ピクシブ百科事典

ルパンレンジャーVSパトレンジャー

るぱんれんじゃーぶいえすぱとれんじゃー

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の表記ゆれ、および同作品の主題歌。本項では主題歌について説明する。
目次[非表示]

It's Showdown!

情報


概要

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のオープニングテーマ。

2つの戦隊が対立する作品内容を反映して、本曲では吉田達彦氏による男声パートと吉田仁美氏による女性パートによる対位法を用いていることが大きな特徴。

実際男声パートがルパンレンジャーのテーマ曲「ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ」、女声パートがパトレンジャーのテーマ曲「Chase You Up!パトレンジャー」として、それぞれ独立した曲としても製作されており、本曲は両戦隊のテーマ曲をマッシュアップにより1つの曲にしても違和感の無いような構成にされている。
また、ソーシャルゲーム『スーパー戦隊レジェンドウォーズ』ではメイン戦隊がルパンレンジャーであれば前者が、パトレンジャーであるならば後者が流れる仕様になっている。

ちなみにルパンサイドのテーマはホ短調、パトレンサイドのテーマはイ短調なので、キーの違う2曲が組み合わさっているという恐ろしい形態となり、本曲自体ははA・Bメロのホ短調からサビのイ短調への転調が起こる。アレンジもそれぞれ異なるが、曲構成はすべて共通で、テンポもBPM130に統一(シリーズのOPとしてはかなり遅い部類である)。

スーパー戦隊シリーズのOPが男女デュエットとなるのはなんと初代以来となり、唯一OPが女性ソロである『未来戦隊タイムレンジャー』も含め、3度目の女性ボーカルのOP起用となった。

劇中音楽の担当者がOP主題歌を作曲するのは『百獣戦隊ガオレンジャー』のOP「ガオレンジャー吼えろ!!」以来、17年ぶりとなる。

制作秘話

このような特殊すぎる曲になったのはコロムビアの音楽プロデューサーである八木仁氏の提案であり、本編スタッフは勿論、作曲した高木洋氏でさえ当初は1番(あるいはAメロ)をルパン、2番(あるいはBメロ)をパトレンのパートにして、サビでデュエットするとしか考えていなかった。

八木氏の「Aメロから全然違う歌が混じっているような歌が良い」という無茶ぶりに、高木氏をはじめとする音楽制作スタッフは悶絶していたが、高木氏が「男女ボーカルにしてキーを変えたらいいのではないか」と思いつき、紆余曲折を経て完成に至った。アレンジについてはルパンサイドをジャズ調に決めたため、パトレンサイドは反対に打ち込み主体となったが、本曲は生楽器主体になっている。

また、メロディは合わせた時のハモり具合よりも「対決」を重視して2つのメロディの独立性を重視しており、ボーカルのレコーディングも別々に行われた。

当然作詞した藤林聖子氏も曲に驚愕し、悲鳴をあげながら歌詞を書いたとのことである。

なお、サビの最後の部分である「It's Showdown!」のShowdownとは「対決」を意味し、まさに番組の内容を示していると言える。

仕様の変化

#1OP映像無し。曲とクレジットを本編に被せる形で流れる。
#2OP映像に合わせて本格的に流れる。
#3安元洋貴氏の冒頭ナレーションが加わる。
#21OP映像に高尾ノエルが加わる。
#43デストラ・マッジョが砂となって崩れ落ちる演出が加わる。
#49ゴーシュ・ル・メドゥが砂となって崩れ落ちる演出が加わる。
#51イントロのみでOP映像無し。エンディングとして1番と大サビが流れる。


関連タグ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー オープニング(スーパー戦隊)
ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ Chase_You_Up!パトレンジャー


LUCKYSTAR→ルパンレンジャーVSパトレンジャー→騎士竜戦隊リュウソウジャー

関連記事

親記事

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー かいとうせんたいるぱんれんじゃーぶいえすけいさつせんたいぱとれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 695881

コメント