ピクシブ百科事典

アボトレックス

あぼとれっくす

アボトレックスとは、『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』に登場する怪重機。

概要

エージェント・アブレラの後継者エージェントXこと冥獣人デーモンのアボロスが開発した怪重機で、デカレンジャーたちが最後に戦った怪重機アブトレックスの後継機。

カラーリングが青主体に代わっている他、胸部には麗とジャスミンを人質にして手に入れたマジトピアの秘宝『天空の花』に秘められたエネルギーを増幅して放つ光線砲が増設されている。
デカレンジャーへの復讐というアブレラの個人的な目的のために採算度外視で作られた結果、マッスルギア装備でなければ操縦桿すら動かせなかったアブトレックスと異なりコックピットを契約者のアルゴル星人バボンと一緒に乗れる複座式にしたことを含め操縦系統を作り直した事で従来の高い操作性能を取り戻しているが、一方で胸部の光線砲を撃つ為だけに大気圏突入による摩擦熱やマジレンジャーとの合体攻撃マジファイナルバスターにも耐えきれるほどの防御力や耐久性を特化させている。
大型ドリルタンク形態アボトレーラーに変形する機能もアブトレックス譲りで、この形態で地底冥府インフェルシアと地上、さらには宇宙を行き来する事も出来る。

マジファイナルバスターには耐えきったものの、さらなる合体技ミラクルグレートノバには耐えきれずに破壊された。

関連項目

怪重機

関連記事

親記事

怪重機 かいじゅうき

兄弟記事

コメント