ピクシブ百科事典

ウォリアーブレード

うぉりあーぶれーど

ウォリアーブレードはタイトーより販売されたラスタンサーガの第3弾、2画面筐体アクションゲーム。
目次[非表示]

概要

タイトーから1992年に販売されたベルトスクロールアクションアーケードゲーム
ダライアス2と同じく2画面筐体専用ゲームで、副題に『RASTAN SAGA EPISODE Ⅲ』とあるように1987年の『ラスタンサーガ』、1988年の『ラスタンサーガ2』に続くシリーズ3作目である。
プランナーは『ナイトストライカー』や『キャメルトライ』、『ソニックブラストマン』などの企画者で、『ICO』、『ワンダと巨像』のプロデューサーでもあるぱぱら快刀氏(海道賢仁氏)。

操作は8方向レバー、攻撃ボタン、ジャンプボタン。ライフ制。
単発の1ステージ目をクリアすると、2ラウンド構成の4つのステージの中から進行する順番を都度選択し、クリアするとキャラの能力がアップする。最後に単発の最終ステージをクリアすればエンディングとなる。
選択できる4つのステージにはそれぞれ隠しラウンドが存在し、各ステージ毎にある特定の条件を満たすか、各ステージでコンティニューするか、或いはディップスイッチの設定で「LONG」を選ぶかで遊ぶことが可能。そのラウンドをクリアすると通常のステージクリアでの能力アップとは別にキャラの能力がアップする。

これまでのシリーズと違いキャラ選択が可能。大剣を使う戦士ラスタン」、二刀流の苦無を使う忍者デューイ」、を使う女盗賊「ソフィア」から選ぶ。2P同時プレイが可能。
アイテム取得で登場する魔術師マハディデカラディ」は何ら加勢せずプレイヤーの後を付いてくるだけだが、プレイヤーが蹴り飛ばすと、隕石を降らせたり、敵を凍らせたり、石像に変えたり、眠らせたりと、そのMP量に応じた魔法を放って協力する(MPはアイテムで回復)。ただ、ボス戦前になると消える。

裏技として、エンディング開始と共にレバガチャしていると「HIDDEN STORY」が現れ、それを読めばラスボスのアウトラインがわかる。

2007年発売のプレイステーション2用『タイトーメモリーズ2 下巻』に収録されている。

プレイ動画


関連タグ

タイトー TAITO レトロゲーム アクションゲーム ラスタンサーガ

コメント