ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

  • 全長:50.2m(アブトレックス時)/99.5m(アブトレーラー時、全高:23.5m)
  • 全幅:32m(アブトレックス時)/34.3m(アブトレーラー時)
  • 重量:5200t(アブトレックス時)/5千t(アブトレーラー時)


概要

これまでデカレンジャーの活躍で多くのビジネスの機会を台無しにされた上、総額100億ボーンもの大損害を被ったことに我慢の限界を迎えたエージェント・アブレラが、恨み重なるデカレンジャーと地球署を亡き者にするために、採算度外視で建造した怪重機。
マッシブな体に両手のアブネイルを使った圧倒的なパワー、胸部から放つアブトレックスビームなど驚異的な戦力を持ち、さらにアブトレーラーと呼ばれるドリルタンク形態への変形機能も持つ。

圧倒的な機体性能の反面、マッスルギアを装備しなければ操縦桿も動かないという圧倒的な操作性の悪さが難点
当初はアブレラが操縦しデカベースに侵攻。クラーン星人ジェリフィスを倒して駆け付けたデカレンジャーとの巨大戦ではパワーに優れるマッスルギア装備のギモ星人アンゴールが操縦し、アブレラ達が占拠したデカベースクローラーの援護もあり、デカレンジャーロボデカバイクロボを圧倒。

二度目の対決ではデカウイングロボとデカバイクロボに攻撃を次々と見切られ逆に圧倒され、ビルに叩きつけられた所に至近距離からツインロボアルティメットバスターを受け、アンゴールを巻き添えにして爆散した。

後に『マジレンジャーVSデカレンジャー』では後継機アボトレックスが登場している。

関連項目

怪重機

関連記事

親記事

怪重機 かいじゅうき

子記事

兄弟記事

コメント