ピクシブ百科事典

スク水

すくみず

スク水( - みず、- すい)とは、スクール水着の略称。
目次[非表示]

概要

スクール水着は小学校から高等学校の体育教育、またスイミングスクール等において、児童・生徒が着用する水泳着である。
教育現場で使用されるため、露出が少なく地味なデザインで耐久性を重視した仕立ての物が多いが、近年は装飾が施されたものも増えている。
色は紺、青、黒が一般的だが、赤、えんじ色、緑色等様々である。近年では安全のため、一部、または全てをオレンジ色にしたモデルも多く見られる。

スク水の分類

スクール水着の分類
【エセ資料】スク水について真剣に考えてみた【エセ講座】


スクール水着、特に女子用は、素材、縫製技術、形状、需要の推移とともに常に進化し続けてきたため様々な形態のものがあり、一概には分類できない例外的、キメラ的な構造の物もあるが、おおまかに分類すると以下のとおりである。

◉女子用

なんか拾った


あえて「スク水」と呼ぶ場合は女子用を指していることが多い。

【旧々型(旧々スク)】

後述する旧型以前に普及していたとされるスクール水着。
腰まわりの上下の分割線がお尻の側にもあるもの。
旧型を描こうとしたが、構造の誤認のため分割線をお尻の側にまで描いてしまい、結果旧々型のようになってしまっている例が多く存在する。
プリンセスライン(後述)は無いのが一般的のようである。

【旧型(旧スク)】

腰まわりの上下の分割線(水抜き)がお腹の側にのみあるもの。
水抜きは胸元から入った水を排水するための開口部と言われている。また、伸縮に乏しい素材でも身体にフィットさせるためとも言われている。
分厚くごわごわしたジャージ生地のものが多いが、一部に競泳型と同等の素材を使用しているものも存在する。背面はUバックが一般的で、二本のダーツ線(前面裁縫線、いわゆるプリンセスライン)が特徴。
実際の教育現場ではかなりの少数派になってしまったが二次元の世界ではまだまだ現役で、スク水と言えば旧スクを差す場合も多い。

【新型(新スク)】

一般的なワンピース水着の形状で、腹部の水抜きが存在しない。
プリンセスラインは有る物も無い物も存在する。
生地に伸縮性のあるポリウレタン混紡を採用している製品もある(同じことは競スクにも言える)。

【競泳型(競スク)】

競泳水着と同等の素材で、肩ひもが細く紐状のもの。
より泳ぎやすさを重視した構造のため背中が大きく開き、脚刳り(あしぐり)がハイレグカットされているものもある。
生地に伸縮性のあるポリウレタン混紡を採用している製品が多い。
arenaARN-75Wが最も代表的なモデル。

【ユニタード型(ユニスク)】

ワンピース形状で下半身部がスパッツ状になっているもの。
後述するラッシュガードのように袖の有るものもある。

【セパレート型(セパスク)】

上半身部と下半身部に分割式のもの。
下半身部はスパッツ状やショートパンツ状が一般的だが、稀にブルマ状のものもある模様。
上半身部の作りは新スクもしくは競スクに準拠したものが多いが、前部がファスナー止めのものや後述するラッシュガードになっているものもあり2010年代から急速に普及している。
ブルマ状のものはその外観から旧々スクと混同されることもある。

【スカート型、キュロットスカート型(スカート付きスク水)】

下半身部がスカート、もしくはキュロットスカートになっているもの。
ブルマ状かスパッツ状の下半身部にスカート、もしくはキュロットスカートが被さる形で一体になった構造である。
スカート型にはワンピース形状とセパレート形状の両方があるが、キュロットスカート型は主にセパレート形状になる。
ワンピースのスカート型は70~80年代から僅かに存在した模様だが、下半身の露出を抑えられる上にファッション性もあるので2010年代から急速に普及している。

【スクール競泳水着(スク競?)】

形態は競泳水着だが、学校体育用に仕立てられた敢えて呼称するなら「スクール競泳水着」とでも言うべきものも存在する。
素材は本格的な競泳水着ほど高性能なものを使用していないことが多い。
これらの水着は広義の競スクまたは新スクに分類されることも多いが、構造的差異が大きいため別項とした。

【その他】

競泳水着(競水)、フィットネス水着
競泳水着やフィットネス水着をそのままスクール水着として採用することもある。
また、指定水着のない学校で児童・生徒が競泳水着やフィットネス水着をスクール水着として着用する場合もある。

