ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに登場する悪役達のことである。

概要

概要

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』(以下「スマブラ」)には主人公だけでなく、悪役(ヴィラン)やライバル達も多く出演している。


見方によっては、ほぼ全てのキャラクターがヴィランになる場合があるが、当記事では「原作シリーズで、主に敵キャラクターとして扱われている」ことを基準に紹介する。


公式でこれに近い扱いがなされているのが、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて2019年8月9日および2021年11月26日から行われているオンライントーナメントの「決戦! ヒーロー VS ヴィラン」であり、この枠組みからはダークサムスクッパガノンドロフメタナイトブラックピットワリオデデデウルフクッパJr.リドリーキングクルールセフィロスが選出されている(ワリオに関しては、作品によっては自己中心的な動機の冒険するついでにいつの間にか誰かを救助していたことがあるため、ヒーロー側の素質もあるかもしれない。セフィロスは2021年に開催されたもののみ)。

ファイナルファンタジーシリーズからセフィロスが参戦したことで(カラーバリエーションを除いた単独での)初めての他社出身のヴィランファイターが登場した。ただしカラーバリエーションを含めるとMinecraftシリーズのゾンビ、エンダーマンが初である。


また該当するファイターは人外キャラが結構多く、人間体型のキャラでも最後のきりふだで異形の存在となりうるものもある。


大半が大柄な見た目である為か、主人公より攻撃力が上に設定されることがほとんど。なので、多くがパワーファイターに割り振られている。


なお、意外にもファイアーエムブレムシリーズからは未選出だったりする。


近年だと彼らは(スマブラ以外のお祭りゲーム含めストーリーの展開上利害が一致した時など)主人公サイドと共闘したり、主役に抜擢されるケースもある(ただしストーリー上説明がなかったり、和解や改心をもって共闘したわけではないことがほとんど。主役となっているワリオやカズヤも金銭欲や怨恨といった自己中心的な考えや悪意で行動している)。

カラーバリエーションのゾンビ、エンダーマンを除くとダークサムス、リドリー以外は全員このケースが当てはまる。

尤もスマブラでは全員「亜空の使者」「灯火の星」では(最終的には)共闘しているし、大乱闘のチーム戦で味方になれば共闘する(もちろんこの場合はいくら原典で敵対関係だったとしてもチームアタックなしの設定なら仲間割れなんて起こさない)。


該当キャラクター

該当キャラクター

※:主役作品となった経験があるファイターは太字で記載。

No名前作品初参戦
04'ダークサムスメトロイドシリーズSP
14クッパ(※1)スーパーマリオシリーズDX
23ガノンドロフゼルダの伝説シリーズDX
24ミュウツー(※2)ポケットモンスターシリーズDX
27メタナイト(※3)星のカービィシリーズX
28'ブラックピット光神話 パルテナの鏡シリーズfor
30ワリオ(※4)ワリオシリーズX
39デデデ(※5)星のカービィシリーズX
44ウルフスターフォックスシリーズX
58 クッパJr. スーパーマリオシリーズfor
65リドリーメトロイドシリーズSP
67キングクルールドンキーコングシリーズSP
70パックンフラワースーパーマリオシリーズSP(DLCs)
78セフィロスファイナルファンタジーシリーズSP(DLC2)
81カズヤ鉄拳シリーズSP(DLC2)

この他にもカラーバリエーションとして登場するヴィランズもおり、ダークリンクブラッド・ファルコンギャラクティックナイトダークメタナイトクッパ7人衆(コクッパ)、ゾンビエンダーマンなどがそれに該当する




※1:『スーパーマリオRPG』、『ペーパーマリオオリガミキング』などRPG系列では共闘することも多いが、本編アクションシリーズで共闘したことはない。

※2:劇場版『ミュウツーの逆襲』やDXイベント戦「ホントの最終決戦」などから。ただしミュウツー自体は「狂暴な心を持つ」と設定されてはいるものの征服や殺戮等の明確な悪意を持って活動しているわけではない。したがって、この括りに含めないとする人もいる。

※3アニメ版や、一部ゲームでは、始終味方であった。

※4マリオパーティシリーズなどで味方扱いを受けることも多いがクッパほどではないにしろあくまで本人はマリオと敵対している。

※5アニメ版においても、ほぼ完全に悪役として登場している。




スマブラオリジナルのヴィランズ

ファイターとは別にスマブラの舞台である「この世界」における悪役


亜空の使者」に登場する悪役達で「この世界」を亜空に引き込もうとする軍団。オリジナルキャラクターだけでなく上記の一部ファイターもこれに所属していた。

以下はファイターを除く主要なオリジナルメンバー(一部リンク先ネタバレ注意)。


灯火の星」に登場する黒幕。こちらも「この世界」やファイター・スピリット達を掌握しようとしている。リンク先ネタバレ注意。


上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

以下は本来であればヒーロー役であるものの、洗脳による敵対や他媒体でのみ悪役であるキャラクター。

敵対する原因がストーリーに深く絡んでくる者もいるため、ネタバレには注意してほしい。













基本的に誰もが認めるヒーローだが、『ドンキーコングJr.』では、ドンキーコングをさらった悪役として登場する。


2代目が悪役を務めることは『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』のみ。また、『スーパードンキーコング3』では、ディディーコング共々、カオスの機内にて、それを動かす為に脳髄を利用され、ボス『カオス』として立ちはだかっていたと言う裏設定がある。


スーパーペーパーマリオ』で洗脳されミスターLとして、ひいては同作のラスボスとして登場している。

またその他にも漫画作品などの別媒体作品で度々マリオを裏切る行為などをすることがある。


ペーパーマリオRPG』において、洗脳され同作のラスボスとして立ちはだかったことがあるほか、『ペーパーマリオオリガミキング』でも洗脳され敵側に回ったことがある。


リンク先ネタバレ注意!!


スターフォックス64』以降の設定では過去に宇宙暴走族「FREE AS A BIRD(フリー・アズ・ア・バード)」のヘッドを務めたことがある。


ポケモントレーナーの中でも主にポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンの主人公のレッドを指す。ハートゴールド・ソウルシルバーでは、裏ボスとしてシロガネ山の山頂にてプレイヤーを待ち受ける。


リンク先ネタバレ注意!!(ただし、彼自身や豹変させた張本人は悪意からやったわけではない)


リンク先ネタバレ注意!!


映画二作では、悪役として登場しており、前者に関しては、恐ろしい顔をした敵個体も存在する。

というかこの手の映像作品では基本的にヴィラン扱い(しかもラスボス格)である事が多い。


リンク先ネタバレ注意!!


対戦格闘ゲームというシステム上、プレイヤーが選ばなければ対戦相手として戦う事がある。

作品によってはボス仕様バージョンも登場するが、どちらも本人の意思ではない


クロスオーバー作品『DdFF』ではカオス陣営として参戦している。

ちなみに本編でも、セフィロスに操られて利敵行為を働く場面がある。


『ベヨネッタ3』にて、マルチバースのベヨネッタと戦うことになる。

また、ゲームのやり込み要素としてのステージでは、ベヨネッタがラスボスとして待ち構えている。


血の輪廻』主人公としてデビューするも、続編の『月下の夜想曲』では一転、悪魔城の城主として登場した。実際は洗脳によるものだったが、心の隙があった事自体は本人も自覚している。

ギャラリーオブラビリンス』でも戦うが、こちらは同作主人公が妖鞭バンパイアキラーを使うための試練としての登場であり本人ではない(「ムチのきおく」名義)。


第1作目の終盤でハートレスシャドウになる場面が有る。




彼ら以外にも、カービィが『ゼルダの伝説 夢をみる島』で敵キャラとして登場している。

また、定義を広めればリンク(人の家の物を壊したり、ファントムに装備したゼルダに対して攻撃したり、泥棒をしたり等)やオリマーむらびと(網やピコピコハンマーで住民を叩く)、スティーブ/アレックス(村人の監禁や殺傷、村の民家や洋館等への不法侵入、果ては他人の建造物の破壊等)も操作次第で悪事を働く場合がある。


さらに、アシストフィギュアも含めるとナイトメアウィザードスタルキッド(ムジュラの仮面の力を抑さえきれず、その仮面にいいように利用されていただけだった)など、スピリッツも含めるとゲラコビッツ三魔官(立場上敵対していただけで、フレンズハートを浴びて主のハイネス共々改心し、三魔官はドリームフレンズとなった)など、他社のアシストフィギュアやスピリッツも含めるとアルバート・W・ワイリーグランチルダグレイグ(三魔官同様立場上敵対していただけで、主君デルカダール王ウルノーガに憑依されていだけだった、そもそも彼や王に邪心はない。グレイグは後に仲間になる。)などかなりの数になる。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズ/スマブラ


余談

余談

ホムラ(ゼノブレイド2) / ヒカリ(ゼノブレイド2):カラーバリエーションにヴィラン風カラーが用意されている。またネタ的にヴィラン扱いされることも…

概要

概要

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』(以下「スマブラ」)には主人公だけでなく、悪役(ヴィラン)やライバル達も多く出演している。


