ピクシブ百科事典

119之助

いちいちきゅうのすけ

119之助とは、特撮番組「仮面ライダーゼロワン」に登場人物であり、ヒューマギアの1体である。
目次[非表示]

演:島丈明

概要

飛電インテリジェンスが開発した消防士ヒューマギア

搭載されたスキャナーで現場の状況を把握し、ヒューマギアならではの頑丈さを生かした瓦礫を持ち上げる等の救助活動を得意とする。また、スキャナーにより見るだけで要救助者の負傷度合い(軽傷、重傷、CPA)の判別する事が出来たり、様々な緊急車両を巧みに乗りこなす運転技術も備えている。

だが、「助かる見込みがない」と判断した重症者は救命の優先順位を下げ、生存者だけを助けようとする等、AIにありがちな配慮の欠如が見られる(とは言え、トリアージの観点から見れば、間違いではないのも事実であり、一概に批判されるべきではない)。
それまでに登場したヒューマギアと比べると寡黙で口数が少なく、穂村から挨拶代わりに抱負を述べられても首を傾げるだけであった(しかし後述する41話では、ラーニングの結果か気合いの入った言葉を放っている)。

天津垓が持ちかけた「お仕事5勝負」の4回戦「消防士対決」の代表としてイズに推薦され、ザイアスペックの使用者である消防隊長・穂村武志との対決に挑む。

活躍

第26話「ワレら炎の消防隊」

対決は地上3階、地下1階の施設を使った救出訓練で、地下フロアで瓦礫に閉じ込められた女性陣、地上1階で火災により逃げ場を失ったA.I.M.S.の男性職員達、2階で煙に巻かれて瀕死の福添副社長山下専務シェスタの3人の順番で救出していく……と言う設定で、救出した人数で勝負する事となった。

唯阿が何の前置きもなく鳴らした号砲に穂村が面食らっている隙に1人駆け出し、ほぼ同時に地下に到着。要救助者捜索で一時穂村に後れを取るものの、自前の怪力で何とか同数の5人を救出する。
続いて1階で擬似炎を消し止めた2人はそれぞれ救出に移ろうとするが、そこに突然出現したスカウティングパンダレイダーによって本当の火災が引き起こされてしまい、穂村と共に救助活動を開始するが、スカウティングパンダレイダーによって蹴散らされて、下敷きになった心肺停止状態のA.I.M.S.職員を発見するも『生命反応無し』と判断し、彼を救出対象から除外する。
これを聞いた穂村は救出を諦めず心臓マッサージを実行、蘇生に成功した。

外部の応援も得て要救助者と共に脱出した2人だったが、穂村は重傷者を実質見捨てようとした119之助の胸ぐらを掴んで叱咤。

穂村「良いか?このメモリーによ〜く記録しとけ! 例え生命反応がなかったとしても、すぐに死亡すると決まったわけじゃねぇ。それが、命ってもんだ! 救える命を諦めるやつは消防士失格だ!」

ここで自身にシンギュラリティの兆候が現れ、それを見逃さなかった天津からの命令で、唯阿が事前に天津から渡されたゼツメライザーを取り付けられ、マンモスマギアへと変貌。
火事に気付いてやって来た報道陣(元々スイーツ特集の撮影だった)に襲い掛かろうとし、天津に「暴走する危険なヒューマギア」と言うイメージ付けに利用されてしまう。

どうにか或人の手で人気の無い場所に移動させられ、或人が変身したゼロワンフリージングベアーで脚を氷結されられる。
しかし、天津が変身したサウザーが乱入し、フリージングベアーのデータを奪って繰り出した「ジャッキングブレイク」で破壊されそうになるも、間一髪でメタルクラスタホッパーに変身したゼロワンがマンモスマギアを庇い、即座に放った「プログライジングストラッシュ」によって元の姿に戻った。