・スパッツ型、ハーフスパッツ型(スパスク?)
ユニタード型とセパレート型で下半身部がスパッツ状のものを総称して、スパッツ型、ハーフスパッツ型と呼ぶことがある。

・ショートパンツ型
スパッツ型と似ているが、下半身部の形状がショートパンツ状なっているものをショートパンツ型と呼ぶ場合がある。
構造的には主にセパレート型スク水であり、ユニタード型の製品は一般的ではないようである。
また、キュロットスカート型のうち形状がショートパンツに近いものはショートパンツ型とされることが多いが、キュロットスカート型は特殊な二重構造になるためここでは項を分けることにした。

フリル付きスク水(フリスク)
フリル等が付いて、ファッション性を高めたスクール水着。
一見すると学校体育衣料とは思えないような外観だが、大手メーカーでも販売されているれっきとしたスクール水着の一種である。
主にスカート型やショートパンツ型の一部に存在している。
フットマーク社のダブルフレアスカートワンピース、ダブルフリルスカート(ダブルフリルスカート水着)等が代表的な物である。
校則によっては許可されない可能性が高いだろう。

・コスプレ用スク水
コスプレ用に作られた物。
スクール水着と称して販売されていても、教育現場での使用を前提としていないため厳密な意味でのスクール水着ではない。
スク水の外見だけを模した物だったり、色が紺色だったりプリンセスラインがあるだけでビキニたレオタードをスク水扱いしていたり、着用しただけで破損したりする、「スク水ようなもの」「スク水風コスチューム」が大半である。
しかし、実際の教育現場での着用でも問題が無かったり、教育現場での使用に適さなくとも水着としての使用には十分耐えられるクオリティの高いものも稀にある。

◉男子用 

Splash!


俗に「海パン」と称されることが多い。

【ボックス型(トランクス型)】

いわゆるボクサーパンツのような形状のもの。

【スパッツ型】

ボックス型より丈が長めで、競泳水着に近い仕立てのもの。

【ビキニ型(ブリーフ型)】

いわゆるブリーフのような形状の、競泳水着に近い仕立てのもの。

【その他】

競泳水着(競パン)、フィットネス水着
女子用と同じで、競泳水着やフィットネス水着をスクール水着として使用する場合がある。

◉ラッシュガード

近年では、日焼け対策や体温低下対策として、サーファーが上に着用するようなラッシュガードも学校体育専用のものが製造されるようになってきている。
単に「長袖スクール水着」等と称されることが多いが半袖のものもある。

◉スカート、ショートパンツ

主に女子が下半身の露出を抑えたりファッション性を高める目的で、水着の上から重ね着できる専用のスカートやショートパンツも製造されている。
水着にオプションとして付属する場合もあるが、単体で販売されているものもある。
スカート型やショートパンツ型のように水着と一体ではないため、気分によって脱着したり、好きな水着と組み合わせることができる。

スク水の構成要素

タグ、ロゴ

スクール水着にはメーカーを表すロゴが入っている場合が多く、左右どちらかの腰か胸部にメーカーズタグが縫い付けてある物が多い。
また、タグはなく直接ロゴをプリントしてあるものもある。

ゼッケン・名札

学校体育衣料であるので、多くの製品の裏側に、氏名や学年、組を記入する名札がついている。
また、授業で使用する場合、胸部や腹部、腰部、背部等にゼッケンや名札をつけることを義務づけている学校も多い。
一部の製品には、後づけのゼッケンが付属している物もある。
また、あらかじめ氏名や学年等を印刷したゼッケンや名札を用意する学校もある。
ゼッケン・名札には、縫い付けるものと、アイロンで圧着するもの等がある。

プリンセスライン

旧スクや新スクの前面に縦に走る二本の前面縫製線(ダーツ線)を、俗に「プリンセスライン」と呼ぶケースがある。

本来プリンセスラインとは、ドレスの上下をウエストで分割せずに、縦の分割を駆使して「胸のふくらみ・ウェストの細さ・スカート裾の開き」を出したデザインを指し、縫製線自体を差す言葉ではない。
ゆえにスク水の縫製ラインをプリンセスラインと呼ぶのは誤用だが、一部のスク水愛好者の間では前面縫製線の俗称として定着している。

なお、世間一般では「プリンセスライン」というと「上半身は体にフィットしており、スカート部分はギャザーやフリルなどでふんわりとふくらんだドレス」という意味で使用される場合がある。

