ピクシブ百科事典

柚原春夏

ゆずはらはるか

ゲーム「ToHeart2」シリーズに登場するキャラクター。

声優を担当したのは本多知恵子。ADのあるシーンで春夏がこのみの物まねをしているが、ラジオでこのみの物まねを披露した際はほとんど似てなかったので、この場面はおそらく落合祐里香が演じたものと思われる。

概要

ヒロイン柚原このみの母親で、女が苦手な河野貴明が普通に接することができる数少ない女性(別の意味で苦手にしているが)。パワフルで『禁則事項』と言うと鬼のように怒るらしい(貴明談)。見た目は若いが、このみも年より幼く見えるので、なんとか親子に見える(貴明談)が、実際本人も年の事はかなり気にしており、貴明とデートした際に貴明が「周りから姉弟に見えるのではないか」と言った時は全面的に同意しなかった。『禁則事項』は許さないが、環が「おばさま」と呼ぶのは許容範囲らしい。

かなりのチートスペックの持ち主で、これと言った弱点は見当たらず、フットサルで環を翻弄できるほど運動神経は高いが、年を考えず足をひねったり腰を打ったりしている(このみ談)。料理が得意で時に予算を考えずに出すこともあり、得意料理は「必殺カレー」で、柚原家ではカレーは滅多にでない料理とされている。

貴明を赤ちゃんの頃から息子同然に可愛がり、おっぱいをあげるなどして育てており、今でも家には貴明の成長記録をつけたノートが存在する。旦那(本編未登場)は幼馴染で、当時大学生だった旦那に小学生の春夏がおしかけている。貴明の初恋の相手で、幼稚園の頃貴明は「結婚してくれたら城を作ってあげる」とプロポーズしたことがある。

ToHeart2AD」で彼女のシナリオが存在し、冒頭彼女の艶めかしい登場シーンから始まるが(貴明の夢オチだが)、エッチシーンはおろか、裸も拝めなかった。その後ファンディスク「まなかでいくの」収録のRPGゲーム「FINAL DRAGON CHRONICLE」で子持ちの人妻とは思えないほどの全裸シーンを披露してくれる。ちなみにこのゲ-ムの職種には「ジョシコーセー」なるものが存在し、制服姿も披露してくれる。

OVA版では出番は少ないが、最後に美味しいところは持っていく役で登場。ゲーム版を含めて、何らかの対決シーンではおおよそほとんどのキャラクター(環やまーりゃんでさえも)に対し勝っており、最後に勝った者がそうであるなら、事実上のメインヒロイン(ただし、ゲンジ丸だけには勝てなかった)。

関連タグ

ToHeart2 柚原このみ 河野貴明 ゲンジマル
人妻 禁則事項
彦根城
神岸ひかり 前作ヒロイン神岸あかりの母親、やはり若く、こちらは声優が同じという事もあって浩之は電話で声を間違えるらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「柚原春夏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 892135

コメント