ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

オレには何も…

何も無いんだ… 小吉にも

一度はオレらを置いていった一郎にも

…こんな体の冷たい

昆虫のようなオレには無い…



生きようとする意思がある

お前らのことが…

好きになっちまったんだよ




※ネタバレ注意


曖昧さ回避


概要

CV:橋詰知久

テラフォーマーズ第一部に登場。

短髪で右目と鼻と左頬に切り傷があるなかなかのイケメン

ミャンマー国境沿いの山岳地帯出身。縄張り争いに敗れ空腹に耐えられない時にゴキブリを生で食べたことがある。

自称、バグズ2号乗組員の中で一番の貧乏。


実写映画版では日本人武藤仁として登場(演:山下智久)。


プロフィール

国籍タイ
年齢21歳
性別
身長179cm
体重68kg
好きなもの豆乳
嫌いなものなし

能力

バグズ手術によってサバクトビバッタの能力を移植している。

人間サイズにすればビルをも飛び越える昆虫界最大の脚力を利用したキックを主体としたムエタイで闘う。

さらに薬を連続で投与する事により、サバクトビバッタの群生相へと変貌を遂げて最古の害虫としての力を発揮する。

テラフォーマーの群れを相手に無双するシーンはテラフォーマーズ屈指の名シーンである。


過去

10歳の頃に売りに出された幼馴染の女の子・プロイを探すために、都会へ出てストリートチルドレンとして生きていた。

その後、成長してプロイの居場所を見つけた時には既に感染症で亡くなっていた。

それ故に自分には何もないと達観している。


最期

スキンヘッド型テラフォーマーと交戦した際に内臓を損傷しており、過剰に投与した薬の成分を分解できず、顔もサバクトビバッタそのものへ変貌してしまう。

生き残った小吉と一郎に冒頭のセリフを吐露し、地球へ帰るのを諦めそのまま小吉に看取られて死亡した。



第二部では…

本人は死亡しているので当然登場はしない。

だが彼のバグズ手術の能力を得たテラフォーマーが登場、ミシェル班を襲撃している。

しかし、その脚力まかせの雑な戦い方から、戦闘を行った膝丸燈をして「多分バグズ2号のバッタだった奴の方が強い」と評されている。ティンのムエタイの技があってこその強さだったのだ。


回想シーンでティンの名は「燈火」を表すことが明かされた。


関連イラスト

ティン-サバクトビバッタ-


関連タグ

テラフォーマーズ サバクトビバッタ 小町小吉 蛭間一郎

ジェット:同郷。公式ガイドブックでも「ティンはあんなにいい人だったのに」とか言われている。

本郷丈一:新式M.O.手術によるサバクトビバッタの能力者。

関連記事

親記事

バグズ2号 ばぐずにごう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 476701

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました