ピクシブ百科事典

キングオブドラゴンズ

きんぐおぶどらごんず

1991年にカプコンよりリリースされたベルトスクロールアクションゲーム。
目次[非表示]

概要

元々、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のアーケードゲームとして開発していたが、当時の著作権元であるTSR社の許諾を得られなかったため、「キングオブドラゴンズ」のタイトルで発売された。

5人の冒険者が、森を進み、洞窟を進み、海を渡り、凶悪なモンスターを倒しながら最後はレッドドラゴン・ギルティスを倒し、財宝を入手することが目的のゲーム。
キャラクターは5タイプ。 各キャラクターには経験値が設定され、モンスターを倒したり、アイテムを拾うことで経験値が増える。 ある程度経験値を得ると、キャラクターがレベルアップし、パワーや体力が強くなっていく。ボスモンスターを倒すと武器・盾を入手することが出来、攻撃力が上がる。緊急回避のメガクラッシュは魔法による攻撃。体力を消耗して発動するタイプと、効果の異なるマジッククリスタルを壊して発動するタイプがある。

技術の進歩により、カプコンはTSR社から正式な許諾を得て、ようやく「ダンジョンズ&ドラゴンズ」(タワーオブドゥームシャドーオーバーミスタラ)のアーケードゲームの開発に成功した。今作の演出、システム等はカプコン「D&D」シリーズに引き継がれている要素が散見される。

物語

レッドドラゴン・ギルディスが目覚め、世界が邪悪に包まれようとしている。数奇な運命に導かれ出会った5人の勇士たちよ。各々の武器を手にこの冒険に旅立つのだ。伝説のドラゴンを倒せるのは、もはや君たちしかいない。世界最強・最悪の悪魔、ギルディスを倒すその日まで戦え!!その命果てるとも・・・。
(スーパーファミコン版「ザ・キングオブドラゴンズ」パッケージ裏より抜粋)


登場キャラクター

プレイヤーキャラ

近接戦闘タイプのキャラは、進行方向と逆向きのレバーを入力することでガードが可能。
デレク(ファイター)
野良パーティでグリーンドラゴンを倒したことがある戦士。ドラゴンの財宝を求めて旅を続けている。近接戦闘タイプ。平均的で癖のない性能。マジッククリスタルの威力が最も低い。
パーソナル魔法はファイヤーウォール。

アルド(クレリック)
カセドラル建設を夢見ている聖職者。近接戦闘タイプ。守備力が最も高い。ジャンプの滞空時間が全キャラ中最も短い。
パーソナル魔法はサンダーボルト。

レジェ(ウィザード)
古代魔法の研究を続けるためにデレクたちと行動する。通常攻撃の魔法は、距離が近いほど威力が高く、至近距離だと最強の破壊力を持つ。マジッククリスタルの威力が最も高い。
パーソナル魔法はサンダーボルト。

ラベル(エルフ)
好奇心の強いエルフの狩人。射手としての腕前は超一流。ちなみに男性。リーチは最高だが、攻撃力と守備力が最も低い。レベルアップが最も遅い。
パーソナル魔法はサンダーボルト。

バルガス(ドワーフ)
ドラゴンによって故郷の村を破壊されてしまい、復讐のためデレクたちと行動する。近接戦闘タイプ。背が低いため、矢と投槍に当たらない。武器の威力は強いが攻撃の振りが遅い。レベルアップもやや遅い。
パーソナル魔法はファイヤーウォール。

敵キャラクター

※一部のみ。
ワイバーン
ステージ3のボス。飛行時は鋭い足の爪で急降下攻撃。一定のダメージを与えると地上に降りてファイヤーブレスを放つ。ステージ14ではアイスワイバーンも登場。

ドラゴンライダー
ステージ8のボス。小型のドラゴンにまたがった騎士。ファイヤーブレスとランスで攻めてくる。ステージ9以降も中ボスとして登場する。

ブラックナイト
ステージ9のボス。ジャイアントソードを持った黒騎士。空中回転斬りで襲ってくる。ステージ12のロイヤルナイトは、ブラックナイトと同等の力を持ち2人がかりで登場する強敵。

グレートドラゴニアン
ステージ11のボス。黄金の鎧を身にまとい蛇腹剣を手にした竜戦士。急降下攻撃と突進攻撃に要注意。

魔人フーゴー
ステージ13のボス。ギルディスを崇拝する邪悪な魔法使い。ファイヤーボール、ファイヤーウォールなど火炎系魔法を巧みに使ってくる。

レッドドラゴン・ギルディス
最終ボス。最強無比、究極のモンスター。高火力のファイヤーブレスと爪による攻撃に要注意。


動画



関連タグ

カプコン ベルトスクロールアクション レトロゲーム ダンジョン&ドラゴンズ

関連サイト

ウィキペディアでの紹介
超神わーるどでの紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「キングオブドラゴンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1825

コメント