ピクシブ百科事典

ハイパーネオジオ64

はいぱーねおじおろくじゅうよん

SNKが開発した3DCGの表示が可能なアーケードゲーム基板。MVS(ネオジオ)の後継機。

SNKがMVS(NEOGEO)の後継機として開発し、1997年から発売したアーケードゲーム基板
性能はMVSから更に向上しており、より高品質な2Dグラフィックを表現することができた。

しかし当時は「バーチャファイター」や「鉄拳」等の登場によって格ゲーにおいても3Dが主流になっており、SNKはこの基板で3Dゲームのみを出していた。
高性能化したハイパーネオジオ64が3DCGを表示する能力を持っていたことは確かだが、本来3Dを想定した設計では無かったため、3Dポリゴンは荒く低品質だった。

安価故に好評だったMVSとは対照的にハイパーネオジオ64は高価だった。その上SNKが膨大な開発費を回収する為に基板と筐体抱き合わせ販売していたせいで高価格化に拍車が掛かり、一台60~80万円の高額で販売されていた。
・・・見事にMVSの長所を殺している。当然ゲームセンター等のオペレーターからは不評だった。

抱き合わされた筐体は、画面と卓が独立した二人用筐体と、反対側にいる対戦相手の姿が映る小画面付きの一人用筐体の2タイプが存在した。
・・・見事に対戦台の長所を殺している

結局ハイパーネオジオ64はユーザーとオペレーターの双方にそっぽを向かれて商業的に失敗し、SNK倒産の一因となってしまった。

関連タグ

SNK NEOGEO アーケードゲーム 基板 筐体

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーネオジオ64」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66

コメント