サウザーが攻撃を止めたので戦いが終息した後、或人に自身の失態を謝罪し「命に対する理解が足りなかった」と或人に叱られてしまうが、「それは俺も同じだ。俺たち、穂村隊長から大切な事をラーニングさせてもらったな」と或人にフォローされて立ち直るも、福添達が3階で取り残されているとのイズから報告を受けて現場へと急行する。
今尚、「ヒューマギアが人間を救えると証明する良い機会だ」と或人を挑発して勝負を続けようとする天津に対して、119之助は穂村と協力して必ず取り残された3人を救命する決意を固めていた。

「救ってみせます!自分が必ず!」

第27話「ボクは命を諦めない」

3階に到着した穂村と119之助だが、崩落が激しく瓦礫に塞がれて救助経路が見つからない。更に炎と煙の勢いも激しく、人間はおろかヒューマギアも長くはいられない状態だった。
このままでは自分達も危ないと退避を考える穂村だが、119之助は今度こそ救える命を諦めない為、いくらでもボディの替えが利く言わば「命が無い」ヒューマギアの特性を利用し、炎の中の瓦礫を持ち上げて道を開く。

穂村「自分の命も守ってこそ消防士だ!」

「命を救うのが、自分の…消防士の仕事です!先に進んで下さい!さぁ早く!」

穂村と現場に乗り込んできた不破と唯阿が福添達を救助している間、体が燃え上がるのも構わず瓦礫を支え続け、その姿勢のまま機能停止した。

ボクは命を諦めない



鎮火後、体を張った活躍をした彼のボディを、或人は労いの思いを込めて自ら現場から運び出すのだった。

或人「ご苦労様…119之助」

最終的に3人を救出したのが穂村だった為、対決はZAIAの勝利となるところだったが、「119之助の活躍無くして救助は出来なかったので実質彼の勝利だ」と穂村自ら進言し、「彼は紛れもなく消防士だった」と讃えた。
一方、天津の方は一貫してZAIA側の勝利だと意見を曲げずにいたが、今回の火災事件を起こしたスカウティングパンダレイダーの変身者がZAIAの開発部主任の京極大毅であった事が判明した為、社員の粗相に免じて飛電インテリジェンスに今回の勝負の勝利を譲った。

その後

第41話では新たに生産されたと思われる機体で再登場。他の消防士型ヒューマギア達の先頭に立ち、まだ燃えている建物に突入して、救助活動をした。
また、この時「人命救助が最優先」と他のヒューマギアに伝えているため、しっかりと「命に対する理解」をラーニングできているようだ。

余談

マギア化の末の破壊以外の要因で機能停止したヒューマギアはワズ・ナゾートクに続いて、2体目。あちらはバックアップがないのに妹の身代わりでデータを差し出した為、ボディは破損せずに残ったのに対して、物理的な要因で機能停止したのは現時点で119之助が現時点で唯一。

穂村達が乗りつけて来た消防車のナンバープレートは平仮名が「ん」になっているが、んは欠番なのでこのような仕様は実在しない。

第26話の119之助の重篤者を見捨てる行為も、AI単独で行ったからこそのケアレスミスであり、人間の穂村がカバーした事で重篤者を救助が出来、第27話は逆に人間単独では二次被害しか起きない故、AI(=代替の利く被造物)があったからこそ救助が出来たと言う状況だった。
最終的には今回の勝負の総括は、『人とAIが適材適所で共同で任務を行う事の重要性』を訴えているように見える。

第27話で119之助体が燃え上ったり消防服が燃えていることから防火性に対して言われることがあるが119之助のボディが特別に防火性に優れていると劇中で明言はされておらず、機械である以上完全な防熱はまず無理であり、防火服もストーリーの進行上で確かに早く燃えてしまっているが、防火服自体はあくまで「すぐに燃えない」だけであって119之助のボディも防火服も燃えてしまうこと自体はおかしいことではない。

穂村武志を演じた阿部亮平氏は『仮面ライダー電王第3-4話以来、13年ぶりの仮面ライダーシリーズ出演となった。

偶然だが、119之助が初登場した第26話の前日は、消防記念日である。

関連リンク

仮面ライダーゼロワン
飛電インテリジェンス ヒューマギア
消防士

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「119之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40432

コメント