ピクシブ百科事典

山村紅葉

やまむらもみじ

山村紅葉は日本の女優。元国家公務員。(左の人物)
目次[非表示]

概要

1960年10月27日生まれ。京都府京都市出身。
東宝芸能所属。
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
母は作家の山村美紗
夫は元財務省官僚で、自身も国税庁国税専門官(リアル「マルサの女」)だった。
本名は吉川 紅葉。山村は旧姓である。

大学在学中の1983年に、母・山村美紗の著書が原作のテレビドラマ『燃えた花嫁〜殺しのドレスは京都行き〜』で女優デビュー。「卒業するまでの記念に」とその後も母の作品を中心に20本ほど出演した。
1984年に国税庁国税専門官試験に合格。大学卒業後は女優を引退し、大阪国税局で国税調査官として働く。
26歳のとき結婚し、退職。
結婚後は専業主婦になるつもりだったものの、出演依頼が多数あり女優としての活動を再開した。
夫の海外転勤(ニューヨーク)が決まった際、本来は同行しなければならないところ、その一年前から初舞台の予定が入っており、離婚を覚悟の上で説得し出演した。夫は当初しぶしぶという感じであったが、一時帰国の際舞台を観劇、応援するようになった。

母や家族ぐるみで親交のある西村京太郎の作品が原作のドラマを中心に500本以上出演し、「2時間ドラマの裏女王」と呼ばれる。
また、母の山村美沙は晩年「あたしが死んだら紅葉がドラマに出られなくなるから」と、体調不良をおして作品を書いていた。
出演作品は推理もの、サスペンスミステリーのジャンルが多いが、流暢な京言葉を活かし時代劇などにも出演している。また、近年は現代劇やコメディでも活躍している。

若い頃は非常に痩せており、洋服のサイズは5号(XS)で、用意された衣装が合わないほどであった。しかし、ビール好きで、かけつけで2リットルも飲むなどしていたこともあり太ってしまった。2014年ごろから禁酒し、ダイエットに取り組みマイナス8キロ、リバウンドもあったが、2019年にはたかの友梨ビューティクリニックと協力し、マイナス11キロのダイエットに成功している。
ハローキティの大ファン(キティラー)。自宅には多数のキティグッズを所持・保管している。

出演作品

(膨大な数に及ぶため、一部のみ)


関連項目

国家公務員 財務省 国税庁

関連リンク

東宝芸能公式プロフィール
オフィシャルブログ

関連記事

親記事

東宝芸能 とうほうげいのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山村紅葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1469

コメント