見方によっては、ほぼ全てのキャラクターがヴィランになる場合があるが、当記事では「原作シリーズで、主に敵キャラクターとして扱われている」ことを基準に紹介する。


公式でこれに近い扱いがなされているのが、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて2019年8月9日および2021年11月26日から行われているオンライントーナメントの「決戦! ヒーロー VS ヴィラン」であり、この枠組みからはダークサムスクッパガノンドロフメタナイトブラックピットワリオデデデウルフクッパJr.リドリーキングクルールセフィロスが選出されている(ワリオに関しては、作品によっては自己中心的な動機の冒険するついでにいつの間にか誰かを救助していたことがあるため、ヒーロー側の素質もあるかもしれない。セフィロスは2021年に開催されたもののみ)。

ファイナルファンタジーシリーズからセフィロスが参戦したことで(カラーバリエーションを除いた単独での)初めての他社出身のヴィランファイターが登場した。ただしカラーバリエーションを含めるとMinecraftシリーズのゾンビ、エンダーマンが初である。


また該当するファイターは人外キャラが結構多く、人間体型のキャラでも最後のきりふだで異形の存在となりうるものもある。


大半が大柄な見た目である為か、主人公より攻撃力が上に設定されることがほとんど。なので、多くがパワーファイターに割り振られている。


なお、意外にもファイアーエムブレムシリーズからは未選出だったりする。


近年だと彼らは(スマブラ以外のお祭りゲーム含めストーリーの展開上利害が一致した時など)主人公サイドと共闘したり、主役に抜擢されるケースもある(ただしストーリー上説明がなかったり、和解や改心をもって共闘したわけではないことがほとんど。主役となっているワリオやカズヤも金銭欲や怨恨といった自己中心的な考えや悪意で行動している)。

カラーバリエーションのゾンビ、エンダーマンを除くとダークサムス、リドリー以外は全員このケースが当てはまる。

尤もスマブラでは全員「亜空の使者」「灯火の星」では(最終的には)共闘しているし、大乱闘のチーム戦で味方になれば共闘する(もちろんこの場合はいくら原典で敵対関係だったとしてもチームアタックなしの設定なら仲間割れなんて起こさない)。


該当キャラクター

該当キャラクター

※:主役作品となった経験があるファイターは太字で記載。

No名前作品初参戦
04'ダークサムスメトロイドシリーズSP
14クッパ(※1)スーパーマリオシリーズDX
23ガノンドロフゼルダの伝説シリーズDX
24ミュウツー(※2)ポケットモンスターシリーズDX
27メタナイト(※3)星のカービィシリーズX
28'ブラックピット光神話 パルテナの鏡シリーズfor
30ワリオ(※4)ワリオシリーズX
39デデデ(※5)星のカービィシリーズX
44ウルフスターフォックスシリーズX
58 クッパJr. スーパーマリオシリーズfor
65リドリーメトロイドシリーズSP
67キングクルールドンキーコングシリーズSP
70パックンフラワースーパーマリオシリーズSP(DLCs)
78セフィロスファイナルファンタジーシリーズSP(DLC2)
81カズヤ鉄拳シリーズSP(DLC2)

この他にもカラーバリエーションとして登場するヴィランズもおり、ダークリンクブラッド・ファルコンギャラクティックナイトダークメタナイトクッパ7人衆(コクッパ)、ゾンビエンダーマンなどがそれに該当する




※1:『スーパーマリオRPG』、『ペーパーマリオオリガミキング』などRPG系列では共闘することも多いが、本編アクションシリーズで共闘したことはない。

※2:劇場版『ミュウツーの逆襲』やDXイベント戦「ホントの最終決戦」などから。ただしミュウツー自体は「狂暴な心を持つ」と設定されてはいるものの征服や殺戮等の明確な悪意を持って活動しているわけではない。したがって、この括りに含めないとする人もいる。

※3アニメ版や、一部ゲームでは、始終味方であった。

※4マリオパーティシリーズなどで味方扱いを受けることも多いがクッパほどではないにしろあくまで本人はマリオと敵対している。

※5アニメ版においても、ほぼ完全に悪役として登場している。




スマブラオリジナルのヴィランズ

ファイターとは別にスマブラの舞台である「この世界」における悪役


亜空の使者」に登場する悪役達で「この世界」を亜空に引き込もうとする軍団。オリジナルキャラクターだけでなく上記の一部ファイターもこれに所属していた。

以下はファイターを除く主要なオリジナルメンバー(一部リンク先ネタバレ注意)。


灯火の星」に登場する黒幕。こちらも「この世界」やファイター・スピリット達を掌握しようとしている。リンク先ネタバレ注意。


上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

以下は本来であればヒーロー役であるものの、洗脳による敵対や他媒体でのみ悪役であるキャラクター。

敵対する原因がストーリーに深く絡んでくる者もいるため、ネタバレには注意してほしい。













基本的に誰もが認めるヒーローだが、『ドンキーコングJr.』では、ドンキーコングをさらった悪役として登場する。


2代目が悪役を務めることは『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』のみ。また、『スーパードンキーコング3』では、ディディーコング共々、カオスの機内にて、それを動かす為に脳髄を利用され、ボス『カオス』として立ちはだかっていたと言う裏設定がある。


スーパーペーパーマリオ』で洗脳されミスターLとして、ひいては同作のラスボスとして登場している。

またその他にも漫画作品などの別媒体作品で度々マリオを裏切る行為などをすることがある。


ペーパーマリオRPG』において、洗脳され同作のラスボスとして立ちはだかったことがあるほか、『ペーパーマリオオリガミキング』でも洗脳され敵側に回ったことがある。


リンク先ネタバレ注意!!


スターフォックス64』以降の設定では過去に宇宙暴走族「FREE AS A BIRD(フリー・アズ・ア・バード)」のヘッドを務めたことがある。


ポケモントレーナーの中でも主にポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンの主人公のレッドを指す。ハートゴールド・ソウルシルバーでは、裏ボスとしてシロガネ山の山頂にてプレイヤーを待ち受ける。


リンク先ネタバレ注意!!(ただし、彼自身や豹変させた張本人は悪意からやったわけではない)


リンク先ネタバレ注意!!


映画二作では、悪役として登場しており、前者に関しては、恐ろしい顔をした敵個体も存在する。

というかこの手の映像作品では基本的にヴィラン扱い(しかもラスボス格)である事が多い。


リンク先ネタバレ注意!!


対戦格闘ゲームというシステム上、プレイヤーが選ばなければ対戦相手として戦う事がある。

作品によってはボス仕様バージョンも登場するが、どちらも本人の意思ではない


クロスオーバー作品『DdFF』ではカオス陣営として参戦している。

ちなみに本編でも、セフィロスに操られて利敵行為を働く場面がある。


『ベヨネッタ3』にて、マルチバースのベヨネッタと戦うことになる。

また、ゲームのやり込み要素としてのステージでは、ベヨネッタがラスボスとして待ち構えている。


血の輪廻』主人公としてデビューするも、続編の『月下の夜想曲』では一転、悪魔城の城主として登場した。実際は洗脳によるものだったが、心の隙があった事自体は本人も自覚している。

ギャラリーオブラビリンス』でも戦うが、こちらは同作主人公が妖鞭バンパイアキラーを使うための試練としての登場であり本人ではない(「ムチのきおく」名義)。


第1作目の終盤でハートレスシャドウになる場面が有る。




彼ら以外にも、カービィが『ゼルダの伝説 夢をみる島』で敵キャラとして登場している。

また、定義を広めればリンク(人の家の物を壊したり、ファントムに装備したゼルダに対して攻撃したり、泥棒をしたり等)やオリマーむらびと(網やピコピコハンマーで住民を叩く)、スティーブ/アレックス(村人の監禁や殺傷、村の民家や洋館等への不法侵入、果ては他人の建造物の破壊等)も操作次第で悪事を働く場合がある。


さらに、アシストフィギュアも含めるとナイトメアウィザードスタルキッド(ムジュラの仮面の力を抑さえきれず、その仮面にいいように利用されていただけだった)など、スピリッツも含めるとゲラコビッツ三魔官(立場上敵対していただけで、フレンズハートを浴びて主のハイネス共々改心し、三魔官はドリームフレンズとなった)など、他社のアシストフィギュアやスピリッツも含めるとアルバート・W・ワイリーグランチルダグレイグ(三魔官同様立場上敵対していただけで、主君デルカダール王ウルノーガに憑依されていだけだった、そもそも彼や王に邪心はない。グレイグは後に仲間になる。)などかなりの数になる。


余談

余談

ホムラ(ゼノブレイド2) / ヒカリ(ゼノブレイド2):カラーバリエーションにヴィラン風カラーが用意されている。またネタ的にヴィラン扱いされることも…

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

スマブラヴィランズ
22
スマブラヴィランズ
22
『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに登場する悪役達のことである。

概要

概要

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』(以下「スマブラ」)には主人公だけでなく、悪役(ヴィラン)やライバル達も多く出演している。


見方によっては、ほぼ全てのキャラクターがヴィランになる場合があるが、当記事では「原作シリーズで、主に敵キャラクターとして扱われている」ことを基準に紹介する。


公式でこれに近い扱いがなされているのが、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて2019年8月9日および2021年11月26日から行われているオンライントーナメントの「決戦! ヒーロー VS ヴィラン」であり、この枠組みからはダークサムスクッパガノンドロフメタナイトブラックピットワリオデデデウルフクッパJr.リドリーキングクルールセフィロスが選出されている(ワリオに関しては、作品によっては自己中心的な動機の冒険するついでにいつの間にか誰かを救助していたことがあるため、ヒーロー側の素質もあるかもしれない。セフィロスは2021年に開催されたもののみ)。

ファイナルファンタジーシリーズからセフィロスが参戦したことで(カラーバリエーションを除いた単独での)初めての他社出身のヴィランファイターが登場した。ただしカラーバリエーションを含めるとMinecraftシリーズのゾンビ、エンダーマンが初である。


また該当するファイターは人外キャラが結構多く、人間体型のキャラでも最後のきりふだで異形の存在となりうるものもある。


大半が大柄な見た目である為か、主人公より攻撃力が上に設定されることがほとんど。なので、多くがパワーファイターに割り振られている。


なお、意外にもファイアーエムブレムシリーズからは未選出だったりする。


近年だと彼らは(スマブラ以外のお祭りゲーム含めストーリーの展開上利害が一致した時など)主人公サイドと共闘したり、主役に抜擢されるケースもある(ただしストーリー上説明がなかったり、和解や改心をもって共闘したわけではないことがほとんど。主役となっているワリオやカズヤも金銭欲や怨恨といった自己中心的な考えや悪意で行動している)。

カラーバリエーションのゾンビ、エンダーマンを除くとダークサムス、リドリー以外は全員このケースが当てはまる。

尤もスマブラでは全員「亜空の使者」「灯火の星」では(最終的には)共闘しているし、大乱闘のチーム戦で味方になれば共闘する(もちろんこの場合はいくら原典で敵対関係だったとしてもチームアタックなしの設定なら仲間割れなんて起こさない)。


該当キャラクター

該当キャラクター

※:主役作品となった経験があるファイターは太字で記載。

No名前作品初参戦
04'ダークサムスメトロイドシリーズSP
14クッパ(※1)スーパーマリオシリーズDX
23ガノンドロフゼルダの伝説シリーズDX
24ミュウツー(※2)ポケットモンスターシリーズDX
27メタナイト(※3)星のカービィシリーズX
28'ブラックピット光神話 パルテナの鏡シリーズfor
30ワリオ(※4)ワリオシリーズX
39デデデ(※5)星のカービィシリーズX
44ウルフスターフォックスシリーズX
58 クッパJr. スーパーマリオシリーズfor
65リドリーメトロイドシリーズSP
67キングクルールドンキーコングシリーズSP
70パックンフラワースーパーマリオシリーズSP(DLCs)
78セフィロスファイナルファンタジーシリーズSP(DLC2)
81カズヤ鉄拳シリーズSP(DLC2)

この他にもカラーバリエーションとして登場するヴィランズもおり、ダークリンクブラッド・ファルコンギャラクティックナイトダークメタナイトクッパ7人衆(コクッパ)、ゾンビエンダーマンなどがそれに該当する




※1:『スーパーマリオRPG』、『ペーパーマリオオリガミキング』などRPG系列では共闘することも多いが、本編アクションシリーズで共闘したことはない。

※2:劇場版『ミュウツーの逆襲』やDXイベント戦「ホントの最終決戦」などから。ただしミュウツー自体は「狂暴な心を持つ」と設定されてはいるものの征服や殺戮等の明確な悪意を持って活動しているわけではない。したがって、この括りに含めないとする人もいる。

※3アニメ版や、一部ゲームでは、始終味方であった。

※4マリオパーティシリーズなどで味方扱いを受けることも多いがクッパほどではないにしろあくまで本人はマリオと敵対している。

※5アニメ版においても、ほぼ完全に悪役として登場している。




スマブラオリジナルのヴィランズ

ファイターとは別にスマブラの舞台である「この世界」における悪役


亜空の使者」に登場する悪役達で「この世界」を亜空に引き込もうとする軍団。オリジナルキャラクターだけでなく上記の一部ファイターもこれに所属していた。

以下はファイターを除く主要なオリジナルメンバー(一部リンク先ネタバレ注意)。


灯火の星」に登場する黒幕。こちらも「この世界」やファイター・スピリット達を掌握しようとしている。リンク先ネタバレ注意。


上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

以下は本来であればヒーロー役であるものの、洗脳による敵対や他媒体でのみ悪役であるキャラクター。

敵対する原因がストーリーに深く絡んでくる者もいるため、ネタバレには注意してほしい。













基本的に誰もが認めるヒーローだが、『ドンキーコングJr.』では、ドンキーコングをさらった悪役として登場する。


2代目が悪役を務めることは『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』のみ。また、『スーパードンキーコング3』では、ディディーコング共々、カオスの機内にて、それを動かす為に脳髄を利用され、ボス『カオス』として立ちはだかっていたと言う裏設定がある。


スーパーペーパーマリオ』で洗脳されミスターLとして、ひいては同作のラスボスとして登場している。

またその他にも漫画作品などの別媒体作品で度々マリオを裏切る行為などをすることがある。


ペーパーマリオRPG』において、洗脳され同作のラスボスとして立ちはだかったことがあるほか、『ペーパーマリオオリガミキング』でも洗脳され敵側に回ったことがある。


リンク先ネタバレ注意!!


スターフォックス64』以降の設定では過去に宇宙暴走族「FREE AS A BIRD(フリー・アズ・ア・バード)」のヘッドを務めたことがある。


ポケモントレーナーの中でも主にポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンの主人公のレッドを指す。ハートゴールド・ソウルシルバーでは、裏ボスとしてシロガネ山の山頂にてプレイヤーを待ち受ける。


リンク先ネタバレ注意!!(ただし、彼自身や豹変させた張本人は悪意からやったわけではない)


リンク先ネタバレ注意!!


映画二作では、悪役として登場しており、前者に関しては、恐ろしい顔をした敵個体も存在する。

というかこの手の映像作品では基本的にヴィラン扱い(しかもラスボス格)である事が多い。


リンク先ネタバレ注意!!


対戦格闘ゲームというシステム上、プレイヤーが選ばなければ対戦相手として戦う事がある。

作品によってはボス仕様バージョンも登場するが、どちらも本人の意思ではない


クロスオーバー作品『DdFF』ではカオス陣営として参戦している。

ちなみに本編でも、セフィロスに操られて利敵行為を働く場面がある。


『ベヨネッタ3』にて、マルチバースのベヨネッタと戦うことになる。

また、ゲームのやり込み要素としてのステージでは、ベヨネッタがラスボスとして待ち構えている。


血の輪廻』主人公としてデビューするも、続編の『月下の夜想曲』では一転、悪魔城の城主として登場した。実際は洗脳によるものだったが、心の隙があった事自体は本人も自覚している。

ギャラリーオブラビリンス』でも戦うが、こちらは同作主人公が妖鞭バンパイアキラーを使うための試練としての登場であり本人ではない(「ムチのきおく」名義)。


第1作目の終盤でハートレスシャドウになる場面が有る。




彼ら以外にも、カービィが『ゼルダの伝説 夢をみる島』で敵キャラとして登場している。

また、定義を広めればリンク(人の家の物を壊したり、ファントムに装備したゼルダに対して攻撃したり、泥棒をしたり等)やオリマーむらびと(網やピコピコハンマーで住民を叩く)、スティーブ/アレックス(村人の監禁や殺傷、村の民家や洋館等への不法侵入、果ては他人の建造物の破壊等)も操作次第で悪事を働く場合がある。


さらに、アシストフィギュアも含めるとナイトメアウィザードスタルキッド(ムジュラの仮面の力を抑さえきれず、その仮面にいいように利用されていただけだった)など、スピリッツも含めるとゲラコビッツ三魔官(立場上敵対していただけで、フレンズハートを浴びて主のハイネス共々改心し、三魔官はドリームフレンズとなった)など、他社のアシストフィギュアやスピリッツも含めるとアルバート・W・ワイリーグランチルダグレイグ(三魔官同様立場上敵対していただけで、主君デルカダール王ウルノーガに憑依されていだけだった、そもそも彼や王に邪心はない。グレイグは後に仲間になる。)などかなりの数になる。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズ/スマブラ


余談

余談

ホムラ(ゼノブレイド2) / ヒカリ(ゼノブレイド2):カラーバリエーションにヴィラン風カラーが用意されている。またネタ的にヴィラン扱いされることも…

概要

概要

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』(以下「スマブラ」)には主人公だけでなく、悪役(ヴィラン)やライバル達も多く出演している。


見方によっては、ほぼ全てのキャラクターがヴィランになる場合があるが、当記事では「原作シリーズで、主に敵キャラクターとして扱われている」ことを基準に紹介する。


公式でこれに近い扱いがなされているのが、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて2019年8月9日および2021年11月26日から行われているオンライントーナメントの「決戦! ヒーロー VS ヴィラン」であり、この枠組みからはダークサムスクッパガノンドロフメタナイトブラックピットワリオデデデウルフクッパJr.リドリーキングクルールセフィロスが選出されている(ワリオに関しては、作品によっては自己中心的な動機の冒険するついでにいつの間にか誰かを救助していたことがあるため、ヒーロー側の素質もあるかもしれない。セフィロスは2021年に開催されたもののみ)。

ファイナルファンタジーシリーズからセフィロスが参戦したことで(カラーバリエーションを除いた単独での)初めての他社出身のヴィランファイターが登場した。ただしカラーバリエーションを含めるとMinecraftシリーズのゾンビ、エンダーマンが初である。


また該当するファイターは人外キャラが結構多く、人間体型のキャラでも最後のきりふだで異形の存在となりうるものもある。


大半が大柄な見た目である為か、主人公より攻撃力が上に設定されることがほとんど。なので、多くがパワーファイターに割り振られている。


なお、意外にもファイアーエムブレムシリーズからは未選出だったりする。


近年だと彼らは(スマブラ以外のお祭りゲーム含めストーリーの展開上利害が一致した時など)主人公サイドと共闘したり、主役に抜擢されるケースもある(ただしストーリー上説明がなかったり、和解や改心をもって共闘したわけではないことがほとんど。主役となっているワリオやカズヤも金銭欲や怨恨といった自己中心的な考えや悪意で行動している)。

カラーバリエーションのゾンビ、エンダーマンを除くとダークサムス、リドリー以外は全員このケースが当てはまる。

尤もスマブラでは全員「亜空の使者」「灯火の星」では(最終的には)共闘しているし、大乱闘のチーム戦で味方になれば共闘する(もちろんこの場合はいくら原典で敵対関係だったとしてもチームアタックなしの設定なら仲間割れなんて起こさない)。


該当キャラクター

該当キャラクター

※:主役作品となった経験があるファイターは太字で記載。

No名前作品初参戦
04'ダークサムスメトロイドシリーズSP
14クッパ(※1)スーパーマリオシリーズDX
23ガノンドロフゼルダの伝説シリーズDX
24ミュウツー(※2)ポケットモンスターシリーズDX
27メタナイト(※3)星のカービィシリーズX
28'ブラックピット光神話 パルテナの鏡シリーズfor
30ワリオ(※4)ワリオシリーズX
39デデデ(※5)星のカービィシリーズX
44ウルフスターフォックスシリーズX
58 クッパJr. スーパーマリオシリーズfor
65リドリーメトロイドシリーズSP
67キングクルールドンキーコングシリーズSP
70パックンフラワースーパーマリオシリーズSP(DLCs)
78セフィロスファイナルファンタジーシリーズSP(DLC2)
81カズヤ鉄拳シリーズSP(DLC2)

この他にもカラーバリエーションとして登場するヴィランズもおり、ダークリンクブラッド・ファルコンギャラクティックナイトダークメタナイトクッパ7人衆(コクッパ)、ゾンビエンダーマンなどがそれに該当する




※1:『スーパーマリオRPG』、『ペーパーマリオオリガミキング』などRPG系列では共闘することも多いが、本編アクションシリーズで共闘したことはない。

※2:劇場版『ミュウツーの逆襲』やDXイベント戦「ホントの最終決戦」などから。ただしミュウツー自体は「狂暴な心を持つ」と設定されてはいるものの征服や殺戮等の明確な悪意を持って活動しているわけではない。したがって、この括りに含めないとする人もいる。

※3アニメ版や、一部ゲームでは、始終味方であった。

※4マリオパーティシリーズなどで味方扱いを受けることも多いがクッパほどではないにしろあくまで本人はマリオと敵対している。

※5アニメ版においても、ほぼ完全に悪役として登場している。




スマブラオリジナルのヴィランズ

ファイターとは別にスマブラの舞台である「この世界」における悪役


亜空の使者」に登場する悪役達で「この世界」を亜空に引き込もうとする軍団。オリジナルキャラクターだけでなく上記の一部ファイターもこれに所属していた。

以下はファイターを除く主要なオリジナルメンバー(一部リンク先ネタバレ注意)。


灯火の星」に登場する黒幕。こちらも「この世界」やファイター・スピリット達を掌握しようとしている。リンク先ネタバレ注意。


上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

上記以外のキャラクター(ネタバレ注意)

