ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

シューティングゲーム(以下:STG)の開発で知られ、ボム(当時の呼称はボンバー)システムを後のSTGに定着させた会社。


前身は1979年に設立されたアーケードゲームの販売代理業などを行っていた『東亜企画』である。

但し開発スタッフは、元々1978年に創業されたゲーム開発会社の『オルカ』(リバーパトロールバスターなどを開発。)のスタッフで、1983年のオルカ倒産後に『クラックス』という会社を興し、タイトーから販売される「ジャイロダイン」を製作するが程無くその会社も倒産、そのスタッフの一部が更に東亜企画へ移り、ゲーム開発部門を設立する。それが東亜プランなのである。

東亜プランとしての最初の作品は1984年の『雀王』(自社販売)、および1985年の固定画面アクションゲームである『パフォーマン』(販売:データイースト)。


初期のゲームはタイトーから発売されたものが多い。

STGを主軸に開発していたイメージが強いが、「スノーブラザーズ」や「ワードナの森」などSTG以外のゲームも開発している。


主力商品の大半がSTGであった為に格闘ゲームブームの波に追従できなかったのと

ビギナーを寄せ付けない凶悪な難易度により『マニアのゲーム』というイメージが定着してしまったのが災いし、

1994年に倒産するが、離散したスタッフの一部は後にCAVEを設立しSTG開発を続け、一部はタイトーへ移籍し「逆鱗弾」などを手掛けた(他にタクミコーポレーションや元社員が設立したタムソフトへ移籍した者も)。


倒産後の版権は長年保有者が不明の状態だったが、2011年頃に版権保有者が見つかったことに加え、2017年に設立された株式会社TATSUJIN(※)(『達人』や『達人王』の作曲兼プログラマーでもあった元・東亜プランの弓削雅稔氏が同社の代表取締役を務めている。現在は上村達也氏や岩渕孝悦氏と言った元・東亜プラン出身者も在籍)が東亜プランのIPを管理することとなり、サントラの発売やCS機移植も徐々に復活しつつある。


※尚、株式会社TATSUJINは2022年8月18日にスウェーデンのコンピュータゲーム持株会社であるEMBRACER GROUPの買収を受け、同時に11番目の運営グループとして設立されたEmbracer Freemodeの傘下に入ることとなった。


関連タグ

ゲームメーカー STG CAVE IKD

AYB(All_your_base_are_belong_to_us)

関連作品

タイガーヘリ 究極タイガー 飛翔鮫 鮫!鮫!鮫! スラップファイト

ヘルファイヤー TATSUJIN 達人王 ドギューン!! ワードナの森 BATSUGUN

ヴイ・ファイヴ ゲットスター スノーブラザーズ

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89520

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました