ピクシブ百科事典

Heart_Of_Darkness

はーとおぶだーくねす

Heart Of Darknessとは、1998年にアウターワールドの開発陣開発会社Amazing Studioが発売したプレイステーション/windows用アクションゲームである。(PS版は日本未発売)

最初に発表されたのは1995年。その段階で既に開発に2年かけているので、実にリリースまで5年から6年かけて作られている。 PS版の日本発売も予定されていたが、不具合のため延期となったまま発売されなかった。セガサターンにも移植予定だったが発売されていない。

タイトルからしてシリアスなダークファンタジーを思わせるが何かと自由な少年アンディが自分で作った機械で異世界に飛んだり自作のプラズマガンで無双したり手から光属性の光線放ったりと何でもアリな展開を見せるバカゲーである。
ニコニコ動画ではhacchi氏の実況プレイが有名である。「自由だああああああああ!!」

ストーリー
どこにでもいる平凡な少年アンディー。
彼は日食の日に影の国へと連れ去られた愛犬ウィスキーを助けるべく、
自作のプラズマガンを片手に、単身フライングマシーンに乗り込み、
異世界へと足を運ぶが、そこには得体の知れない影の怪物達が待ち構えていた・・・。

難易度
このゲームは名作であるSFC用ゲームソフト「アウターワールド」の製作スタッフが手がけた横スクロールアクションである。が、すでにアウターワールドの動画や実際にプレイした人はご存知だろうがこのスタッフが作るゲームは難易度が「普通」でも鬼畜レベルである。
そして案の定このHeart Of Darknessも馬鹿のような難易度を誇っているが、より多くの人に遊んでもらうため今作では難易度設定がある。

やさしい
初心者の方でも遊べると思ったらこれでも十分難しい。「へのかっぱだぜ」
実はこの難易度だけに登場するキャラがいる。

ふつう
ノーマルな難易度、「GJ」

難しい
鬼畜の極み、精神力が相当強い人がプレイすることをお勧めする。「俺がこの国の覇者だ」


登場人物
ここでは登場するキャラクターを紹介する。 また一部命名はhacchi。正式名称は不明なものもある。

アンディ(CV:林勇)
この作品の主人公「どこにでもいるごく普通の少年」 。
プラズマ銃を自作したり異空間へいける機械を作る天才。
暗闇が怖く、夜はライトをつけないと寝られない。(の割には高所は平気なようである。)手からは光線を出し、水中で息が2分も続く。
くどいようだが「どこにでもいるごく普通の少年」である。
あとなにかと自由。
「うわーい↑」
「あるぇ~?」

ウイスキー
アンディの愛犬、今作では彼を救いにアンディは闇の世界へ行くことになる。
空気。

ピンク(CV:江原正士)
よく体液を分泌する。スタッフロールで好き放題やってる。ウザい、そしてキモい。因みに本名は『ビシャス』。


アミーゴ族(CV:江原正士)
反重力世界に住むなぞの生き物、動物図鑑には載っていなく、ポケモンだったら使いたくないレベル。
また地面に立つとダークアリーマと化してしまう。

アミーゴの村長(CV:青野武)
アミーゴ族の村長、明らかにヤってる。またフラグを30秒で解消する凄腕フラグゲッター。

ダークアリーマ
アミーゴ族がカゲに飲まれた姿、空中から炎で攻撃してくる。

ひじき
執拗に追いかけてくる黒い生物。

ダークマスター(CV:麦人)
敵のトップであるが何かと影が薄い、そしてしょぼい。

pixivに投稿された作品 pixivで「Heart_Of_Darkness」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2442

コメント