パイピング

パイピングとは、布の裾などに使う縁取りのことである。
一部のモデルでは、裾を縁取るように付けられており、「縁付き」などとも呼ばれる。
また、分割線に配されるモデルも多く、プリンセスラインを白いパイピングで強調しているモデルもある。
なおこのパイピングのみで肩紐が構成されているのが、競スクの一つの定義となっている。

胸パッド

女子が乳房を安定させたり、乳頭が浮くのを防止するために胸部に使用する。
特に二次性徴を迎えた女子の場合乳房が膨らんで来るため、胸パッドの使用が推奨される。
水着の内側に縫い付けて使用するが、パッドが内蔵されているもの、パッドを入れるポケットがあるもの、フックでパッド固定するもの等もある。

スイムショーツ、サポーター

水着の下に履くショーツである。
股間の形状が浮き上がるのを防ぐために着用するが、男子のスクール水着の場合は隠蔽効果は十分なためかあまり着用されない。
女子の場合、隠蔽効果だけでなく生理など分泌物が男子より多いため、衛生面からも着用が推奨される。

メーカー

スクール水着は学校体育衣料であるため、水着メーカーだけでなく、スポーツ用品メーカー、繊維メーカー、学販メーカー等多様なメーカーで製造されている。
ローカルの限られた地域のみで展開しているメーカーもある(地方スクを参照)。
代表的なメーカーは、アシックス、ミズノ、アリーナ、ユニチカ、ギャレックス、スピード、小松ニット、カンコー、トンボ、富士ヨット、スクールユニ、クラレ、フットマーク、サンクラウン、二新繊維、ファッショナー、ヒットユニオン、ナイキ、アディダス、等々である。

スク水の多様性と競泳水着

女子用のスクール水着の構造は、スク水独特のものと思われがちだが必ずしもそうではない。
より速く泳ぎやすく改良される競泳水着の進化に合わせて、その構造を取り入れてきた側面があり、スクール水着自体が競泳水着の一種とも言える。

初期の競泳水着は今の新型スクール水着の形態だったと思われ(従って新スクはある意味「旧々々スク」とも言えるかもしれない)、これは学校体育(ただし男子の)でも使用されていたようだ。
しかし生地の性能の低さから1920年頃に流行したタンク・スーツ(旧々スクを参照)の構造を取り入れ、旧々型スク水型の競泳水着が開発されたと推定される。
これらを見ても競泳水着からのフィードバックでスクール水着の構造が決定されたことがわかる。

戦後、東京五輪時の競泳水着は旧型スクール水着の形態に進化した。実際旧型スクール水着が日本で爆発的に普及を始めたのは、東京五輪がきっかけだったと言われている。
その後素材の改良により水抜きを廃止した競泳水着が開発されることにともない、スクール水着にも新型スク水が登場する。
そして80年代前半の競泳水着の形状は競泳型スクール水着としてフィードバックされ、競泳水着にスパッツ型が登場するとスクール水着にも採用されることとなっている。

競泳水着は進化すると過去の形態は使われなくなるが、シビアな性能が要求されないスクール水着では過去の競泳水着の形態が残り、現在のように多様な形態が存在することになったと思われる。
更に0年代以降、露出対策やファッション性の需要に応える形でスクール水着独自の改良も盛んに行われているため、ますます多様性は拡大する一方である。

関連タグ

水着

【類似】
スクール水着 すく水 すくみず スクミズ
旧スク 新スク 旧々スク 競スク ユニスク セパスク
競泳水着 フィットネス水着 スーパーフライバック ワンピース水着

【派生】
地方スク ARN-75W 白スク 赤スク カラースク水 ピンクスク水
フリル付きスク水/ダブルフレアスカートワンピース ダブルフリルスカート水着
スカート付きスク水
裏スク水 逆スク水

【用具など】
水泳帽 スイムキャップ ビート板 プール

【他の衣装との組み合わせ】
スク水にランドセル スク水サンタ セラスク スク水ニーソ スク水マフラー

【その他】
300枚全部スク水 スク水好きな人

【キャラクター】
古戸ヱリカ きら様 大道寺きら 宮藤芳佳 坂本美緒 山川美千子 千石撫子 初音ミク 鏡音リン 泉こなた 北白川たまこ うきわガール 潜水艦娘 ゴモラちゃん

【『アイドルマスター』】
スクールミズギ オールドスクールミズギ

他の記事言語

School Swimsuit

pixivに投稿された作品 pixivで「スク水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244137003

コメント