誉めてます)。最近(178話)では地の文にすら「ミジンコウサギ」と称されるようになった。


口が小さいため他の人より噛む回数を多く必要とし、結果的に顎の力が強い。フードファイトフェスティバルではこれによりタピオカを制したが、絵面は完全にリスだった。


年齢の割に精神的にやや幼く、楠莉と一緒に本気でお人形ごっこをしたりする。楠莉が年齢退行しているため、ロリトリオの中では実質的な年齢は最も高いはずだが、中学生の原賀胡桃と比べても胡桃の方が上に見えたりする(胡桃が強い性格なのも一因だが)。

一方、困っている仲間に対してすぐに気を遣う優しさや、ピンチの仲間を助けようと果敢に飛び込む強さももっている(もっとも上述のか弱さのため、状況が好転することは稀であり、かえって事態を悪化させたり「二次遭難」の末ほかのファミリーメンバーに救出されることが大半である)。野球回で敵に利用され、完全に打ちのめされた彼女を見た恋太郎ファミリーは穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた愛の戦士「超アイヤ人」として覚醒した。このように、彼女を泣かせる者や彼女に害をなす者は恋太郎ファミリーの総員を憤怒と共に敵に回す事になるため、ある意味一番のアンタッチャブルだったりする。


なお上記の「弱さ」が綿毛のように軽い体とも描写されており、14話ではタオルをパラグライダーとして呉莉羅連合が起こした強風で空を飛んでいたが、その内突風だけで簡単に空に舞い上がりかけるようになった。


彼女の家族

静の父:未登場だが、135話にて仕事でほぼ海外にいるため滅多に家に帰って来られないことが判明する。

静の母:初登場は3話の静の回想。134話で再登場(回想を除いた場合は初登場)する。アニメの声優は米澤円



以下、134話と135話のネタバレが含まれますのでアニメ勢の方は閲覧注意。



























































静の母は娘の静が自分に秘密でアプリを使って会話をしていたことを知り、娘のスマホをとりあげる。このことで静と凪乃から話を聞き、好本家を訪ねる恋太郎。(凪乃は自分がいるとかえって邪魔になると考え、同伴しないことに)そこに帰宅した静の母と初の対面をする。なお、誰かのとは違いビビーンとはならなかった(むしろあちらのほうがレアケースなのだ)。

静の母は、恋太郎のテキスト読み上げアプリを「偽善」「自己満足」とし、静に2度と関わらないように要求、いつまでもそのままでは静が苦しまなずに生きられないとし、恋太郎の行為を非難する。

恋太郎は静が“今”苦しんでいること、“一生苦しまずに”生きられる毎日を目指している意思を伝えるが、静の母は「一生」なんて世の中を大して知らないから言える思慮の浅い言葉、これから世の中を知ればたくさんの素敵な異性がいて、"わざわざ"静でなければならない理由なんてない、と話す。

しかし恋太郎は、静ちゃんを一生愛すると切りかえし、「確かに俺は世の中の事をまだ全然知らないのかもしれません...ッ」「でも静ちゃんのことならたくさん知っています!!!」と、彼は自分が知る静がどんな子かを次々と話す。

他の人と同じでなければならないという価値観のもとに静を否定し、恋太郎はいつか静を捨てると考える静の母に対し彼は、「ただ喋ることが苦手だからって、それが何だって言うんですか!!」 「俺が静ちゃんを好きなのは"静ちゃんだから"です!!」 「他の人と同じである必要なんかない!!」と伝え、「それはあなたが浸りたいだけの勝手な価値観」との反論にも、他の子と同じでなければならないというのはあなたの価値観であって静ちゃんの価値観ではない、静ちゃんが他の人と同じにさせてほしかったと言ったのかと問う。

それを聞いた静の母は、今までの静との思い出を思い起こす。

その後、静が泣きながら自らの口で

「お おお おか お母…さん…っ

あ あのね…っ

だ だだ だだ 大好きな…ほ…本を読めて…っ

な なか 仲良く してくれる…だ だ 大好きな と 友達も…

た た たくさんいて…っ

こ こ ここ こんなにも…っ あ 愛してくれる

だだ だ 大好きな恋太郎君と…で 出会えて…っ

わ わた わた 私は…っ

わ 私は私に生まれられて―

し 幸せだよ…っ

あ あ あ ありがとう…っ」

と伝える。第3話では自分を「変な子」と思っていた静が、自分を肯定できるようになったのである。

(ちなみにこの台詞冒頭にある『お母さん、あのね』という言葉は原作第135話のサブタイトルにもなっている)

そして静の母は、静の将来への思いが先行して、まず1番重要な静自身を見れていなかったことに気づき、彼女は恋太郎に帰るように促す。

伝えたいことを伝え、彼女の心情を察した恋太郎は帰宅する。


翌朝、静の机にはスマホが置いてあった。

今まで自分を守るために、逃げることしか、隠すことしかできなかった、お母さんは私が恨んでいると思っていたのかもしれない、と考えた静は、母とちゃんと向き合い、伝えようと決意し、朝食の際にテキスト読み上げアプリを使い母へ話しかける。

134話では無言だった朝食が、135話ではお互いに会話しながらの朝食になった。

そして静の母は、「…静、あなた…」「―そんな風に喋るのね」と涙を流すのであった。


135話の静の母の過去回想では、静の父は仕事で日本にほとんどいない上、静がこのままでは自分に何かあった時や将来自分が死んだ時、静はどう生きればいいのか、早く直さないければ、と焦っていたこと、「静が直らないのは私の厳しさが足りないせい」、「静がこうなのは母親である自分のせい」と考えていたことが描写されている。

(静の母の回想部分で見える家の本棚には「子どもの未来」「○○もが幸せに」(○○の部分は写っていないためこの表記にしたが、おそらく「子ど」か「こど」などの文字が入っているのではないかと考えられる)などのタイトルの他、教育本と思われる本がいくつか見られ、135話最後の親子の会話では、娘の好みの味つけも理解していることが分かる)

アニメ3話の回想でもこの話が意識されているのか、文字しか書かれていない原作の回想では分からなかった母の辛い心情が読み取れるような演技になっていた。


余談

初登場は第3話…と思いきや、第1話栄逢凪乃ともどもモブとして写り込んでおり、花園羽香里院田唐音よりも1コマ早く登場している。

また、唯一彼女たちの中で名前の由来が明確ではない。「き」から「好本」、本人の性格及び「図書室ではかに」というルールから「静」だろうか。


彼女が自分の口で話すときに滑らかに喋ることができないことから、読者からは「吃音(きつおん)外部リンクではないか?」という意見が多数あがっている。

なお、2023年10月からアニメ版が放送されており初の静メインとなる第3話が10月22日に放送されたがこの日は国際吃音啓発の日である。


関連動画

キャラクターPV


関連イラスト

もちもち静ちゃん♥しずかさん静ちゃん #3好本静 じーっ好本 静


関連タグ

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 図書委員

小動物


バンブルビー笛吹和義四埜宮謡:とある事情から自分の口で言葉を話せない為に機械を使って話すキャラ達。前者はチグハグな音声を上手く繋わせて会話するので、語彙力がカオスになる点が後者二人は言葉を話せない原因が過去のトラウマによるものという点が特に共通している。


ドラム(VIVANT):スマホで会話するキャラ繋がり。


運命の人の系譜

花園羽香里院田唐音→好本静→栄逢凪乃

関連記事

親記事

恋太郎ファミリー れんたろうふぁみりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2274493

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました