ピクシブ百科事典

十津川警部

とつがわけいぶ

西村京太郎の推理小説の登場人物

フルネームは十津川省三。十津川警部シリーズの主人公で、西村作品の代表的キャラクターとして多くの作品に登場している。

小説版の設定

7月27日生まれの年齢40歳。『超特急『つばめ号』殺人事件』では誕生年が昭和17年(1942年)とされていたので、この設定が健在であれば既に70歳を優に超えていることになる。血液型に関しては曖昧で、ある作品ではB型と言っていたり、別の作品では「O型だと思う」と発言していたりする。
東京都の新興住宅地出身。故郷という言葉のイメージをつかみにくく、青森県出身で故郷に思い入れのある亀井刑事とは対照的である。

大学時代はヨット部に所属し、ダイビングの経験を持つ。また太宰治を真似て小説を書き、『錨(アンカー)』という同人誌を発行していたこともある。大学卒業後、警視庁に地方公務員として採用されたノンキャリア。25歳の時に捜査一課の刑事となった。

警視庁刑事部捜査一課に所属する警察官で、階級は警部。部下の亀井刑事をパートナーとして多くの事件解決に当たっている。

捜査一課内での立場は作品によってブレがあるものの、概ね7人から10人程度で構成される「十津川班」のリーダーとして描写されている。

都内を中心に全国、時には海外も飛び回り、殺人などの事件を捜査、被疑者を逮捕、発見している。捜査の大半は警察官として関わっているが、一部では一般人として調査することもある。

家族は妻が一人おり、子供は居ない。サラリーマンの兄がいてそちらには7歳の娘がいる設定となっている。
ペットは雑種のオス犬「のりスケ」とメスのシャム猫「ミーコ」。また、ある事件の関係者から預かったオスのシャム猫も飼っている。

名前の元ネタは奈良県の十津川村(とつかわむら)。

pixivに投稿された作品 pixivで「十津川警部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17770

コメント