以下は本来であればヒーロー役であるものの、洗脳による敵対や他媒体でのみ悪役であるキャラクター。

敵対する原因がストーリーに深く絡んでくる者もいるため、ネタバレには注意してほしい。













基本的に誰もが認めるヒーローだが、『ドンキーコングJr.』では、ドンキーコングをさらった悪役として登場する。


2代目が悪役を務めることは『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』のみ。また、『スーパードンキーコング3』では、ディディーコング共々、カオスの機内にて、それを動かす為に脳髄を利用され、ボス『カオス』として立ちはだかっていたと言う裏設定がある。


スーパーペーパーマリオ』で洗脳されミスターLとして、ひいては同作のラスボスとして登場している。

またその他にも漫画作品などの別媒体作品で度々マリオを裏切る行為などをすることがある。


ペーパーマリオRPG』において、洗脳され同作のラスボスとして立ちはだかったことがあるほか、『ペーパーマリオオリガミキング』でも洗脳され敵側に回ったことがある。


リンク先ネタバレ注意!!


スターフォックス64』以降の設定では過去に宇宙暴走族「FREE AS A BIRD(フリー・アズ・ア・バード)」のヘッドを務めたことがある。


ポケモントレーナーの中でも主にポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンの主人公のレッドを指す。ハートゴールド・ソウルシルバーでは、裏ボスとしてシロガネ山の山頂にてプレイヤーを待ち受ける。


リンク先ネタバレ注意!!(ただし、彼自身や豹変させた張本人は悪意からやったわけではない)


リンク先ネタバレ注意!!


映画二作では、悪役として登場しており、前者に関しては、恐ろしい顔をした敵個体も存在する。

というかこの手の映像作品では基本的にヴィラン扱い(しかもラスボス格)である事が多い。


リンク先ネタバレ注意!!


対戦格闘ゲームというシステム上、プレイヤーが選ばなければ対戦相手として戦う事がある。

作品によってはボス仕様バージョンも登場するが、どちらも本人の意思ではない


クロスオーバー作品『DdFF』ではカオス陣営として参戦している。

ちなみに本編でも、セフィロスに操られて利敵行為を働く場面がある。


『ベヨネッタ3』にて、マルチバースのベヨネッタと戦うことになる。

また、ゲームのやり込み要素としてのステージでは、ベヨネッタがラスボスとして待ち構えている。


血の輪廻』主人公としてデビューするも、続編の『月下の夜想曲』では一転、悪魔城の城主として登場した。実際は洗脳によるものだったが、心の隙があった事自体は本人も自覚している。

ギャラリーオブラビリンス』でも戦うが、こちらは同作主人公が妖鞭バンパイアキラーを使うための試練としての登場であり本人ではない(「ムチのきおく」名義)。


第1作目の終盤でハートレスシャドウになる場面が有る。




彼ら以外にも、カービィが『ゼルダの伝説 夢をみる島』で敵キャラとして登場している。

また、定義を広めればリンク(人の家の物を壊したり、ファントムに装備したゼルダに対して攻撃したり、泥棒をしたり等)やオリマーむらびと(網やピコピコハンマーで住民を叩く)、スティーブ/アレックス(村人の監禁や殺傷、村の民家や洋館等への不法侵入、果ては他人の建造物の破壊等)も操作次第で悪事を働く場合がある。


さらに、アシストフィギュアも含めるとナイトメアウィザードスタルキッド(ムジュラの仮面の力を抑さえきれず、その仮面にいいように利用されていただけだった)など、スピリッツも含めるとゲラコビッツ三魔官(立場上敵対していただけで、フレンズハートを浴びて主のハイネス共々改心し、三魔官はドリームフレンズとなった)など、他社のアシストフィギュアやスピリッツも含めるとアルバート・W・ワイリーグランチルダグレイグ(三魔官同様立場上敵対していただけで、主君デルカダール王ウルノーガに憑依されていだけだった、そもそも彼や王に邪心はない。グレイグは後に仲間になる。)などかなりの数になる。


余談

余談

ホムラ(ゼノブレイド2) / ヒカリ(ゼノブレイド2):カラーバリエーションにヴィラン風カラーが用意されている。またネタ的にヴィラン扱いされることも…

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 悪評令嬢なのに、美貌の公子が迫ってくる

    読む▶︎
  3. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー