ピクシブ百科事典

SNKが運営していた直営のゲームセンター
店名の由来はSNKのアーケード筐体兼ゲーム機である『ネオジオ』から。

1990年代前半~中盤までに起こった格ゲーブームによって莫大な利益を得たSNKは
イケイケの多角経営に乗り出し、その一環として自社直営のゲームセンターを
本拠地である大阪は江坂近隣にオープンさせた。
ほど近い位置に1号店~3号店が並んでおり、江坂駅周辺はSNK城下町として
格闘ゲーム・アーケードゲームファンの集まる聖地化。
KOFシリーズでもこの江坂周辺をステージ背景として登場させるなどしていた。

その後、世界都市博覧会を前提とした誘致計画がその中止によって全て白紙となり、
土地の買い手がつかない状態になっていたお台場にフジテレビが社屋移転。
それに便乗して様々な企業がお台場へと進出したブームに乗って
SNKも「ネオジオワールド東京ベイサイド」を開店させた。
当初は派手にタイアップを行ったり宣伝を流して多くの客を集めたものの、
当時のお台場には同様のアミューズメント施設がひしめいていた事や、
同年にリニューアルした「よこはまコスモワールド」に客を取られる等の影響で
開業直後の勢いは長くはもたずわずか2年で閉店。
ネオジオワールドと言いつつも、ネオジオとはあまり関係のない外注の
アトラクション等が中心となっていた事なども災いし、72億円の特損を出したとされる。

他地域への進出失敗に加え、ハイパーネオジオ64ネオジオポケットの失敗、
そして格ゲーバブルの崩壊などに対応できずSNKは2001年に倒産。
これと同時にネオジオランドの名を冠したゲーセンは急速に姿を消した。
SNK倒産後は後継会社となったプレイモア(後のSNKプレイモア)が
江坂のネオジオランド各店の経営を引き継いでいたが、それも順番に閉店していき
2005年には最後まで残っていた2号店が惜しまれながらも閉店。
一つの時代が終わりを告げることとなった。

ネオジオバトルコロシアム』ではネオジオゲームの住人達が
暮らしている世界の名前として「ネオジオランド」という言葉が使われている。
グッドマン率いる軍産複合体「WAREZ」が暗躍しており、
各地でリゾート開発のための地上げや生物兵器の製造等が行われていた。

関連タグ

SNK ゲームセンター NEOGEO 江坂

関連記事

親記事

SNK えすえぬけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオジオランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704

コメント